バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

K.O diary

学校や予備校では教えてくれない私立文系の受験勉強法

-慶應行きたいならこれ!!-

【暴露】独学こそが慶應合格の正攻法だ!独学では厳しいは真っ赤な嘘だと証明しよう

嘘が流布した世の中で独学こそが慶應合格の正攻法である

f:id:kkeeiioo:20210906033214p:plain

 

以下のような意見が世間では多く聞こえてきますが嘘ばっかりです。

よくある嘘

慶應は頭の良い人が行く

・独学では厳しい

 

何故これらが嘘かって?ご説明します。

 

地頭の良い人しか行けないって?

中学時代は行ける高校が無いと言われ、英検三級レベルの英語力と無知な世界史という壊滅状態から勉強開始した僕が慶應法の入試を二科目で合格点超えできたのは何故?

 

世間の声が本当なら僕なんて10000%合格出来てなかったでしょう。

 

慶應は独学だと厳しいだって?

僕は予備校入ったけど通うのが面倒だし、授業も非効率な気がして一か月もしないうちに即行かなくなった。結果的に独学でも余裕だったのに他の連中が落ちまくったのはどう説明する?

 

本当に独学が厳しいなら、僕は落ちこぼれてコテンパンにやられて泣いていたはずだ。

 

本当に不可解な事ばかりです。同時に世の中は嘘にまみれているんだなと実感します。

結局は間違えた勉強法を慶應に受からなかった人や正しい勉強法を知らずに苦労して入った人が自分を正当化する為に作り上げた話に思えます。

 

しかし、このような風潮がある限り予備校はウハウハですねw

 

そこで今回僕が声を大にして言いたいのは

 

慶應は独学でも行ける!ではなく独学の方が慶應は簡単だ!ということです。

 

僕が受かったのは独学だったからです。

少なくとも、上述のような壊滅状態から三か月でA判定出たり二科目で合格点超えたのは独学だったからだと断言できます。

独学だから無駄な勉強をせずに済んだし、必要な箇所を超重点的に取り組むことが出来ました。

 

今回は、なぜ独学が慶應合格への正攻法なのか?その根拠は何なのか?ということについてお話しします。

その上で、まずは予備校よりも独学が優れている根拠や予備校が合格への遠回りである理由から説明していきます。

 

 

予備校は慶應合格への遠回りである

【決定的根拠】1:250←これ何の数字でしょうか?

1:250、、、、これなんだと思いますか?

 

この数字の説明の為に前提知識を共有しますね。

1分後には1:250という数字の意味を説明します。焦らしちゃってごめんなさい。

 

先述の通り僕は予備校には入学しました。いま思えば本当に無駄金&無駄な時間だったと思いますが、世の意見を信じ切っていたからです。

そして早慶コースやマーチを目指すコースなど私立文系コースで総計約250名ほどが在籍していました。

 

授業通りにやっても受かる気がしないので一か月も経たずに授業に出なくなり独学を開始します。

 

しかし、友達と一緒に入っていたので友達に合う場所として、また月数回自習室を使う為に予備校に席は置いたままでした。そして模試を受けると校舎で成績上位者が掲示されるのでした。

 

前置きが長くなりましたが1:250という数字の意味は

 

模試の成績において、授業に出ないで独学をする僕が私立文系コースの生徒約250名の中で1番だったということです。残念ながら国立コースも含めると上に1人いましたが、、、(科目数のハンデなどもある中でなので彼は素直に凄いです。)

 

これは講師の授業受けてる大半の生徒が束になってもスタート地点での学力が壊滅した独学の生徒に勝てないということは独学の効率が予備校の授業に勝るっている証明になるのではないでしょうか?

 

それに予備校の早慶コースには高校が有名な人も多いです。

それを踏まえると、いかに予備校の授業の効率が悪いかがお判りになるのではないでしょうか?本当に予備校が意味のあるものなら、その人たちが僕なんかに負けるはずないですよね、、、?

 

では、どうしてこのような現象が起きるのかという点についてこの先で説明していきます。

 

予備校の本質と数字による印象操作

あなたが独学か予備校か迷っているならば、まずは予備校というものについて知る必要があります。

(少しドロドロした大人の汚い部分を見る事になるかもしれません。ご了承ください。)

 

予備校とはどんな商売だと思いますか?

生徒の学力を上げるための場を提供していると思いますか??

 

100%間違いだとは言いませんが、本質的には予備校というのは生徒に安心を提供する場所です。

学力は二の次です。別に生徒が合格しようとしまいと予備校的には気になりません。合格者数は1割未満のごく一部の特別な生徒たちが稼いでくれるからです。

(もう少し読み進めてくれれば意味が分かると思います。)

 

生徒も保護者も大学に合格するための策を探します。

そして予備校というのは「○○大学~名合格!!」のように打ち出しますよね?

 

このような合格者の数字を見ると「あ、ここで授業受ければ自分も合格できるんだ」と錯覚させてくれます。僕も信じていた時期がありました。

 

その合格率や内訳を知らずに、その錯覚による安心感を求めて入る人が大半です。

僕が籍を置いていた某大手予備校の早慶コースでは早慶に受かるのは1割程度です。早慶でも上位学部となると、その半分に満たない程度しかいません。

 

今にしてみれば当然の数字です。

特別な勉強法がある訳でもなく、0から全てを教えてくれる訳でもなく、付きっきりで教えてくれる訳でもない。

 

学校の授業のように講師が一通り話して授業が終わるのですから。

そんな授業では元々地頭の良い人以外は苦戦するに決まっています。その類の人達は大半が他のどこかの予備校に行っても合格できるような優秀な人たちです。

 

「いやでも、それなら合格者が多数出てる理由はどこにあるの?」と思われる方もいるかもしれませんね。

 

予備校には数字のカラクがあります。

例えば、僕のように籍を置いていただけで授業を受けていない人も当然カウントに入ります。僕も合格体験記を書くよう依頼されました。

 

そして、早慶よりも上位の国立志望の人が早慶に合格しても当然合格者数に入っています。彼らは滑り止めで早慶受けますから、たくさんの合格を予備校に持ち帰ってくれますよね。

 

あとは先ほど述べた、元々地頭の良い人たちがいれば十分です。

 

これらが大手予備校では全国単位で行われるわけですから、合格者数の数は大きくなって当然です。

 

これに関しては予備校は悪くありません。その数字に嘘はないので。

ただ、その数字の見せ方が巧く、生徒も保護者も内訳までしっかり検討した上での判断を行わないで大きな数字に安心感を抱いて入ってしまっているだけです。

 

上述した僕の模試の成績の話と併せて考えると、合点がいくことも多いのではないでしょうか?

予備校を無条件に信奉しても思う様に成績は伸びず独学に負けるのが大半の場合における現実です。

 

効率の悪い画一的なカリキュラム

では、なぜ生徒の成績が伸びないのでしょうか?もちろん予備校が全て悪いわけではありません。生徒側に問題がある場合もあるでしょう。

 

しかし、まじめに授業受けても成績が合格に足りないという人が多く生まれるのもまた事実です。

 

それは可もなく不可もなくな何の変哲もない授業をするからです。

 

変哲もない授業とはどういうことか?

特別分かりやすい訳でも、目から鱗みたいな教え方がある訳でもない超無難な授業をするということです。

 

後述しますが慶應合格には圧倒的な近道がありますが、そんなことも教えてくれません。

 

英語や社会に関しても学習効率が極めて悪く最短距離で進めるところを時間かけて進むことになります。独学で適切に勉強した場合の1/3のペースが妥当です。

その結果、勉強の進度が遅れるし、やっておけば絶対に有利になるような+αな対策にも辿り着けません。

 

ただひたすら予備校が作成した無難なテキストを教科書にしてテンプレ通りに講師が授業を進めます。その授業を既に理解している人も、もっと詳しく勉強したい人も一斉に受けるだけです。

 

そんなごく平凡な授業で合格できるのは、大半の場合は授業の内容に関係なく成績を伸ばせるような元々地頭が優れた人だけになるでしょう。

 

しかし、予備校的にはこれで良いのです。

なぜなら、それで受からない生徒には初めから期待していないからです。この先で見ていきましょう。

 

弱者切り捨ての法則

ここまで述べてきたように、受かる人さえ受かれば収益上成立するようになっているのが予備校という仕組みです。

底上げをして、より多くの人を合格させようというのではなく、本心では一部の精鋭陣だけが受かってくれれば良いわけです。

 

となると、逆転合格を目指す場所ではないということになりますよね。

逆転合格というのは他の人と同じように勉強をしているのでは達成できません。

 

しかし、予備校では個々のレベルに合わせたカリキュラムは無いし、合格への裏技的な勉強法を教えてくれる訳でもありません。

 

そして、そもそも予備校のコンセプトとして逆転合格を狙うような人を救済する仕組みになっていません。(ここまで読んでくれていれば理由はもうお分かりですよね)

 

そんな中で逆転合格をするためには、あるとすれば文字通り死ぬほどたくさん勉強するしかないでしょう。非効率な授業を基に下克上するのですから、それしか手はありません。そして、それが報われる保証は当然ありません。

 

もしも、あなたが地頭の良いタイプであれば予備校に通って授業を受けていれば合格できるかもしれませんが、逆転合格を狙いたいというタイプであれば予備校ではなく独学をおススメします。その方が遥かに早く、確実に成果を出せるでしょう。

 

独学は慶應合格への近道である

慶應文系特有に使える圧倒的な近道がある~頭は使わないでいい

慶應の受験というのは少し特殊です。いわゆるオーソドックスな勉強ではなく、振り切った勉強が極めて有効になります。

 

慶應文系の受験においては何を勉強すべきか、どう勉強すべきか、どんな対策が有効なのかというのが明らかになっているからです。

 

学校や予備校というのは保守的な機関ですので、そのような近道みたいな方法は絶対に教えてくれません。大多数に非難されないようオーソドックスに教えるほうが無難ですし、予備校は生徒ファーストという訳ではないので特に誰かから何かを言われるリスクを取る必要も無いからです。

 

この勉強法は独学にあってこそ最大限の力を発揮します。

詳しい内容は長くなりすぎるので、ここでは割愛します。

 

ちなみに慶應合格のコンセプトは”頭を使わない2科目の試験"である”ということです。

 

宜しければ↓からご覧ください。

www.bakademoko.com

 

 

予備校とは比較にならない驚異的なスピード感~徹底的に追及された学習効率

改めて独学の強みは何かというと、予備校には教えてくれない効率的な勉強が出来る事です。

 

中三レベルの英語力から10か月で英検1級の単語帳まで覚えたり、半年で過去問も含めて文法問題の正答率が95%まで上がったりすることは予備校では出来ません。

 

このような効率を追求した学習法は予備校では教えてくれません。一年間のカリキュラムが決められている予備校の学習では、1年間かけてカリキュラムを終えるように進度も決まっています。本来は1年間も掛からないにも関わらずです。

 

なぜなら、先ほどの説明の通り予備校は生徒の学力向上が一番にある訳ではないからです。1年間子のカリキュラムやってれば大丈夫ですよという安心感を売り物にしているからです。

 

独学だからこそこのスピード感で学力を上げる事が出来ことは間違いありません。

そして、このスピードで学力が伸びれば慶應に特化した対策にも十分時間を充てる事が出来ます。もちろん過去問対策も余裕を持って行えます。この慶應に特化した対策を行うことこそが慶應合格の肝なのです。

 

予備校のチンタラしたカリキュラムでは、本来であればスグに到達できるのレベルの基礎学力習得に時間が掛かりすぎて、その先に十分には手が回り切りません。

 

僕が慶應法の入試で2科目で合計点超えたのは、間違いなく慶應特化の対策があったこととそこに時間を十分に充てることが出来たからです。

 

そこを念頭に置いた学習こそが本当に意味のある受験勉強と言えるでしょう。

 

※爆速で英語を上げたい人はこちらからどうぞ

www.bakademoko.com

 

※予備校よりも断然早く世界史を上げたい人はこちらをどうぞ

www.bakademoko.com

 

現状の偏差値が低い人ほど独学が有効

先の通り、現状の偏差値の低い生徒が短期間で逆転合格には予備校は向きません。

逆転合格こそ、他人よりも効率よく学力を上げていかなければいけないはずですよね。

 

もしも僕が予備校の授業を他人と同じように足並み揃えて受けていたならば、クソ馬鹿な学力から3か月でA判定なんて到底不可能だったでしょう。

慶應法は愚か、リアルにマーチでも苦戦を強いられていたと思います。

 

もしもあなたの学力が低い状態であるならば、逆転合格を可能にするのは予備校ではなく独学です。

他人よりも低い状態から人よりも成果を出すためには、他人とは違う何かをする以外には勝ち目が無いというのが僕の実感です。

 

※予備校では教わることのない慶應バイブルはこちらからどうぞ↓

www.bakademoko.com

 

予備校信奉者は正攻法には気付かない

まとめ

予備校が提供する安心感に目を奪われている間は正攻法には気付けないでしょう。その結果、思う様に成績が伸びなかったり成績を伸ばすのに時間が掛かったりしてしまいます。まずは予備校に盲目的になることを抜け出すことから始めなければいけません。

 

本当に予備校が優れているなら僕のような人間は出てくるはずもありません。太刀打ちできずに不合格となっていたでしょう。

独学で予備校信奉者を出し抜こうとすることは勇気がいるかもしれません。

 

たしかに他人と違う事をするのは怖い事です。

でも、もしもあなたが慶應に合格したいのであれば一瞬の怖さから逃げずに独学を行うことを心からお勧めします。独学の方が遥かに簡単に合格できるでしょう。

 

ただ、独学に向き不向きがあるのも事実なので↓の記事で確認することをおススメします。

www.bakademoko.com

 

※独学で慶應合格できたのはスケジューリングのおかげって話はこちらから↓

www.bakademoko.com