バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

K.O diary

学校や予備校では教えてくれない私立文系の受験勉強法

-慶應行きたいならこれ!!-

【水増し注意】予備校の早慶コース全然受からなくて草。リアルな合格率は?合格数のカラクリも

予備校に入ることを検討しているあなた。

実際予備校のリアルな早慶コースの早慶合格率って知りたくないですか?

 

ネットで合格率はこんなもんだと言われたり。

はたまた、予備校が早慶合格者何名!!と打ち出していたり。

 

その情報は様々です。

で、結局どんなもんなの?という話です。

 

僕自身が大手予備校に籍を置いていたり(授業は行ってない)、進学した慶應でも予備校時代の話になったりするのですが、どこも大きくは大差なく早慶コースにおける早慶合格率は低いです。

多分知ったら予備校はいるの躊躇うくらいには低いです。

 

そして、大手予備校が打ち出す早慶合格者数は数字が水増しやり放題ですw

この数字だけは何があっても真に受けてはいけません。

 

今回は、予備校の早慶コース合格率、そして予備校が出す合格者数のカラクリについてです。

これらを受けて予備校に行く行かないは別にして、判断材料にはなると思います。

 

この記事に関して

・予備校の早慶コース合格率&合格者数
・結構えげつない仕組みです

 

 

早慶コース合格率

こんなに低いの?

初めに結論から行きます。

早慶コースの早慶合格率は10%程度と思ってください。

 

この数字自体は予備校に入ってから、僕が某大手予備校に入ってから知りました。

「いやぁ、まさか流石にそんな低いわけないでしょ?」と興味深い話ではありました。

 

そして受験終えてから答え合わせをしたのですが、概ね間違いありません。

 

僕は1ヵ月で授業には行かなくなりましたが、友達はそこそこ出来ていました。

担任の先生的なチューターがいるのですが、謎にその人たちとも仲良かったんです。

 

そして僕が進学した慶應法学部は早慶コースから5名の合格者だったと。

慶應法学部合格者は母数からするとシンプルに5%未満です。

 

そして、慶應進学後に他の大手予備校出身の友達にも聞きました。

でも、あくまで体感ですが他の大手予備校でも同じようなものだったそうです。

 

残念ですが、そんなものですので過度な期待は避けましょう。

※あくまで僕の知る限りでなので、逆にもっと大きい統計が厳密に分かるようなら是非教えて下さい。

 

合格率が低い原因

合格率が低い原因は何でしょうか?

これは至って明快です。

 

合格率が低い原因

早慶コースの門戸が広すぎる
・生徒の素養依存

大手予備校の早慶コースはメチャクチャに門戸が広いです。

早慶」の冠が付いているので、それなりにレベルが高いように見えるかもですがそんなことありません。

 

なので到底受かるはずも無いような人でも早慶コースに入れてしまいます。

そして、その人たちは受かるはずもありません。

 

というのも、予備校というのは生徒の素養依存になるからです。

 

これは致し方ないですよね。

予備校は一対多、それも数十人から100人を超える生徒を一斉に講師が相手します。

 

素養がある人、素養が無い人といます。

受かるべくして受かる人がいれば十分です。

 

その受かるべくして受かる人たちは予備校どうこう関係なく受かります

内訳は地頭が良い、予備校入学時点でスタート地点が高いなど様々です。

 

彼らが受かって、それ以外は基本落ちる。

落ちる人たちを受からせようとは思わない、というか思う必要がありません。

 

そもそも予備校というのは個々のカリキュラムがある訳ではありません。

授業の取り組み方、復習の仕方、日々の勉強量なども全て生徒に任せる訳です。

 

これらを一人一人に徹底させることはしないというか出来ません。

こんなことは予備校に入って講師のスケジュールや、チューターのキャパを考えれば費を見るより明らかです。

やれば合格率・合格者数も上がるのにやっていないことが何よりの証拠でしょう。

 

早慶コースからは素養のある人が受かれば良い。

あとは東大をはじめとした最難関国立落ちが数を稼いでくれます。

 

その上、後述しますが合格者が1人で幾つも学部の合格を稼いでくれます。

例えば1人で慶應4学部受かれば、4人合格扱いになります。

 

・一人で複数の大学・学部・学科に合格している場合も、それぞれの合格者数に含みます。

駿台予備校私立大学合格者実績より引用(https://www2.sundai.ac.jp/jisseki/shiritsu/
※気付きにくいように、「もっと見る」を押さないと表示されなくなっています。

 

要するに、「別に受からない人は受からなくて良いよ」スタンスってことです。

 

⇩予備校に入るならお金をどぶに捨てる覚悟は必要です⇩

www.bakademoko.com

「テキストだけで十分」は話半分に

予備校なんかでは「テキストだけで十分」という文言が良く見聞きされます。

 

この話、一見すると早慶合格率と関係なさそうって思うかもしれません。

ちゃんと関係あるとこに帰着します。

 

まずこれ、なんかどっかで見た事ありませんか?

「学校の授業だけやっていれば十分ですよ」という自称進学校に酷似していますねぇ。

 

余談ですが僕の高校は早慶なんて何年に1人しか受からない学校でしたが、「学校の授業だけやっていれば十分ですよ」を売り文句に生徒を集めていましたよ。

 

話し戻しますけど、テキストで十分というのは話半分で聞きましょう。

 

ただ、全面否定するつもりはないんですよ。

どういうことかというと、テキストだけで十分な人もいることは事実ってことです。

 

これが先ほど話した、受かるべくして受かる人たちです。

 

良く合格体験記なんかでお話しなさっているでしょう?

「テキストや授業が素晴らしいので、授業の予習・復習で十分でした!」的なニュアンスで。

 

いるんですよ。

そのような優秀な人も。

 

でも、大半にとっては不十分です。

圧倒的に足りないんですよ、やることが。

遅いんですよ、進め方が。

 

そして更に残念なことに、多くの生徒が言われた通りテキストで十分と思いがちです。

厳密に言うと問題集も使うけど、あくまでベースは授業になるってことです。

 

考えてみれば当然ですよね?

だってお金払ってるし。

予備校信頼してるし。

そりゃ予備校の言うとおりに学習を進めたくなりますよね?

 

そうやって9割方が不合格になる訳ですね。

ね?ちゃんと合格率の話に戻ってきましたよね?

 

テキストだけで十分ならば、9割は何かやり方を間違えているということになります。

そこにテコ入れは行われません。

 

つまり、まとめるとこういうことです。

テキストだけで十分(素養のある人に限る。その他は知らない)。

 

強者生存・弱者切り捨て。

至ってシンプルで分かりやすい論理ですよね。

 

⇩テキストだけで十分か否か&予備校の授業を切って正解だった話⇩

 

www.bakademoko.com

 

www.bakademoko.com

 

※僕はこの点で予備校批判をする意図はありませんのでご注意ください。

この様な現状を知らないとはいえ無謀にも予備校に過大な希望を抱く利用者側にも大きな問題があると思っています。

 

予備校公表の早慶合格者数のカラク

水増し大作戦

大手予備校が大好きな水増し作戦。

「○○大学~~名合格!!」的なものは十中八九で水増しですね。

(というか、これマジで信じてる人いるのか?w)

 

どういうことかというと、合格者数の見栄えが良くなるように予備校側で都合良く操作しているということです。

 

数字が偽りだ!と断定するつもりはありません。

あくまで”限りなく都合の良い”集計方法を採用しているだけでしょう。

 

その集計方法によって水増しが行われているということです。

 

今回はタイトル・見出し通りに早慶で考えてみましょう。

ポイントは大きく3つです。

 

知って得する水増しポイント3つ

・1人で幾つもの学部に合格して、合格者数をかさ増し している
・難関国立が早慶に合格しまくっている
・合格者に含まれる幅が広すぎる

1つ目は先述しましたね。

たとえば1人で早慶に5つ受かれば、合格者数が5人でカウントされます。

 

僕は慶應法・経済・商に合格しています。

早慶の上位学部に受かる人は、幾つか早慶を受けて計3~4学部は受かるものです。

 

僕の予備校同期で慶應法学部に受かったのは僕を含めて5人です。

この5人が3~4学部受かっているとすると、実際は5人なのに15~20人の合格者として集計されるわけです。

 

⇩先ほども貼りましたが再度張っておきますね

・一人で複数の大学・学部・学科に合格している場合も、それぞれの合格者数に含みます。

駿台予備校私立大学合格者実績より引用(https://www2.sundai.ac.jp/jisseki/shiritsu/
※気付きにくいように、「もっと見る」を押さないと表示されなくなっています。

 

そして難関の国立志望が早慶に合格しまくっているというのは想像に難くないと思います。滑り止めみたいなものですからね。

 

その難関国立志望者が早慶の複数学部に渡って合格すれば実際の人数以上に合格者は多く見えます。

 

これは予備校からしたら含んで当然ですよね。

紛れもない合格者ですから。

 

でも、早慶合格者多い!」と思って入ったのに、それは難関国立志望者が稼いだ数で早慶コースからの合格者は殆どいないのが現実だった・・・なんてことはザラにあるので注意が必要です。

 

さいごに、最もタチが悪いのは合格者に含まれる幅が不透明であることです。

例えば、こんな人たちも合格者に含まれることがあります⇩

 

これも合格者に含まれることがある

・通常授業は受けていないけど籍は置いている(授業料免除など含む)
・講習だけ受けた
・通信講座だけ単発で取ったことがある
・模試だけ受けたことがある

思いつく限りでこれだけある訳です。

やろうと思えばえげつない程に合格者数は増やすことができます。

 

予備校によって、どこまでが含まれるかは異なります。

 

ちなみに河合塾は明記がありませんので、何でもアリの可能性があります。

駿台は模試だけの人は含まれないようですが、それ以外は何でもありです。講習だけの人は含むことを明記しています。

 

・表記の合格者数は、2022年度入試における駿台グループ関連法人の在籍生および各講習受講生の実績です。
駿台予備校私立大学合格者実績より引用(https://www2.sundai.ac.jp/jisseki/shiritsu/
※気付きにくいように、「もっと見る」を押さないと表示されなくなっています。

 

模試だけ受けたとか講習1つ受けただけで合格者に含まれるなんて勘弁してほしいですよねw

 

とまあ、予備校が合格者数を多く見せる手段なんて幾らでもあるわけです。

決して合格者数を真に受けてはいけません・・・

 

さいごに

過度な期待は避けましょう

ここまでご覧の通り、予備校の早慶コースから実際に早慶合格は難しいんですね。

早慶に合格するためのコースというよりは、早慶に憧れている人が入るコースという表現が正しいでしょうか。

 

そして合格者数を安易に信用するのは非常に危険です。

水増しし放題ですからね。

 

ここから導き出せる1つの答えはこうじゃないでしょうか?

早慶コースで早慶合格に対する過度な期待はしないこと。

 

お金と時間を無駄にするだけでなく、希望する進路も叶わないということを考慮に入れて予備校を選んでくださいね。