バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

K.O diary

学校や予備校では教えてくれない私立文系の受験勉強法

-慶應行きたいならこれ!!-

独学なくして逆転合格はない!失敗したくなければ予備校依存から抜けなければいけない理由

逆転合格と予備校・独学との相性の良し悪し

f:id:kkeeiioo:20210906043026p:plain

あなたは逆転合格したいですか?

 

逆転合格したい!そう思って挑戦する人は案外多いです。

成功する人も実は多いですし、僕自身が逆転合格を成功させたので可能であることは自分が一番よく分かっているつもりです。

 

しかし大半の人は道半ばで諦めるか、挑戦はしたものの達成できずに終わってしまいます。

 

そして、こーゆう人は失敗しているなという特徴がパッと思い当たる節があります。

何だと思いますか?

 

それは予備校依存な人です。

予備校依存というのは具体的に言うと、授業真面目に受けて復習してれば受かると予備校を信じ切ってしまっている状態です。

 

この状態で受かるのは1聞いて7~8の理解ができる地頭の良い人だけだと確信があります。

 

僕自身予備校に入学し、1か月で行かなくなりながらも籍を置いていたので予備校の授業を受けていた人たちの末路も知っています。

 

今回は何故逆転合格と予備校依存の相性の悪さ、独学との相性の良さについてお話しします。

 

本記事についてについて

この記事のポイント

・逆転合格に対する予備校、独学の相性

信憑性

・予備校に入学し1か月で授業でなくなりながらも籍だけ置いていたのでリアルな情報を持っている

・独学で逆転合格を成功させた。(skinをハゲと訳す中三レベルから慶應法に合格)

 

 

逆転合格とは何かを知るところから始まる

逆転合格とはつまり?

予備校との相性を知る前に、まずは逆転合格がどのようなものかを知る必要があります。

 

何を今更と思われるかもしれませんし、凄く当然な事になるのですが今後の内容を深く理解してもらう為に今一度見直しましょう。

 

逆転合格とは、現状からかけ離れている学力を必要とする受験に成功する事です。

 

その為に何が必要になるかと言えば、他の受験生よりも速いスピードで学力を向上させないといけないということです。

スピードで学力が向上していてはスタート地点で付いている差は永遠に埋まりません。

 

この差を埋め、受験当日には追い越していないと逆転合格という現象はあり得ない訳ですよね。

そのためには何をするべきか、どんな工夫をするべきかと問われる部分が逆転合格に求められる資質、難しい所であり面白い所であるということです。

 

予備校の役割とは

一言で言えば分相応

次に予備校とはどんな存在で、どんな役割を果たしているのでしょうか?

漠然と答えるなら、生徒が学力を上げるために授業を行う場所とかになるのですが、今回言いたいことはそんなことではありません。

 

予備校というのは、分相応に生徒の学力を伸ばす場所です。

 

この分相応とは何かを説明する際には、段階を分けて考える必要があります。

 例を交えて説明しますね。

 

分相応にしか学力が伸びないとはどういうことか?

・学力による選別

例えば早慶に受かる人は、早慶クラスや難関国立クラス以上に属する学力がある。

また例えば早慶クラスでも2つや3つに分かれているなら、一番上のに属する学力があるか。※その冠クラスの一番上からしか冠大学への合格者は原則でない。

・選別された人たちの1割のみ合格

そのクラスの冠大学(例えば早慶)に合格できるのは、そのクラスの1割いるかいないか。

(そのクラスよりも上のクラスが、下のクラスの冠大学の合格者を稼いでいる。例えば難関国立が早慶に受かるなど。)

・その1割は受かって必然的な人間

この冠クラスから冠大学に受かる1割は、そのクラスでも元から高い学力を持った人たち。つまり元から資質のある人間が順当に学力を伸ばした必然的結果。

 

こんなイメージで良いでしょう。

どういうことかというと、まず初めの段階で大まかに振るいにかけられます。

 

学力的に分相応なクラスに分けられます。

早慶に行きたくても学力が足りなければ、早慶クラスには入れないOR早慶クラスの一番上のクラスには入れません。

 

そして早慶クラスの一番上に入れないと、そもそも早慶に合格できるような授業を受けることは出来ません。なので一番初めに振るいに掛けられしまった時点で授業で早慶に合格する未来は潰えます

 

しかし、早慶行くために早慶クラスの一番上に入れても合格できるとは限りません。

これは必ずしも受かる訳ではないという優しいニュアンスでは無くて、その中でも1割程度しか受かりませんという意味です。

 

早慶クラスの一番上が100人のクラスなら90人は落ちるということになります。

しかし予備校としての早慶合格者の数が大きいいのには当然理由があるんです。


・難関国立が滑り止めで受けて合格実績を作ってくれる。

・予備校からドロップアウトした僕みたいな人間でも、合格実績には入る。

 

これらが早慶クラスから早慶に落ちまくっても合格実績は立派に見える理由です。

 

そして、そのクラスから受かる1割の人間には意外性がありません。

つまり超順当に受かりましたねってことです。

 

元から頭良い扱いを受けている成績優秀者たちによるものなわけですよ。

クラスやコースの模試の成績上位者は掲載されるので、こいつ頭良かった奴だとかは結構分かります。そこに違わぬ結果を生んでいるってことになります。

 

つまり選ばれし分相応な生徒が冠大学に受かってるという仕組みです。

厳密には、順当で分相応な合格を生む授業の内容ということになりますね。

 

もちろん例外はいます。

お前受かったの?系の意外性のある人もいるってことです。

 

でも彼らは地頭や要領が良いです。

分相応にしか受からない授業でも、1聞いて7とか8の吸収が出来るので結果的に逆転合格にはなっていますが多くの人には当てはまらないのが残念な所です。

 

100人以上もクラスにいれば2~3人混じっていても不思議な現象ではありません。

予備校と逆転合格の相性の悪さ

予備校に逆転合格プログラムなんて無い

逆転合格と予備校についてみてきました。

 

ここまでの確認

・逆転合格は人よりも速いスピードでの学力向上がマスト

・予備校では分相応な人しか受からない授業を展開している

 

 この2点を踏まえると、如何に逆転合格と予備校の相性が悪いかが分かるのではないでしょうか?

 

逆転合格というのは現状の学力に分不相応な大学に合格する事です。

予備校の分相応にしか受からない仕組みでは、あなたの今の学力に相応な大学しか合格できないことになります。

 

つまり予備校には逆転合格をさせるプログラムにはなっていないよってことです。

別に逆転合格してもらわなくても優秀な層が合格実績を作ってくれます。

なので合格実績よりも管理や運営効率の良い方針を取るの方がベターです。

 

あなたが既に3か月以上予備校に通っているなら薄々気付いているんじゃないですか?

このままじゃ間に合わないかもしれないと。

 

受験勉強は3か月あれば劇的に成績を伸ばすことが可能な仕組みになっています。そうなっていないということは、あなたがサボっているか予備校が非効率化の二択です。

 

一生懸命授業受けて復習もしているのに間に合いそうもない、と思う時点で予備校があなたの逆転合格と相性が悪いという何よりの根拠になるのではないでしょうか。

 

独学と逆転合格の相性の良さ

独学なら逆転合格への適切なプログラムを作れる

こっからは予備校ではなく独学が逆転合格に相性が良いという話をします。

 

予備校というのはカリキュラムが組まれています。

それに従い授業を進行し生徒は復習をしたりします。

 

なので予備校に依存すると、自分のペースで勉強を進めるのが難しくなります。

自分に何が足りないとか、これした方が良いとか考えるよりも予備校任せで勉強するからです。

 

つまり自分に最適な勉強ではなく、大多数に無難な授業を予備校ではするんです。

自分に最適な勉強でないと人よりも早く学力向上なんて出来ません。

 

人よりも早く成績伸ばすには、他人と違うことをしていては難しいです。

 

一方で独学というのは正反対で、自分で何をすべきか全て考えなければいけません。

足りない部分は何か、どうやって勉強すれば早く成績伸ばせるか、どんなペースで進めるか。

 

このようなことを適切に考えることができれば、自分にピッタリな最も効率の良い勉強を進めることができます。

その結果として、人よりも早く成績上げるというのは難しいものではありません。

 

この、現状から逆転するために適切な勉強を自分のペースでできるということが独学が逆転合格と相性が良い一番の理由でしょう。

 

独学のカリキュラムの作り方

コツは分解

独学は自分で何をするべきか考えなければいけない、と先ほど説明しましたね。

 

でも、何をするか考えられないという人もいるのではないでしょうか?

 

確かにそこを考えられないと全てが狂います。

方向性、何をすべきか、勉強法、どれか欠けるだけでも結構しんどいでしょう。

 

僕は独学なら絶対に受かるなんて言うつもりはありません。

逆転合格したいなら予備校よりも独学がおススメという相対的な話です。

 

しかし、方向性や何をするべきかとか、勉強法に対しても僕なりの答えを持っています

だからこそ独学を勧められるわけです。

 

何をすべきかという考え方は、やるべきことを大きいものから小さいものへと分解するのがコツです。

漠然とではなく、ピンポイントで打ち抜くイメージだと思ってください。

 

詳しくはこちらにまとめていますので宜しければご覧ください。

www.bakademoko.com

 

勉強法に関しては文理、国立私立問わず使える英語のモノを貼っておきます。

www.bakademoko.com

 

 

※予備校を全面否定ではない

誤解無きよう

予備校を全面否定するつもりはありません。

 

今回のはあくまで大手予備校の一般論的な話です。

大手ではない予備校で僕の知らないような優れたところがあるかもしれません。

それこそ全面的に逆転合格を請け負うとか。

 

それらは今回言ったことが当てはまらないかもしれないということです。

あくまで大手に予備校に対する見解ということは覚えておいてください。

 

また、予備校依存はいけませんが大手でも自分の勉強の中で本当に必要なものがあれば受けても良い場合があります。

 

僕が尊敬してやまない、僕の英語を変えてくれた参考書の著者である伊藤和夫先生という方がいます。

先生の参考書を取り組む中で強い感銘を受け、直接授業を受けてみたいと感じるようになりました。

参考書以上の劇的な変化をもたらしてくれる、直接質問出来たら参考書以上の事が学べると思ったからです。

 

その時には先生はお亡くなりになられていたので実際に受けることは出来ませんでしたが、もしご存命でいらっしゃったなら間違いなく授業を受けていたでしょう。

 

このように感銘を受けた先生の授業は受けても良いと思います。

ただ、何となく授業内容が良さそうだからとか、有名な講師だからとかで受けるのは意味が無いです。

 

そこに目的意識がハッキリとなく授業を受けるのは予備校に対する盲目的信仰に過ぎません。

これなら自分に必要だと明確な根拠がある勉強をするほうが身になります。

 

逆転合格目指すならやはり独学を勧めたい

さいごに

以上が僕が経験し感じたリアルです。

受験生が思っている以上に、予備校から逆転合格をするのは難しいです。

 

勿論独学が簡単という訳ではないです。

独学にも独学の難しさがあるのは間違いありません。

 

それでも独学にも上述したようなコツがありますし、そこさえ気を付ければ逆転合格率自体は真面目に予備校に行くよりも遥かに高いことでしょう。

 

やはり僕は独学を勧めます。

 

実際に成績が独学>>>>>予備校マジメ勢だった話はこちら

www.bakademoko.com