バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

K.O diary

学校や予備校では教えてくれない私立文系の受験勉強法

-慶應行きたいならこれ!!-

世界史の勉強に用語集はいらないの!?慶應法学部の合格に導いた効率的な使い方を教えよう!

用語集は全員が使うものではないが使うべき人が使うと効果的

f:id:kkeeiioo:20210906074150p:plain

大学受験の世界史を勉強してる人は殆ど全員が用語集を持っていると思います。

 

ですが、果たしてどれだけの人が用語集を上手に使えているでしょうか?

全部覚えようとしてる?そんな非効率でバカなことはしないでくださいw

 

はじめに言っておくと、世界史の勉強の中心は用語集ではありません。

まずは、用語集を使うべき人と、そうでない人に分けることができます。全員が使うべきだとは到底思えません。

 

しかし、一部の人には重要な役割を果たします。

 

ぼくは世界史を勉強し始めた時は楊貴妃しか知りませんでした。本当に無知です。

そっから勉強して4か月後には河合全統記述で偏差値74、後に慶應法、経済、商に合格しています。

 

なので特に私立文系の世界史、及び攻略法にはある程度精通しているつもりです。

 

今回は、用語集を使うべき人、どんなふうに使うかを説明します。

興味あれば引き続き読んで貰えると嬉しいです。

 

この記事のポイント!

・用語集を使うべき人と、そうでない人の区別

・用語集はどうやって使うか

 

 

用語集を使うべきかの区別

基本的な学習には用語集はいらない

基本的な学習に用語集はいらないです。使うことありません。

基本的な学習と言うのは河合塾全統記述で偏差値70台とか、早慶でも上位学部を除いた中位学部レベルまでの学習です。

 

このレベルに用語集使って勉強するのは無駄が多すぎます。

 

そもそも用語集使うっていっても全部を覚える訳じゃないですよね?

それほど時間を無駄に使うことも中々ないですwまあ時間を膨大に使ってでも!というなら止めはしないですが、時間掛けたくないならおススメは出来ないですね。

 

となると知らない知識を埋めるとか、ある用語を詳しく覚えるためだったりすると思うんですね。

で、僕のそれに対する答えは、それは問題集で十分だよってことです。

 

河合全統記述の偏差値70とか早慶の中位学部までってのは、そんなに難しい知識は問われません。言っちゃえば、この程度は上の下くらいの知識で足りるレベルなんですね。

 

この上の下って言うのは、頻出~少し頻度が低い程度の知識です。

このレベルで求められる知識は問題集でもほとんど扱われています。なので問題集を使って勉強を進めるほうが圧倒的に効率よく知識を身に着けられます。

 

これで無駄な知識を覚えずポイントを絞って覚えられるし、その語に対する知識も解説で得られるし、出題パターンも触れることができます。

 

この”出題パターン”というものについて少し触れておきましょう。私立文系特有な傾向として「理解」というのは求められていません。

何でかって言うと、「理解」よりも早く正確に問題から必要な知識を導き出せるかってことが求められているからです。

 

なので1つの用語に対して用語集を用いて「理解」を完璧にするよりも、様々な出題パターンに触れて色んな角度からの出題に対応できるようになる方が効果的なんです。

 

外道に思いますか?でも受験に王道も外道も無いんですよ。受かれば良いし、受験勉強なんて合格への道具なのでこの方が楽で早いんですよ。

 

このレベルに関する詳しい勉強法は以下に貼っておきます。

しかし、そうなると用語集が必要になるのはどんな場合なの?と言う話になってきます。その点についてはこれから説明していきます。

www.bakademoko.com

 

用語集を必要とする人はこんな感じ

早慶上位学部、かつ頻度の低い用語(用語集の頻度1~2)、上の中~上の上レベルを求められる学部を受験する場合ですね。僕の場合は慶應法学部がそれに該当しました。

 

そのレベルは問題集でカバーしきるのは難しいです。

厳密にはカバーしきれないことは無いのかもしれませんが、問題集でも扱っていたり、そもそも扱っていなかったりします。特に頻度1とかになるとこの傾向は強いです。

 

そうなると問題集でカバーしようとするよりも、用語集で頻度の低い用語を中心にピンポイントで覚えた方が早かったりします。

 

これは結構地道な作業に思えますが、この方法以外に効率よく未知の知識を潰すほうほうがありません。それにちゃんとやれば効果はあります。

 

というのも例えば慶應法学部でもそのレベルの用語を全部覚えているという人は案外多くないです。合格点ではなく、得点源とできるような余裕を持って他の受験生に差を付けるためには実に効果的な方法です。

 

ただ、このレベルは試験内での位置付けとしては「差を付けるための問題」となっています。そのため出題割合は全体に対して高くは無いです。

 

つまり基礎レベルが仕上がって、上記のような学校、学部を受ける人が対策の詰めの作業として初めて行うものになります。

間違ってもその前の段階を飛ばして行うようなことはしないでください。寧ろ配点割合の高い問題で失点を重ねる事になり、本末転倒です。

 

では用語集の使い方についてみていきましょう。

 

用語集の使い方

ピンポイントで知識を入れる時のみ
これから詳しく説明する内容の概要

・用語集の頻度1~2で知らないものにチェックを付けるなりピックアップするなりで、既知の用語と区別できるようにする

・その未知の用語だけを毎日見る

 

用語集を使うのは先ほど述べた様に用語集頻度が1~2の用語を潰す際に限ります。

これらは普段は中々出会うことのないレベルの用語になります。

 

その上で、それら頻度の低い用語を既知と未知の区別が出来るように分けて下さい。

あくまで目的は未知の用語を覚える事なので、そこだけに集中できるようにです。

 

その未知の用語を全部覚えたい訳です。

この際、用語の説明に記載のある情報を全て覚えよう、理解しようとはしなくて良いです。

 

その用語の説明にある何かしらの情報を見れば、選択肢から用語を選べるくらいになればOKです。

というのも、その用語に対する記述問題や深い理解を求める問題は私立文系ではたとえ早慶でも出題されないはずだし、何かしらの情報を基に用語を記入させる問題も出ないからです。

 

すげー簡単な例で言うと、1648年締結ってあったらウェストファリア条約だって選択肢から選べるじゃないですか。まあ実際はもっと高いレベルでの出題になりますが、いめーじとしては極端な話こんくらいの感覚です。

 

そして未知だった用語は一回に掛ける時間は短くていいので極力毎日見るようにしてください。

この勉強を開始するのは12月前後になると思います。なので残り2か月やそこらで全部覚える事になるので、効率は超重要です。

 

そこで、僕がしていた勉強法は未知の用語は毎日繰り返し見る事です。

一回に全部覚えようとしても繰り返さないと忘れてしまうのが人の常なので、少しの時間でも毎日繰り返してみるようにしてください。この方が記憶の定着は早いです。

 

こんな感じで用語集を活用すれば仮に難問が多く出題される試験でも余裕で得点源です。

 

用語集使うならこの勉強法もおススメ

さいごに

さて、ここまでの話を整理します。

 

ここまでの話の整理

早慶中位学部以下の世界史に用語集は不要、問題集で十分

早慶上位学部で用語集レベル1~2を求めるような学部には問題集だけで対抗するのは少々非効率なので、用語集を活用して頻度の引く知識に絞って覚える

・用語集活用するのは世界史の学力が高くなってから行う事。

・用語集を開始するのは12月前後になるので残り時間が少ない。効率的に覚える事

 

と、こんな感じになります。

ここまでやれれば早慶だろうと怖いものなしです。

 

もう一つおススメがあります。

用語集を使う目的である頻度の低い用語を埋めるのには過去問を使うのも有効な手段です。特に早慶上位学部の過去問は受験する市内に関わらず解いておくと、自分の未知の用語に出会えることも多々あります。

 

是非過去問も上手く使ってみて下さい。

www.bakademoko.com