バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

K.O diary

学校や予備校では教えてくれない私立文系の受験勉強法

-慶應行きたいならこれ!!-

【世界史】用語集使うべき人とそうでない人!あなたはどっち?慶應法が使い方まで解説!

用語集は全員が使うものではないが使うべき人が使うと効果的

f:id:kkeeiioo:20210906074150p:plain

多くの人が誤解していることがあります。

世界史の勉強=用語集がマストで必要ということです。

 

はじめに言っておくと、世界史の勉強の中心は用語集ではありません。

用語集を使うべき人と、そうでない人に分けることができます。

 

受験生の殆ど全員が使わなくていいはずです。

使う必要のない受験生が使用しているのは本当に時間が勿体ないのですぐにでも止めましょう。

 

しかし、一部の使うべき人には重要な役割を果たします。

これは志望校によるところが大きいです。

 

あなたには用語集が必要かもしれないし、必要ないかもしれない。

この記事を読めば、あなたに合った答えと根拠が分かります。

 

仮にあなたに用語集が必要だった時、どうやって使うのが効率良いかも含めて説明します。

 

この記事について

・この記事を読むと?:あなたに用語集が必要かどうかが分かる。必要な場合はその使い方も。

 

・筆者の信ぴょう性:河合塾全統記述で世界史偏差値74。慶應法、経済、商に合格。法学部政治学科へ進学

 

 

用語集を使うべきかの区別

基本的な学習には用語集はいらない

f:id:kkeeiioo:20210917184443p:plain


基本的な学習に用語集はいらないです。使うことありません。

基本的な学習と言うのは河合塾全統記述で偏差値75までとか、早慶でも上位学部を除いた中位学部レベルまでの学習です。

 

このレベルに用語集使って勉強するのは時間効率が悪いです。

問題集で十分、というか問題集でやる方が効率が良いです。

 

河合全統記述の偏差値70とか早慶の中位学部までは、そんなに難しい知識は問われません。

上の下くらいの知識で足りるレベルなんですね。

 

この上の下って言うのは、頻出~少し頻度が低い程度の知識です。

このレベルで求められる知識は問題集でもほとんど扱われています。

 

問題集でも用語集を補えるというニュアンスではなくて、むしろ問題集ならではのお得なポイントがあります。

 

f:id:kkeeiioo:20210917185909p:plain



用語集でなく問題集メインで学習すべき理由は以下の通りです。

 

①用語集は知識の超過が多発しかねない。

②用語集はインプットだけだが、問題集ではインプットとアウトプットの両面を兼ねる

 

用語集は用語と知識の羅列ですよね?

頻度の高いものから頻度の低い用語まで並んでいます。

 

つまり、覚えるべき用語を絞る事が出来ないんです。

用語集では覚えなくていい用語も超過して覚えてしまう可能性があります。

これは時間を無駄にするってことに他なりません。

 

一方で、問題集ならもっとピンポイントに超過・もちろん不足もなく覚えられます。

早慶中位学部までは問題集だけでも補えるレベルの難易度なので不足が起きる事も無いですし、用語集のような超過が起きる事も防ぐことができます。

 

そして、もう一つ。

用語集ではアウトプットが出来ませんよね?

世界史の勉強においてインプットとアウトプットは両方必要です。

 

問題集ならばインプット・アウトプットの両方の役目を果たせます。

 

未知の知識を解説読んでインプットし、アウトプットする事で記憶が定着します。

そして、問題を解くことでその用語や知識がどのような形で問われるのかも知ることができます。

 

問題集メインの詳しい勉強法はこちらをご覧ください。

www.bakademoko.com

 

用語集を必要とする人はこんな感じ

f:id:kkeeiioo:20210917191213p:plain

どんな人に用語集は必要なの?って話になりますよね。

 

それは、早慶上位学部、かつ頻度の低い用語(用語集の頻度1~2)レベルを求められる学部を受験する場合」ですね。

僕の場合は慶應法学部がそれに該当しました。

 

そのレベルは問題集でカバーしきるのは難しいです。

というのも、そのレベルの知識を網羅してくれている問題集が存在しないからです。

 

そうなると問題集でカバーしようとするよりも、用語集で頻度の低い用語を中心にピンポイントで覚えた方が早かったりします。

 

この方法以外に効率よく未知の知識を潰すほうほうが無いので、地味ですが仕方ありません。

ちゃんとやれば効果は間違いなくあります。

 

というのも例えば慶應法学部でも用語集頻度1,2レベルの用語を全部覚えているという人は案外多くないです。

 

単に合格点を取るのではなく、余裕を持って他の受験生に差を付けるためには用語集活用は実に効果的な方法です。

 

ただ、このレベルは試験内での位置付けとしては「差を付けるための問題」となっています。そのため出題割合は全体に対して高くは無いです。

 

つまり基礎レベルが仕上がった上で詰めの作業として初めて行うものになります。

 

間違ってもその前の段階を飛ばして行うようなことはしないでください。寧ろ配点割合の高い問題で失点を重ねる事になり、本末転倒です。

 

続いて用語集の使い方についてみていきましょう。

 

用語集の使い方

ピンポイントで知識を入れる時のみ
これから詳しく説明する内容の概要

・用語集の頻度1~2で知らないものにチェックを付けるなりピックアップするなりで、既知の用語と区別できるようにする

・その未知の用語だけを毎日見る

 

用語集を使うのは先ほど述べた様に用語集頻度が1~2の用語を潰す際に限ります。

これらは普段は中々出会うことのないレベルの用語になります。

 

その上で、それら頻度の低い用語を既知と未知の区別が出来るように分けて下さい。

あくまで目的は未知の用語を覚える事なので、そこだけに集中するためにです。

 

その区別した未知の用語を全部覚えたいわけです。

この際、用語の説明に記載のある情報を全て覚えよう、理解しようとはしなくて良いです。

 

その用語の説明にある何かしらの情報を見れば、選択肢から用語を選べるくらいになればOKです。

 

というのも、超頻度の低い用語を丸々説明させる問題は出題されないからです。

出題されるとしたら、選択肢から用語を選ぶタイプの問題になります。

 

すげー簡単な例で言うと、1648年締結ってあったらウェストファリア条約だって選択肢から選べるじゃないですか。

メージとしては極端な話これくらいの感覚です。

 

未知だった用語は一回に掛ける時間は短くていいので極力毎日見るようにしてください。

 

この勉強を開始するのは恐らく12月前後になると思います。なので残り2か月やそこらで全部覚える事になります。効率は超重要です。

 

そこで、僕がしていた勉強法は未知の用語は毎日繰り返し見る事です。

一回に全部覚えようとしても繰り返さないと忘れてしまうのが人の常なので、少しの時間でも毎日繰り返してみるようにしてください。この方が記憶の定着は早いです。

 

こんな感じで用語集を活用すれば仮に難問が多く出題される試験でも余裕で得点源です。

 

この勉強法もおススメ

さいごに

さて、ここまでの話を整理します。

 

ここまでの話の整理

早慶中位学部以下の世界史に用語集は不要、問題集で十分

早慶上位学部で用語集レベル1~2を求めるような学部には問題集だけで対抗するのは少々非効率なので、用語集を活用して頻度の引く知識に絞って覚える

・用語集活用するのは世界史の学力が高くなってから行う事。

・用語集を開始するのは12月前後になるので残り時間が少ない。効率的に覚える事

 

と、こんな感じになります。

ここまでやれれば早慶だろうと怖いものなしです。

 

もう一つおススメがあります。

用語集を使う目的である頻度の低い用語を埋めるのには過去問を使うのも有効な手段です。

特に早慶上位学部の過去問は受験するしないに関わらず解いておくと、自分の未知の用語に出会えることも多々ありますので是非活用してみて下さいね。

 

もしも本記事への質問や、受験得hの悩みなどあればDMからお気軽に連絡ください!

謹んで解決いたします。

 

twitter.com

 

もしも質問等ないようであれば以下がおススメ⇩

 

・過去問を使って世界史を仕上げる方法はこちら

www.bakademoko.com