バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

K.O diary

学校や予備校では教えてくれない私立文系の受験勉強法

-慶應行きたいならこれ!!-

【世界史・日本史】教科書?使ったことないけど?慶應法進学者による教科書学習の考察

教科書?いらないんじゃない?

f:id:kkeeiioo:20210906073736p:plain

「日本史や世界史って教科書覚えるんじゃないの?」

「基礎は教科書で固めるでしょ?」

 

これ、実は非効率です。世界史も日本史でも同じです。

 

初めに言っておくと僕は教科書使って勉強したことがありません。

していたのは単に問題集を解く作業だけです。流れを押さえる、その中で大事な所を覚えると言った作業すらしたことがありません。

 

でも世界史は人並み以上には得意でした。

興味なさ過ぎて勉強始めるまで楊貴妃しか知らなかったけど4か月くらいで河合塾全統記述なら偏差値74は取れていましたしね。大半の人よりは出来が良かったと思います。

 

教科書を使った勉強を全面否定するつもりはありません。

もしかすると全国一位を狙うとか東大に受かるためには必要なのかもしれないです。

単に僕には見えなかった次元と言うこともあるでしょう。

 

でもこれだけは確信があるし、断言できます

河合塾全統記述で70台とか早慶で得点源にするってレベルであれば教科書を使わない方が早く到達できます。

これは上記の模試の偏差値や慶應法学部へ進学した実体験から感じるところです。

 

あなたの目標が早慶に合格する事ならば、東大に教科書が必要だとか全国一位には教科書が必要だとか言われても関係ないはずです。

早慶合格への近道を選ぶ方が得策でしょう。

 

そこで今回は、なぜ教科書は使わないのか、それが非効率である理由などについてお話しします。

 

本記事のポイント!

ポイント

・少なくとも早慶レベル、河合塾全統記述で70台までは教科書を使わなくて良い理由

・教科書を使うことが非効率であると考える理由

この記事の信ぴょう性

・筆者が教科書を使わずに同模試で4か月で偏差値74まで上げた。

・筆者が慶應法、経済、商に合格した後に慶應法学部へ進学した

 

社会科目で教科書は使わない理由の全て

教科書を読むという信仰

f:id:kkeeiioo:20210918174850p:plain

 

世界史・日本史を問わず社会科目では教科書を読むということが当たり前になってますよね。

 

でも、ほとんど全員が教科書を読む必要性を考えることなく無意識にそれを受け入れているように思えます。これは教科書信仰とでも言いましょうか。

 

教科書をちゃんと理解して覚えていれば受験に必要なレベルは習得可能で、しかも大事なポイントが教科書にはまとめられている。

きっとそんな風に思い込んでいるのではないでしょうか?

 

100歩譲ってそうだとしましょう。

しかし、教科書読むことが効率的な勉強法であると自分の口で説明することができますか?

 

結局読んでいても少し時間が経つと忘れてしまっていたり、記憶が曖昧になっていたりするんじゃないでしょうか?

 

読んだだけで記憶に定着させるっていうのは難しい事です。

それが出来るのは極めて頭の良い受験生に限るでしょう。

 

僕のような頭の悪い学校の出身者の凡人には到底縁のない高度な話です。

もしも今あなたが世界史で悩んでいるなら僕と同様に難しい話だと思います。

 

結局記憶と言うのはインプットだけでは定着しにくいんです。

「インプット→アウトプット」の繰り返しによって記憶は効率的に定着しやすくなります。

 

なので教科書読んでるだけでは不十分で、問題集を解く必要があるということになります。

 

じゃあ教科書読むってステップ挟まなくていいんじゃないですか?

問題集をいきなり解けば良いのではないでしょうか?

 

もちろんいきなり問題集解いても分からないことだらけだと思います。

だからこそ一度解いたら復習してすぐに繰り返し解くんです。

 

これならば「インプット→アウトプット」を高速で繰り返すことができて帰国効率が良いし、教科書を覚えようとするほど時間も掛からずに済みます。

 

それに問題集で出題される問題と言うのはいわゆる重要なポイントです。

解説にも教科書より見やすく、分かりやすく簡潔に情報がまとまっています。

 

わざわざ教科書を読んで流れを把握しようとしたり、大事な箇所を覚えようとする時間が勿体ないでしょう。

 

教科書不要論は記憶に定着と言う観点だけではありません。

その辺をこれから説明します。

 

教科書を読んで覚えることと問題が解けることはイコールではない

f:id:kkeeiioo:20210918183628p:plain

 

教科書というのは、ある用語に対して多角的な観点から話すことは難しいです。

なぜなら、教科書に記載される文面にも文脈と言うのがあり、その文脈に沿った形で用語が出現するからです。

 

色んなパターンで、その用語について言及は出来ないんですよね。

しかしですよ、試験と言うのは教科書がカバーできない文面、文脈、視点からの出題も良くあるわけですよね。

 

早慶とかだと、用語自体はある程度頻出でも見たことない少しマニアックな観点から出題されたりします。

それに対しては教科書じゃ対応できないってことです。

 

きっと中にはここまで読んで、「知識の網羅性が問題なら、教科書と用語集の2段構えで学習すれば解決じゃない??」と考える人もいるかもしれません。

 

たしかに用語集を教科書にプラスして使用すれば確かに教科書の文脈以外の視点からも知識を付けることは可能っちゃ可能でしょう。

 

しかし、お勧めは出来ません。

 

何故かと言うと、「教科書+用語集」の学習には以下2点の問題点が存在するからです。

 

f:id:kkeeiioo:20210918180432p:plain

 

まず、教科書を読んだ上で全ての用語に対して都度用語集で知識を補填しようとするのは途方もない時間を要する作業となってしまいます。

これは時間の掛け方としては効率が悪いでしょう。

 

そして、社会科目をそれなりに勉強していれば以下のような経験があるんじゃないでしょうか?

 

・知識自体は知っていたのに得点できなかった。

これは解説を読んで一番ガッカリ来るパターンですよねw

 

つまり、社会科目では求められている”知識自体は知っていても、出題形式が狡猾で必要な知識に気付けずに失点する”事があるってことです。

 

特に難関私大では、用語自体は大して難しくないのに出題形式のせいで難しく感じるということが多々あります。

 

知っている事と実際に問題を解けるということは別物であると認識すべきでしょう。

試験では、知識を知るだけでなくそれを使って問題を解けなければいけません。

 

しかし、「教科書+用語集」の学習では知識を詳しく知ることができても問題を解けることとイコールにならない可能性が高いです。

 

これでは、知識自体は頭に入っていても狡猾な出題形式に惑わされて解答に落とせないなんてことになりかねません。

 

ここまでの難点に対する手っ取り早い解決策が問題集なんですよね。

 

問題集を多用する事で一つの用語に対して様々な観点から必要な知識に対する「インプットとアウトプット」を繰り返して記憶を定着させることができます。

 

そして、出題形式も様々なので求められている知識に気付けず、「知識自体は知っていたのに失点する」ということも防ぐことが可能になります。

 

ただ、問題集の多用と言ってもむやみやたらと沢山の問題集に手を出すということではありません。

僕のおすすめ勉強法は後ほど説明します。

 

【一旦整理しよう】大は小を兼ねる。問題集は教科書を兼ねるが逆は無い

これまでの話をいったん整理します。

整理なのでこれまでの話と多少被る事になりますが、ここまでちゃんと理解できてるって人は飛ばしちゃって大丈夫です。

 

ここまでをまとめた教科書の難点は以下のようになります。

 

これまでの整理

・教科書を読んでインプットだけしても記憶が定着しない。早く記憶を定着させるためには問題集でアウトプットする必要がある。

・教科書だけではカバーできないマニアックな観点や知識を問う難関大の問題に対応できない。対応するには用語集を用いて知識の補填が必要。

・「教科書や用語集」で知識を付けても必ずしも問題を解けることには直結しない。難関大学の出題の仕方は狡猾で、知識自体は知っていても出題のされ方によって正答出来ないことが多々ある。

 

問題集メインの学習ではこれらのような悩みを持つ必要が無いんですよね。

問題集は教科書の役割を、そしてそれ以上の役割を果たしてくれるということです。

順を追ってみていきますね。

 

まず教科書はインプットメインになる一方で、問題集はインプットもアウトプットも両方行うことができます。

一回目はさっぱりでも問題集を解いて復習すれば、それはインプットです。

 

でも無知な状態で一回目が始まるので当然すぐに覚えられるはずが無いです。

なので嫌でも改めて繰り返し解くことになります。

 

この問題集を用いた高速な「インプットとアウトプット」の繰り返しの方が教科書をじっくり読むよりも記憶の定着が良いのです。

 

そして教科書だけでは情報が不足してしまいます。

早慶への対応は厳しいでしょう。

 

そこで、難関大で問われるような知識を補填しようと「教科書+用語集」で臨むと時間がどれだけ時間が掛かるか分かりません。

 

一方で問題集の数をこなして繰り返していれば教科書以上に豊富な観点から知識に触れる事が出来ます。

 

さらに、問題集では様々な出題形式に触れるので出題形式が狡猾でも適切に知識を頭から引き出すことができ、出題形式による失点を防ぐことができます。

 

つまり問題集では、教科書メインの勉強よりも効率的に社会科目を得意にしてくれるということです。

 

実体験&具体的な勉強法

さて、ここまで社会科目は教科書メインよりも問題集メインで進めるべき理由について考察を行ってきました。

 

こっからは僕自身の実体験について話してみようと思います。

 

冒頭の通り僕は教科書なんて開きもしていません。

使ったのは問題集と過去問。

そして慶應法対策の最後の詰めとして12月くらいから頻度1,2の用語で知らないものだけ用語集で補填していました。

 

基本つねに問題集や過去問を通じて問題を解く事しかしていません。

 

それでも早慶レベルでも特に苦戦することは無かったし、慶應法を受験していなければ詰めの段階であっても用語集を使うことも無かったでしょう。

 

そして何より、苦手とかいう次元を超えていた無知だった世界史を4か月で偏差値74まで高めることができたのは問題集のおかげだったと思います。

 

高速なインプットとアウトプットの繰り返しによる記憶の定着、様々な出題形式に対する対応などひたすら実戦形式で学習を積んだことこそが短期間で偏差値を爆上げした大きな要因だと思います。

 

もしも教科書メインな勉強の方が効率的なら、僕がここまで高い偏差値は取れなかったと思います。

 

じゃあ具体的にはどんなふうに勉強したの?と思われる方もいるでしょう。

 

こちらに具体的にまとめているので是非ご覧ください。単に問題集を使うというだけではなく、そのコツも記載しています。(日本史受験でも勉強法自体はお使いいただけます)

www.bakademoko.com

 

手っ取り早く早慶の社会で勝ちたいなら脱教科書信仰

さいごに

改めて言っておくと、冒頭の通り教科書メインの勉強を否定するつもりはありません。

 

僕は東大に合格したわけでも、河合や駿台で全国一位を取ったわけでもないので更に上の次元が見えていないのも事実でしょう。

 

しかし河合全統記述で偏差値70台とか早慶クラスの世界史に教科書では無く問題集メインで取り組むことが効果的であることは事実として認識するべきだと思います。

 

別に早慶合格する上で東大には教科書が必要とか関係ないし、全国一位を取る必要もないですしね。

 

特に社会科目が苦手な人が手っ取り早く社会科目仕上げたい人は問題集で進めるほうが遥かに効率は良いと思いますよ。

 

もしも本記事への質問や、受験得hの悩みなどあればDMからお気軽に連絡ください!

謹んで解決いたします。

 

twitter.com

 

もしも質問等ないようであれば以下がおススメ⇩

 

・世界史の過去問は素晴らしく効率の良い勉強だという話

www.bakademoko.com