バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

K.O diary

学校や予備校では教えてくれない私立文系の受験勉強法

-慶應行きたいならこれ!!-

【実体験含む】これで解決!予備校が合わないと感じる理由と対処法の徹底解説

大学受験に取り組む際、予備校に通う人も多いと思います。

 

しかし、予備校が自分に合わなかった場合は非常に危険です。

無駄な時間を過ごし不合格にまっしぐら、ということになりかねません。

 

とはいえ、予備校が合うか合わないかは通ってみて初めて分かる事だったりします。

なので実際に肌感覚として合わなかった時にどう対応すれば良いかは分からないかもしれません。

 

かくいう僕も予備校が合わなくて行かなくなった経験があります。

 

予備校に行く行かないは志望校合格への手段に過ぎません。

行く行かない自体に是非はありません。

志望校合格に向けて最善の選択を取れることが何より重要です。

 

今回の記事では、予備校が合わないと感じる理由・その対処法について解説します。

 

この記事に関して

・予備校が合わないと感じるあなたへ
・予備校が合わないと感じる理由と対処法の解説
・筆者の実体験付き

 

 

予備校が合わないと感じる原因

授業のレベル合わない

受験勉強は自分に合った適切な勉強をする必要があります。

自分のレベルに対して高すぎても低すぎてもいけません。

 

しかし予備校の授業というのは基本的に一対多で行われます。

1人の講師に対して大勢の生徒が授業を受けるということです。

 

当然あなたにピッタリなカリキュラムが用意される訳ではありません。

あなたが授業に対して「簡単で物足りないな」「難しくて分からないな」など、どんな風に感じているかは一切考慮してくれません。

 

あなたが授業に簡単過ぎて物足りなさを感じるなら、その授業を受けても成長の見込みは薄いでしょう。

 

新たな気付きや学びが無いのであれば時間が勿体ないです。

 

また、授業のレベルが高くてついていけないなら尚更危険な状態です。

授業の前提となる基礎が無いような状態では得られるものはありません。

分からないまま何となく授業を聞いていても、得られるものは授業に出席している自己満足くらいなものでしょう。

 

自分のレベルに合った授業を受けられているかどうかは非常に重要です。

 

授業の進度が遅い

予備校の授業は定められたカリキュラムに沿って進みます。

 

しかし、そのカリキュラムが正しいものである根拠は不明です。

何となく盲目的に予備校に従っている受験生が大半だと思います。

 

そこに疑問を持ち、もっと効率的に学習を進められると思い始めたら予備校には合わないでしょう。

これは予備校の授業を簡単だと感じるのとはまた別です。

 

シンプルに予備校に頼るよりも、自力でやる方がもっと早く大きく成績を上げられると思うかどうかの話になります。

 

なので予備校に対する信頼、そして自分に対する自信の兼ね合いです。

後者が前者を上回ってしまうと予備校が合わないと感じるかもしれません。

 

⇩僕は予備校やめてあっという間に偏差値爆上がりしました⇩

【実体験】予備校の授業が実は意味ない説?一か月で見切りをつけて心底正解だった - K.O diary

 

講師が合わない

予備校講師だって万能ではありません。

人によって合う合わないがあるのは仕方がないでしょう。

 

教え方が分かりにくい、人格的に癖が強くて聞いてられないなど。

 

予備校講師だってあなただけのために授業をしている訳ではないのです。

あなたを含めた”大勢”に対して授業を行うので、あなたが授業・講師に対してどう感じるかは気に留められることはないでしょう。

 

これは予備校側にも、勿論あなたにも落ち度がある訳ではありません。

避けるのが難しい、どうしようもない問題です。

 

ですが、基本的には聞く気にならない授業を必死に聞いて成績を上げるのは難しいと思います。

嫌々ではなく前向きに取り組むに越したことはありません。

 

授業や講師の人格が嫌いでも、腹を括って前向きに聞くように努めるか。

もしくは授業を切って自学を行うか。

毅然とした姿勢を持つべきですね。

 

行くのが面倒臭い

予備校っていうのは行くのが面倒くさくなりがちです。

学校とは違って留年がある訳でもないですからね。

 

特に浪人生となると朝から起きて家を出て予備校に行くことになったりします。

 

予備校に頼った学習を行うのであれば、原則授業には出る必要があります。

授業ごとに進んでいくので、出ないと遅れを取ったりやるべき勉強が無くなってしまったりします。

 

ただ、生真面目に毎日予備校に通うことが苦手な人はいます。

そのような人にとっては、予備校中心の学習自体が向いていないです。

 

行くのが当たり前と思える、当たり前な事を当たり前にするのが苦手なら予備校は合わないと感じるかもしれません。

 

⇩予備校を辞めて独学するにしても自分を律することは必要です⇩

サボりたくてもサボれない!?独学に必須な「自分の律し方」怠惰な自分をコントロールする3つの術を紹介! - K.O diary


周囲の環境

予備校に通うと大概の場合は友達が出来ます。

良くも悪くもです。

 

同じクラス・コースの上位層や、勉強熱心な友達であれば自分にも好影響を与えてくれるでしょう。

 

一方で、自分に悪影響を与える友達ができることもあるでしょう。

 

予備校に通う人全員が高い意識を持っている訳ではありません。

どこに行っても、その類の人はいるものです。

 

自分に悪い影響を与えかねない友達が多く出来てしまったら考えものです。

よほど自分を強く持っていない限り、足を引っ張られることもあるでしょう。

 

そのような友達と不本意ながらに付き合う環境が出来てしまったら、予備校が合わないと感じるかもしれません。

 

予備校が合わない時の対処法

クラス・コースの変更

予備校にはクラスやコース(以下クラスで統一)があるはずです。

簡単に言うと上位と下位みたいなものですね。

 

授業のレベルが自分と合っていないと思った時はクラスの変更を考えてみましょう。

 

ただ、クラスは成績に基づき振り分けられていることも多々あります。

 

この場合、授業のレベルとあなたのレベルが大きくズレていることはあまり考えられません。

クラスを変更したとしても、今抱えている悩みを解消できるかは分かりません。

 

授業が難しいと感じてクラスを下げたら簡単すぎると感じたり、逆も然りとなる可能性は否めません。

 

予備校はあなただけのためのクラス編成ではないので若干の齟齬は許容する方が無難でしょう。

 

また、上位クラスから下位クラスに行く事は可能である事が多い一方で、下位から上位には成績が足りないということもあるでしょう。

この場合は、何かしら振り分けの材料とされる模試等で要件を満たす成績を収めなければいけません。

 

授業の変更・取捨選択

クラスやコースを変更せずとも、受けたい授業・講師を自分で変更できるならまずはピンポイントで変更してみるといいでしょう。

 

この講師は合わないからこっちの講師の方が良さそうという選択ができるのであれば、その方がお手軽に悩みを解決できるかもしれません。

 

ただ、これは出来る予備校と出来ない予備校があります。

浪人の場合は多くが授業・講師をカリキュラムで定められているので難しいかもしれません。

 

そんな時は授業ごとに受ける・切るをピンポイントで選択するのも1つの手でしょう。

 

自分が受けたい・身になる授業は受ける。

何かしらの理由で受けたくないのであれば切る。

 

チューター的な人からは全てを受ける事をおススメされるかもしれません。

ただ、最終判断は自分でしちゃってOKです。

 

これはあなたの受験勉強です。

チューターの人が言った通りにして上手くいかなくても結局は自己責任です。

 

自分の都合で、自分に利の大きい選択をしましょう。

予備校の変更

自分の思い通りにクラスを変えられなかったり、色々工夫はしたけど満足いかないなら予備校を変えるのも1つの手段でしょう。

 

予備校を変える際は、今抱えている悩みを解消できるのかどうかを調べてから話を進めるようにした方が無難です。

 

予備校を変えるということは受ける授業も変わるということです。

その結果、あなたの進路にも大きな影響を与える事になります。

 

リサーチした上で自分に合った予備校がありそうならば、思い切って予備校を変える事も検討しましょう。

 

ただ、1つ注意点があります。

 

予備校を変えてはみても蓋を開けたら同じ悩みを抱える事になったという可能性は避けられません。

 

予備校という仕組みそのものは大きくは変わりません。

そして、予備校も商売ですから不都合なことは明言を避け魅力を伝えてくるでしょう。

 

結局同じ結果になってしまっては高いお金も時間も勿体ないです。

その可能性は避けられないことを受け入れた上で予備校の変更を行いましょう。

 

予備校の裏側についてはこちらから⇩

予備校に行っても伸びない?受からない?夢も希望もない現実と原因を徹底解説! - K.O diary

全て自分で勉強する

そもそも予備校自体を辞めて自分で学習を行うことも選択肢です。

予備校に頼ることなく、自分で勉強した方が効率的ということだってあります。

 

予備校ではあなた専用のカリキュラムはありません。

しかし自分で学習を進めれば自分に最も効果的な勉強を自分のペースで進めることも可能です。

 

その結果、予備校に通っていては考えられないような成績向上だって有り得る訳です。

 

一方でリスクもあります。

 

自分でやる事を決めるとなれば、舵取りを誤る可能性も当然あります。

その結果、全く成績が上がらないなんてことも不思議ではありません。

 

なので予備校を捨てて自分で勉強する際は以下の2ついずれかを満たしている必要があるでしょう。

 

以下どちらかを満たす必要がある

・どんな勉強をすればいいのか自分で考えることができる自信がある
・誰か勉強法などを教えてくれる人がいること

どちらも満たしていないなら自分でやろうとするのは非常に危険です。

 

⇩もしも逆転合格を狙うなら独学の方が賢明です⇩

独学なくして逆転合格はない!失敗したくなければ予備校依存から抜けなければいけない理由 - K.O diary

 

【参考】僕にとって予備校が合わなくなった理由・その対処法

理由と対処法

僕は予備校に入って1ヵ月で授業に行かなくなりました。

籍は置いていたので月1回くらいは自習室に顔を出していましたが。

 

予備校の授業に行かなくなった理由は以下の通りです。

 

僕が予備校に行かなくなった理由

・自分で勉強した方が早いと気付いた
・行くのが面倒くさい
・足を引っ張られそうな友達が多く出来てしまった

授業の進度は遅いし、自分が今何をすべきかは分かっているつもりだったので予備校に頼るよりも自分でやった方が多分早いと感じていたのが大きいです。

 

その上、行くのも面倒だし勉強あまりしないであろう友達が多く出来始めて、このままだと自分も勉強しなくなるような気がしていたというのも後押しになりました。

 

そうこうあって僕は予備校の授業は受けずに自分で勉強をすることになりましたが、それは結果的には正解でした。

 

中三くらいの学力しかなかったのですが、2か月で慶應法A判定を取れましたし順調に合格も出来ました。

予備校の授業を受けていてもここまで順調には進まなかったと思いますし、周りに流されたりしながら勉強しなくなっていた可能性すらあります。

 

予備校を辞める事に対して否定的な意見を唱える人の方が多いですが、それは人それぞれということでしょう。

少なくとも僕にとっては正しい選択だったということですね。

 

だからと言って、あなたが必ずしも予備校に行かなくても良いという話ではありません。

あくまで「僕にとって」行かなくて正解だったという話なので、あなたにとっての正しい選択はあなたの状況を加味して判断する必要があります。

 

⇩あなたは予備校に行くべきかが分かります⇩
※「塾」となっていますが予備校と同じニュアンスです。

大学受験に塾は必要?塾無しで受験して初めて分かった塾の必要性について - K.O diary

さいごに

予備校に行く・行かない事態に是非はない

予備校に行く・行かない自体に是非はありません。

人それぞれに事情があると思います。

 

受験で重要なのは結果のみです。

自分が結果を出す上で最善の選択をすれば、それが正解です。

 

予備校に行ったから受かるでも、行かないから落ちるでもありません。

行って受かる人もいれば落ちる人もいます。

行かないで落ちる人もいれば受かる人もいます。

 

結局はその人次第です。

自分のベストチョイスを探して、選択したら迷わず突き進んでください。