バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

K.O diary

学校や予備校では教えてくれない私立文系の受験勉強法

-慶應行きたいならこれ!!-

大学受験に塾は必要?塾無しで受験して初めて分かった塾の必要性について

大学受験を真剣に考え始めると、塾に行くべきか考えだす人も多いでしょう。

塾に行った方が良いと言う人、塾は不要だと言う人、それぞれの意見がネットでも載っています。

 

意見は様々ですが塾必要派・塾不要派の両方とも僕は正しいと思います。

どういうことかというと、人によって塾は必要になったり、不要になったりするということです。

 

僕自身は塾に通っていませんでした。

厳密に言うと、1ヵ月だけ通って、以降は籍だけ置いている状態でした。

 

なので僕にとっては不要だったということです。

でも、塾に行って良かったと感じる人の意見も間違いではないと思います。

 

間違いなく塾に行った方が良いタイプの人は存在します。

僕なりの言葉で表現するなら

 

「自分で考えることができない(もしくはしたくない)、または自分を律することが苦手」な人は塾が必要です。

 

このタイプは塾に行く必要があります。

これは、僕自身が独学で受験勉強に取り組んだからこそ身に染みて感じた考え方です。

一方で、自分で考え自分で律して行動できる人は塾が必要ないでしょう。

 

塾に行くにもメリット・デメリットがあります。

各人に依って、塾に行く必要・不要も変わります。

 

あなたが塾に行くか迷っているなら、この記事を最後まで読むことで自分が塾に行くべきか見えてくるはずです。

 

この記事で分かる事

・塾のメリット、デメリット
・あながた塾に行く必要があるかどうか

 

 

前提:受験生は4つに分類される

二者択一では測れない

塾に関して、受験生は以下のように大きく4つに分けられます。

 

・塾に行く必要が無いけど、塾に行っている人
・塾に行く必要が無くて、塾に行っていない人
・塾に行く必要があって、塾に行っている人
・塾に行く必要があるけど、塾に行っていない人

 

「塾に行っている人はこうだ!」とか「塾に行っていない人はこうだ!」みたいな切り分け方は出来ません。

 

冒頭にて、「自分で考えることができない、自律的な行動がとれない人」は塾に行くべきだとしましたが、塾に行っている人がイコールでそういう人だと言うつもりはありません。

 

塾に行っていても自分で考えられる人や、自分を律して行動できる人は多くいます。

その人たちは、受験により安心を求めていたり、自分で考えることは出来るけど塾に任せていたりするだけです。

 

「塾に行っている人=自分で考えることができない人」みたいな混同はしないでください。

あくまで本記事の目的は、塾のメリット・デメリットを明確にしつつ、あなたが塾に通うべき人かどうかを判断する材料を提供することになります。

 

では、本題にはいっていきましょう!

【ここから本題】塾のメリット

塾がカリキュラムを決めてくれる

 

塾では基本的には通年でカリキュラムが設定されています。

いつの授業で、この内容をやるみたいなことが決められているので、自分で勉強計画を立てる必要はありません。

 

そこそこ大手の予備校だと、その予備校専用のテキストも用意されています。

 

つまり、何の参考書を使おうとか、どうやって勉強を進めようと考える手間を省くことができるということです。

 

独学をすれば、自分で建てた勉強計画や勉強法が間違えていれば、その時点で破滅です。

どれだけ勉強しても結果が出なかった、みたいなことも当然考えられます。

 

一方で、授業の内容に基づき予習復習に徹底して行えば独学で抱えるリスクは回避できるでしょう。

 

怠惰への抑止力

塾に行けば、一定の周期で必ず授業があります。

もちろん授業に出席するだけでは学力向上に繋がりませんが、授業の存在が怠惰の抑止力としては機能してくれるでしょう。

 

また、授業に向けた予習や復習を習慣にすることができれば、授業→復習・予習を繰り返す事となり必然的に勉強サイクルが成立します。

 

独学にする場合、ひたすら自堕落で全く勉強しないなんてことはザラです。

塾に行けば必ず勉強の習慣が付くとまでは言い切れませんが、何の歯止めもなく自堕落に陥る独学に比べれば、少なくとも怠惰への抑止力としては機能するでしょう。

 

塾のデメリット

自分専用のカリキュラムではない

 

当然ですが大手予備校などでは、あなたの専用カリキュラムにはなっていません。

そこまでの面倒は見てくれません。

 

数十人や百人を超える生徒に対して一斉の授業を行います。

そのため、個々人にピンポイントな学習ができる訳では無く、最大多数の最大幸福的な授業が展開されるのは言うまでもありません。

 

イメージとしては、全員がそつなく、そこそこ出来るようになるための授業になっている感じです。

あなたが爆発的に成績を伸ばすための授業構成ではありません。

 

効果的な学習を行って最短距離で成果を出そうと思っても、それに適った授業をしてくれる訳ではないということは覚えておきましょう。

 

⇩僕が予備校の授業を1ヵ月で切った理由はこれ!⇩

www.bakademoko.com

 

受かる人は決まっているので、逆転合格は期待しない

前述のように、塾は特定個人のための授業はされません。

 

多くの人にとって無難な授業が行われます。

そもそも、逆転合格などを目指した授業は行われないということです。

 

その無難な授業で合格する人というのは、授業の質にあまり左右されずに成績を伸ばせる資質に恵まれた人たちです。

この人たちは、初めから合格が決まっていたとさえいえるような優秀な人材です。

 

基本的に大手予備校の早慶コースなら、早慶に合格するのは1割程度。

多くの早慶合格者は、トップの国立受験者が占めています。

 

出遅れたスタートから逆転合格を狙う受験生を塾側は合格させる術を持ちません。

そもそも、そのような仕組み・カリキュラムになっていないということは覚えておいた方が良いでしょう。

 

⇩参考までに⇩

www.bakademoko.com

 

塾に行く必要性の判断基準

自分で考えられるかどうか

 

塾ではカリキュラムやテキストが決まっている一方で、独学はそれらも全て自分で考える必要があります。

 

何を、どう使って、いつまでに何を終わらせて、いつまでに偏差値をどこまで高めるなど、1~100まで全てを考えなければいけません。

 

これらを考えることが苦手な人や、もしくは考えるのが面倒だという人は塾に行くべきでしょう。

 

もっと言うと、自分で考えられるというのは大前提として、その上で正しい答えを常に自分で出し続けないと合格は見えてきません。

 

一報、塾ではあなたにピッタリなカリキュラムが用意されるわけではないので、逆転合格が難しいというのは既に述べた通りです。

しかし、全く成績が上がらないのかと言われればそういう訳では無いでしょう。

 

リターンは少なくとも、リスクを抑えることは出来ます。

自分で考えることができない人が独学をすると最悪の場合は凄惨な状況にもなりかねません。

 

以上から、自分で考えられない人は独学には向いていないでしょう。

塾に行くことをおススメします。

 

自分を律して行動できるかどうか

独学だと自堕落の沼にハマることは全然不思議ではありません。

何かと勉強を後回しにして遊んでしまうなんてことは頻繁に起きるかもしれません。

 

独学をしようとしたら、自分を律して色んな誘惑に打ち勝つ必要があります。

 

眠い、遊びたい、今日は休みたい、明日でいいや、こんな考えが毎日頭を巡るかもしれません。

塾があれば、それをきっかけにどこかでスイッチの入れ替えができるかもしれませんが、独学ではどんなに呆けていても止まる事を知りません。

 

自分を律することができない人は迷わず塾に行った方が良いでしょう。

 

補足①:独学と塾の関係~逆転合格に関して~

リスクとリターン

逆転合格に関して、独学と塾の関係をまとめると以下のようになります。

 

・塾:ローリスク、ローリターン
・独学:ハイリスク、ハイリターン

 

自分で考えることができて、自分を律して学習に取り組めるという人が逆転合格を目指すのであれば独学一択です。

 

何が自分に必要で、どうやって学習を進めるのが効率的かを考え、それを実行していけば合格に最短距離なのは言うまでもありません。

 

しかし、自分で考えたことが間違っていれば、一つも成果を出すことなく受験が終了することもあるという意味ではハイリターンとも言えるでしょう。

 

一方で、塾は独学ほどのハイリターンは期待できませんが、独学ほどのリスクもありません。

最低限の成果は期待できる事の方が多いでしょう。

 

慶應受験は寧ろ塾無しの独学がおススメという話⇩

www.bakademoko.com

 

補足②:独学と塾の関係~私立文系受験に関して~

塾無しを推奨したいのが本音

僕はこの記事で、塾の必要性について触れてきましたが、塾に行かなければ受験に合格できないと言うつもりはありません。

 

自分で考えられなかったり、自分を律することができない人は塾に行くべきだと思いますが、とりわけ私立文系なんて塾無しでも合格は簡単です。

 

塾に行くなんかよりも独学の方が明らかに簡単に合格できます。

むしろ塾無しを推奨したいというのが本音です。

 

ただ、それは僕が考える勉強法を実行できてこそです。

自堕落で自分を律することができない人は、勉強法どうこうの土俵にいません。

そのため、その類の人は塾に行く必要があるとさせて頂きました。

 

私立文系志望で、超近道で受かりたい人はこちらをご覧ください⇩

 

www.bakademoko.com

さいごに

自分とよく相談

さて、自分が塾に行くべきタイプかどうかは分かりましたでしょうか?

ここまで読んで頂いたらお分かりと思いますが、塾の必要性の有無は本当に人によって異なります。

 

必要な人には必要だし、そうでない人も多くいます。

なので一概に塾の必要性を説くことは難しいんです。(逆も然り)

 

自分の性格などを鑑みて、塾に行くべきか決めて下さい。

 

また、中には塾に行くべきタイプだけど逆転合格を目指してるという人もいるかもしれません。

塾は逆転合格には不向きですので悩ましい所だと思います。

 

こうなると出来ることは、自分を変えて逆転合格を目指すか、自分を変えずに志望校を落とすかのどちらかになるでしょう。

 

いずれにしても、塾に行くかどうかは恐らくあなたの受験合否に良くも悪くも影響を与えます。

良く考えた上でご判断下さい。

 

⇩独学にマストなスケジュールの立て方に関してはこちら⇩

www.bakademoko.com