バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

K.O diary

学校や予備校では教えてくれない私立文系の受験勉強法

-慶應行きたいならこれ!!-

【チート】marchは国語捨てるゲー!逆転合格したければ国語を捨てる勇気を持ってみ?

国語を捨てればMARCHは楽勝

f:id:kkeeiioo:20210906040508p:plain


「いやー、なんとかマーチ受かりてぇな」と思っているけど現状芳しくない皆さん!

 

逆転合格したければ国語捨てちゃってください。時間の無駄です。

 

そもそもmarchは国語の勉強なしでも合格可能です。

古文のない青学の全学部の法も受かりましたし、古文ありの明治の経営を国語の勉強無しで合格しました。

 

僕は国語なんて勉強したことが無いので、古文も漢文もさっぱりわかりません。現代文も日常的な読み書きができるくらいのレベルです。

 

では何故合格できたかというと、英語と社会で稼いだからです。

 

・英検3級レベル

・知識0の世界史

 

から3か月でmarch合格レベルまで到達しました。

ちなみに本番では明治も青学も95%得点の上で合格しています。

 

早稲田の政経に同様の作戦を取ることは難しいかもしれませんが、marchであれば英社特化戦略で受かります。

 

と言われても、まだ信用できない部分もあると思うので根拠や英社の勉強法も含めて説明していきます。

 

覚えておいてください。

国語を捨てればマーチなんて簡単だ!!

 

ちなみに進学先は慶應法学部です。

marchにおける英社特化戦略の延長線上に慶應があります。

あなたに残された時間が3~6か月あるのであればmarchと言わず慶應も合格圏に入るはずです。

参考→慶應 対策 カテゴリーの記事一覧 - K.O diary

 

 

配点比率と国語の重要性

得点比率~3科目で計7割取れればいい作戦

例えば明治大学経営学部で考えてみましょう。

 

2015~2020で合格最低得点率は60~68%となっています。

もしも少し高まる事があっても70%も取れば安全圏で受かると思っていいでしょう。

 

そして配点比率は英語:国語:社会=150 : 100 : 100です。

この中で7割取るにはどうすればよいかってことを考えるのがポイントになってきます。

 

つまり、この三科目の中で何を重点的に勉強するのが最も効率的なのかって話になってきます。

国語の重要性

英語、社会、国語で考えていきましょう。

 

英語ってのは間違いなく勉強しないといけませんね。

何故かというと配点が大きいからです。英語が爆死した途端に他科目への負担が激増します。逆に言えば英語がめっちゃ点取れると一気に有利な展開へと運べます。

このように英語は勉強すべきです。

 

次に社会です。

社会ってのはやればやるだけ点が伸びていきます。努力が反映されやすい最たる例と言えるでしょう。一方、勉強しないと全く何も解けない科目でもあるので、捨てずにちゃんと勉強すべきでしょう。

 

最後に国語です。

国語には現代文がありますよね。現代文って別に何もしなくても少しは分かるじゃないですか。歯が立たないとかってことは絶対にないと思うんですね。古文だってやってなくても選択肢なら3問に1問くらいは合ったりすると思います。

基本マーク形式ですし、何も勉強しなくても現実的に4割くらいは合計で狙えると思うんです。

 

英語と社会合わせて75%位取れれば国語なんてやらんでも合格点を超える事になります。

国語の4割を7割にしようとするよりも、英語と社会に絞って75%以上取れるようになる方が遥かに簡単です。

 

となってくると、英社でそんだけ取るのは可能なの?簡単なの?って話になりますよね?

 

なぜmarchは国語なしで受かるのか

marchの難易度

marchの問題というのは標準レベルの問題が基本です。

英語でも社会でもオーソドックスな問題集をやるだけで対応できるレベルになっています。

 

8~9割取るのが難しいっていうような難問は出ません。

どっちかというと基本的なレベルの問題を確実に押さえてますか?ミスしませんか?ということを問う形式です。

 

これが難問だらけだと英社共に時間を要しますが、そうではないので短期間で攻略可能です。

marchレベル到達に必要な期間

スタート地点にもよりますが、偏差値50前後あれば余裕を持って3か月で英社共にそのレベルに持って行くことは可能でしょう。

 

何故かというと、本当に基礎レベルの問題だけ出来れば高得点取れるからです。

しかし、これは国語を捨てて英社に絞って勉強した時に限ります。

 

これから説明していきますが、押さえるべき事項は多くありません。

基本的な問題集をきっちりマスターすれば英社で合格できるレベルに届き、そこに要する期間が3ヶ月ということになります。

 

英社で受かるための各科目勉強法

これから紹介する英社の勉強法は3か月でmarch合格レベルに到達した僕が行っていた勉強法になります。

 

英語:英検3級レベル

社会(世界史):楊貴妃しか知らないレベル。

 

からの勉強開始でしたが成果が出たので、現状が当時の僕よりもマシならもっと早く成果が出ると思います。

 

ちなみに社会は世界史受験でしたが、日本史や政経受験の方でも勉強法自体は同じやり方で行えます。

英語

単語:単語王

文法: 全解説頻出英文法・語法問題1000(大学受験スーパーゼミ)

英文解釈:英文解釈教室(伊藤和夫著)

英語長文:やっておきたいシリーズ、安河内のレベル別問題集など有名なものであれば何でも可

 

基礎事項とも言える単語や文法は、この2冊だけで大丈夫です。

単語王でなくても、ターゲットやシステム英単語などメジャーな単語帳であれば問題ありません。難しくない物で結構なので、それらを仕上げるだけでmarchレベルには十分すぎるくらい対応可能になります。

 

英文解釈も、この一冊で十分です。これ一冊でmarchの文章で正確に読めないという現象は消え失せます。

 

長文は別に読むものは何でも良いので読めるレベルのモノを毎日読む癖をつけて下さい。どこかの過去問を使用しても構いません。可能なら合計で1日1000語読めたら完璧です。

 

それぞれの詳しい勉強法は↓をご覧になってください。

marchなら3か月で解けるようになります。

www.bakademoko.com

 

社会

社会はメジャーな標準レベルの問題集であればそれで十分対応可能です。

 

その問題集だけ完璧にしてください。用語集も一問一答も必要ありません。

問題集を完璧にするほど点数は伸びていきます。

 

標準レベルを逸脱するような分野別のモノや、時代別の特化した問題集は使わないでください。

marchではそのレベルまでは求められていません。

 

具体的な勉強法はこちらからどうぞ。日本史や政経受験であっても、問題集の回し方は参考になると思います。一問一答や用語集が不要な理由も説明しています

www.bakademoko.com

 

効率的な逆転合格のエッセンスは割り切る事

さいごに

受験というのは合計点で合否が決まります。

より効率的に合格を掴むためには取るべきところでしっかり得点し、不要な勉強を減らしていく事です。

 

marchでも同様です。

別に国語の勉強しないと落ちるということではありません。

英社で稼ぐことが出来れば余裕で合格できます。そして、英社を上げる事こそが合格への効率的な取り組みです。

 

この割り切った考えこそが確実に逆転合格をするためのエッセンスと言えるでしょう。