バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

K.O diary

学校や予備校では教えてくれない私立文系の受験勉強法

-慶應行きたいならこれ!!-

marchは甘くない?小中公立でバカ高から慶應行った僕が客観的に解説してみよう

marchは甘くないって本当?実際どうなの?

f:id:kkeeiioo:20210906072930p:plain

「最低でもmarchには行きたい」こんな風に言う受験生は結構います。

それは学力的に十分な人から不十分な人まで様々です。

 

この見解が正しいのかをお話しするのが今回のテーマにはなるんですが、一旦事実として認めないといけないのは「最低ランク=march」と考える人が多いということです。

 

これは実は難しい問題なんです。

どこを母集団に考えるかで大きく差が出るからです。

 

そこで僕の出番でしょう。

ぼくはmarch=天才みたいな高校に通っていました。そこから慶應法学部へ進学するのですが、慶應では出身高校とは天と地ほど考え方が違うんで進すね。やっぱり進学校出身が多いので。

 

なので、頭の良い母集団とそうでない母集団の二つを経験しているのが僕という人間です。

なので、marchが実際甘くないのかどうかを以下の観点から述べたいと思います。

 

本記事ではこの角度から見ていくよ!

・大多数の世間の見解

・学力的に優秀な層の見解

・アホ高から慶應法に進学した僕の見解

 

 

世間大多数の見解

marchが甘いはずは無い

世間の大多数からすれば甘いはずがありませんね。

marchというのは全国の上位10%に入る学力です。

 

もしもあなたが公立小学校や公立中学校出身であれば、受験が終わったら答え合わせしてみるといいですよ。

大半の人がmarchに行きました!なんて答えられる人はほとんどいないはずです。その時になれば、marchって甘くないんだなというのが分かると思います。

 

さらに僕の場合、小中だけでなく高校でもmarchなんて殆どいませんでした。生徒だけでなく、教師にもmarchなんて数えられるくらいしかいませんでした。

学年トップの一握りが良く学校という認識で天才・秀才の部類に入ります。そして、学校全体でもそのように教えられていました。

 

小中高大でmarchを舐めて掛かれる人が多数を占めていたのは大学時代だけです。

marchに行くというのは、世間一般の目線からすると簡単な事ではありません。

 

学力的に優秀な層に多い見解

marchはギリ許容

※学力的に優秀な層と見出しにありますが僕は慶應の友達が多いので、ここからは慶應に多い見解と思ってください。(慶應が優秀かは賛否両論あると思いますが甘めに見てもらえると助かります)

 

marchがほとんどいない環境で過ごした高校時代とは打って変わって、慶應ではだいぶ認識が違います。

 

慶應大学には進学校出身者が多いです。

特に東京や東京近郊から来ている人の高校は聞いたことがある学校ばかりです。超進学校から国立落ちてくるような人も一定数います。

たまーに僕と同様に、marchに受かるのが稀な無名校出身者もいますが圧倒的少数です。

 

旧帝とかとなると更にこの傾向は強いかもしれません。

 

そのような環境ではやはり世間の大多数とは価値観がズレてきます。

頭の良い高校で育って、それと同じような価値観を持つ人が大学に集まるので明らかに”優秀の基準”は違います。そして彼らは恐らく家族にも高学歴が多いのでしょう。

 

慶應大学に多い見解としては、早慶が普通、旧帝や一橋・東工大は優秀といったところです。

そしてmarchはギリ許容みたいな認識な人が多いです。少なくとも世間と同じ目線でmarchは甘くない、優秀だと言える人は少ないないでしょう。

  

きっと「marchは最低限」という人たちは恐らく家でも、高校でもこのような環境なのだと思います。

優秀の基準、最低限の基準が世間よりもだいぶ高い所にある事は大学で強く実感できました。

 

アホ高出身から慶應法学部に進学した僕の見解

甘くはない

ここまで僕の育った環境から、優秀な母集団とそうでない母集団による見解の違いを説明してきました。

 

で、両者を知る僕的な見解ですね。

 

正直、marchは簡単に言うほど甘くは無いと思ってます。

 

やっぱり大学進学以降で小中の友達に会ってもmarch以上って多くは無いし、勿論高校でもmarch行けた人なんてほとんどいない。

自分の身の回りの環境だけが全てではないけど、上位10%って数字もあながち間違っていないという気はしています。

 

marchが最低限というのはやっぱり偏差値高い高校に通っている人の貴族的な発想に近いんだと思います。

偏差値が高くない高校の人には決して当てはまる事のない考え方です。

 

ですが、だからと言って受からないとか才能が大事だとかそんな風にも思いません。

僕の高校では三次募集くらいまであって、生徒欲しさに下位層から根こそぎ合格させるような仕組みと教師も言っていました。その程度の学校に集まる生徒なんて勉強の才能が無い人だらけです。

 

それでも受かる事もあるんです。僕自身その三次募集で受かったたいぷですが、やり方さえ間違えなければ受かると受験を通じて確信しました。

 

才能の世界というほどでもなく勉強ちゃんとしたかどうか、この違いしかないと思います。

本気でやって受からないことは絶対にないなと思えるくらいのレベルです。

 

甘くはないけど頑張ってみたら?

さいごに

如何でしたか?

今あなたがmarchに対してどう思っているかは分かりません。あなたの高校の偏差値も今のところ知りません。

 

でも、もしmarch受けても合格するのが厳しいかもと思うような状況なら是非頑張ってみて欲しいです。

確かに簡単に言うほど甘くはないかもしれません。でも、marchは100%才能関係ない、やれば絶対に受かるランクです。

 

きっと合格すれば今僕が言っている意味が分かるでしょう。

 

※3か月でMARCHに合格する作戦はこちら

www.bakademoko.com

 

※私立文系全般への逆転合格計画はこちら↓

www.bakademoko.com