バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

K.O diary

学校や予備校では教えてくれない私立文系の受験勉強法

-慶應行きたいならこれ!!-

【私立文系】世界史・日本史は塾なし独学?それとも行くべき?判断基準は試験との相性

受験生の中には「日本史や世界史などの社会科目って塾行った方が良いの?塾なしで独学でも大丈夫なの?」と迷われている人もいるかもしれません。

 

塾に行くメリット・デメリット、独学によるメリット・デメリットそれぞれあると思います。

どちらが良いと一概に断定することは難しいです。

 

これは国立志望か私立志望かでも変わるかもしれません。

僕は国立を受験したことが無いのですが、早慶であろうと私立の受験においては独学で十分、いや独学が寧ろ望ましいというのが僕の結論です。

 

1つ注意してほしいのですが、これは塾自体の良し悪しではありません。

塾での学習が私立の世界史・日本史には相性が悪く不向きだというだけです。

 

僕は楊貴妃という1つの用語しか知らずに独学で勉強を開始しましたが、あっという間に偏差値70を超え、慶應法学部でも8割程度は取れるようになりました。

なので、独学が私立の受験に効果的であることは身を以て感じています。

 

一方で、勉強開始から1ヵ月だけですが予備校の授業にも出ていたので塾でどんな授業が展開されているかも分かります。

 

その上で、私立の歴史科目には独学の方が望ましいという結論です。

 

今回の記事では、私立の歴史科目の特徴や塾の授業と独学での学習の性質などを踏まえながら何故私立の受験には独学の方が相性良く効果的なのかを説明します。

 

この記事に関して

・日本史・世界史のために塾に通うか迷っている私立文系志望の受験生へ
・私立の歴史科目には、独学が合っている根拠が分かる

 

 

私立の世界史・日本史

結局知っているかどうかの勝負

まず塾と独学のどちらが私立受験に効果的かを判断する上では、私立の日本史・世界史がどんな問題になっているか大枠を理解する必要がありますね。

 

私立では結局覚えているかどうかの勝負です。

知識量=得点、になると考えてくれて大丈夫です。

 

覚えた者勝ちな側面があまりに大き過ぎます。

いかに要領良く、速く多くを頭に入れていけるかが私立の歴史対策の基本になります。

 

僕は全くの0から世界史を始めてあっという間に河合塾全統記述模試で偏差値70を超えましたし、最終的には慶應法学部でも8割程度は難なく取れるレベルではありました。

 

しかし、各出来事の因果関係や背景はおろか、大まかな流れすら説明できませんでした。

ある用語に対して、年号などその用語に関するキーワードをバーッと紐づけて覚えているだけだったので自分の言葉で説明するどころかちゃんと理解すらしていませんでした。

 

そんな中で出来る事としては頭に入っているピース(知識)を拾って何となく流れを拙く繋げる程度のモノです。

 

頭に入っている知識の量は多いので知識系で得点を荒稼ぎし、他の人が落とすような問題も拾えたりするので偏差値や私立入試での得点は高かったですが、その数字以上に世界史に対する理解は疎いものでした。

 

物語やストーリーとしての理解は皆無、というか意識したことすらありません。

 

慶應経済は論述ですが頭に入った知識を繋ぎ合わせれば乗り切れてしまうのが実情で、殆どすべての私立入試では顕著に知識こそ最強の武器です。

これはマーチも上智も、早慶でも同じことが言えます。

 

これで乗り切れてしまうのが私立の歴史試験なのです。

 

⇩私立入試は用語を重要キーワードと紐付けるだけで簡単に解けます⇩

www.bakademoko.com

 

塾での授業と私立受験の相性について

塾では流れや繋がりの体系的理解を得やすい

塾で展開される授業では、体系的な理解を得やすい内容になっています。

歴史とは色々な出来事が絡み合っていくものですが、その辺りを分かりやすく説明してくれます。

 

どこで何が起きて、その出来事が○○に影響を与えた結果何が起きた。

このような入り組んだ流れを分かりやすく説明してくれるので、理解の促進には非常に有効です。

これが本来あるべき歴史の姿だと思います。。。

 

しかし、これを独学で学ぼうとするのは難しい部分があります。

例えば教科書や参考書を読んで、もしくは問題集を解いていく中で自分で整理しなければいけません。

 

自分でやるよりも、塾の先生に説明してもらう方が効率的に理解を深めることができるでしょう。

 

大局的な見方をしたうえで、それぞれの背景や因果、結果を流れに沿って分かりやす鵜説明してくれるという点で塾は大きな価値を持っています。

 

私立受験に直結する授業はされない

歴史を大局的な視点から体系的に学ぶことができたとしても、残念ながら私立の歴史の試験での活躍は見込めません。

 

塾の授業では丁寧に体系的な理解を促進する作用がある一方で、私立の試験で得点するための効率的な授業を行ってはくれない点で私立受験との相性は良くないでしょう。

 

先ほど説明した通り、私立は覚えたもの勝ちです。

理解がどうこうではないんです。

 

もちろん標準的な知識は日頃の授業の中でも出てきます。

ただ、それは体系的な理解を目指した授業の中に出てくるわけなので、ピンポイントで覚えるべきものだけを覚えるという方法は採用できません。

 

これは、効率良く速く多くを覚えるほど攻略しやすくなる私立の歴史対策としてはあまりに相性が悪いです。

 

また、私立の歴史では標準的な知識以外にも言ってしまえばニッチな知識も問われます。

時にそれは「こんなの聞いたこともねえよ」とすら思う悪問だったりします。

 

このような知識には塾の授業では対応しきれません。

体系的に説明してくれることの裏返しではありますが、そこまでカバーするカリキュラムになっていません。

 

私立の歴史試験を攻略するための要素を塾の授業では持ち併せていないということになります。

 

独学学習と私立受験の相性

得点に直結する作業にフルコミットできる

私立の歴史科目では、とにかく覚えた者勝ちな側面が強いです。

詳しい解説や出来事の流れなどを理解する必要はありません。

 

これらを踏まえると独学と私立の歴史科目との相性は非常に良いです。

 

独学で勉強をするなら多くの知識を身に着ける事だけにフルコミットできます。

 

塾で先生の講義を聞いている時間、ノートを取っている時間、体系的な理解をしようとしている時間、その復習している時間。

これら無駄に体系的な理解を求める事になる全ての時間を使って、1つでも多くの知識を得るほうが遥かに有意義です。

 

少しでも多くの知識を得て、少しでも問題を解いて、その復習をして知識の補充をすることだけのために時間を使うことができます。

超知識特化型である私立の歴史科目にドンピシャな勉強をできるところが独学の良い所でしょう。

 

塾のような体系的な理解を目指す故に避けられない回り道をすることなく、得点に直結することだけに集中できる点で、私立受験と独学の相性は良いといえます。

 

誰かに教わる必要なく一人でも出来てしまう

私立の歴史は「知識量=得点」です。

知識量は多ければ多いほど有利になります。

 

そして、私立の歴史試験において最大の攻略法はとにかく問題集と過去問を徹底的にやることです。

これだけで早慶でもお釣りが来るでしょう。

※ここでの過去問は志望校のだけでなく、志望校以外の過去問も問題集代わりとして使うという意味です。

 

理解することも考えることも不要です。

なので解きまくって覚える・出題パターンに慣れるだけで良いので塾のように先生から何かを解説してもらう必要はありません。

とにかく徹底的に繰り返して完璧に頭に入れるだけです。

 

そして、塾に通っていてはこの問題集と過去問を徹底的にやりこむ作業の妨げになります。

先ほどお伝えしたように独学と私立歴史科目との相性があってこそ、この戦略を取ることが可能になります。

 

仮に問題集と過去問を徹底的にやりこむことが有効だとしても、自分の力だけで効果的な独学学習が出来るのか不安に感じる人がいるかもしれません。

 

「自分で独学のやり方を考えるなんて難しいのでは」と少しでも思ってしまったあなた。

安心してください。

独学のやり方も勿論お伝えします。

 

問題集や過去問の具体的な使い方は以下に貼っておきますので、必要があればご覧になってください。

 

⇩問題集の使い方はこちらから⇩

www.bakademoko.com

 

⇩過去問の使い方はこちらから⇩

(日本史でも使えます)

www.bakademoko.com

 

結論:私立受験では塾なし独学>塾での学習

塾での学習は私立受験のゴールにミスマッチ

結論としては、私立受験においては独学>>塾になります。

ここまでご覧頂いてお分かりの通り、塾での学習は私立の歴史試験にミスマッチです。

 

とにかく知識の追求が求められる私立の歴史。

大局的な見地から体系的に歴史への理解を深めようとする塾での学習。

 

私立の歴史科目と塾の授業で行われる内容とでは求められるものが真逆です。

 

仮に塾で体系的な理解を得ても、それが私立の試験で役には立ちません。

そして、そこで体系的な理解を求める授業がされるために、私立歴史科目で本当に必要な勉強が出来なくなります。

塾での学習が全面的に悪いとかって話ではなく、少なくとも私立の歴史においては向いていません。

 

一方で、独学であれば私立の試験に合わせて知識に特化した学習ができます。

無駄な時間を省いてひたすら知識の吸収に時間を費やすことが可能です。

しかも、それは誰かの力を借りずとも問題集と過去問さえ用意すれば自分の力で出来るものです。

 

どちらの方が、私立入試攻略において効率的なのかは一目瞭然でしょう。

 

 

塾に行く場合の注意点

ここまで塾よりも独学の方が良いよという話をしてきましたが、それでも塾に行きたいという人もいると思います。

 

やっぱり自分で出来る自信がないとか、塾に行く方が安心だとか。

事情は人それぞれですし、それらの意見は尊重されるべきだと思います。

 

ただ、塾で日本史・世界史を学ぶ際には注意するべきことがあります。

塾の授業だけに終始してはいけないということです。

 

これまでの説明通り、塾では体系的な理解をする側面が強いです。

知識をガツガツ吸収していくべき私立の対策とは異なります。

 

なので、塾の授業を聞いて、体系的な理解を復習だけしていても私立の試験で高得点を連発できる状態になる訳ではありません。

 

なので塾の学習と並行して、問題集は解くようにしてください。

僕の周りでも塾の授業を受けて慶應法や早稲田政経など私立トップに合格する人はいましたが、塾での授業にプラスして問題集には取り組んでいました。

 

問題集を解くことに寄る分には構いませんが、塾での学習に傾倒しすぎるのは少々危険です。

この点だけは塾に行くにしても覚えておいてください。

さいごに

時間を掛けたくない人ほど独学で

あなたが受験勉強をするのは志望校に合格するためのはずです。

常に合格する為に何が必要か考えるようにしましょう。

 

となると、私立を受験する以上は世界史・日本史は独学が良いでしょう。

塾の授業を受けて、必要もないのに理解を深めることはありません。

 

独学であれば効果的に得点を伸ばすための的を射た勉強ができます。

また、的を射た学習ができるってことは必然的に仕上がりも早くなりますよね。

 

他の科目の勉強もしなければいけなかったりすると思いますし、少なくとも手っ取り早く早慶合格水準に持って行くなら独学を選択することをお勧めします。

目的(志望校合格)に適った手段を選んでください。