バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

K.O diary

学校や予備校では教えてくれない私立文系の受験勉強法

-慶應行きたいならこれ!!-

浪人は伸びないなんて都市伝説に振り回されちゃダメ!浪人だってちゃんと伸びるんです!

浪人生が伸びないなんて嘘に決まってる

f:id:kkeeiioo:20210906161946p:plain

 

よく巷では浪人生は伸びないなんて言われています。

これは間違った表現です。言い方に問題があります。

 

伸びない浪人生が多い、が正しい表現です。

浪人生がみんな伸びない訳ではありません。

 

2:6:2と言って、成績伸びる:変わらない:下がるとされているので20%は成績が伸びる事になります。これは僕の実体験に照らし合わせても概ね正しいです。

 

でも成績が伸びないのは浪人生だからじゃなくて、その人の取り組み方や勉強法だから伸びてないだけです。

 

僕は浪人だけど成績は伸びました。

skinをハゲと訳していたのに、世界史なんて何も知らなかったのに2か月で慶應法A判定で結果的にも慶應法へ合格しました。

 

浪人生の皆さん都市伝説級の話に振り回されないでください。

伸びる人は何事もなく伸びます。

 

伸びる伸びないは「浪人か否か」じゃなくて、その人次第です。

今回は、成績の伸びに浪人は関係ないってことと、浪人した僕が伸びた要因について解説します。

成績を伸ばしたい浪人生は参考にしてみて下さい。

 

 

【前提】成績の伸びに浪人は関係ない

伸びる奴は伸びるし、伸びない奴は伸びない

成績が伸びる、伸びないに「浪人だから」というのは関係ありません。

浪人は別に成績の上下に対して何か特別な力を持つわけじゃないです。

 

もしも「浪人だから」が成績の上下を左右させるなら、伸びる人と伸びない人にわかれることはありません。

 

浪人だからみんな伸びるOR浪人だからみんな伸びない、のどちらかに限定されるはずです。

しかし現実は違います。

 

浪人でも伸びる人もいれば伸びない人もいる。

結局のところ、個人レベルでどんな意識を持ってるか、どんな取り組み方をしたか次第ってことです。

 

「浪人だから」と言う考えに縛られるのは止めましょう。

じゃあこっからは僕が浪人時代に成績を伸ばせた要因を探っていきます。

 

浪人で成績を伸ばせた要因

浪人の1年間過ごせば伸びるという盲信的な考えを捨てた

浪人生が持ちがちな考え方として、浪人すれば成績上がるんじゃないかという幻想があります。

大半が伸びない事実は知っていると思うのですが、自分だけは違うとか何だかんだで伸びるだろうと甘く考えるんでしょうね。

 

でも、先ほどの通り浪人で1年間過ごせば成績が上がるなんてことはありえません。

浪人した人の中で正しい取り組み方や考え方で勉強した人のみ成績は上がります。

 

浪人=オートで成績伸びるみたいな悪い幻想に取りつかれていると勉強に真摯に取り組むことはできず成績も伸びないでしょう。

心どこかで成績がいつか伸びるはずという甘えがあるからです。

 

自分は成績伸びる側に入れると考えるんじゃなく、自分も成績伸びない側に入るかもしれないと危機感を持って勉強しましょう。

 

時間を当てにする考えは持たなかった

これも浪人生あるあるでしょう。

時間が多く取れてたくさん勉強すれば成績が上がると。

 

この時間に支配された考え方の人はまず伸びないか、伸びが遅いでしょう

幾ら時間を掛けようと、時間依存な考えや取り組み方をしていては成績は伸びません。

 

12時間勉強しようと密度0.1しかないなら無駄な時間を過ごしまくっているのと同じです。それなら1時間で密度5を目指す方が遥かに賢いでしょう。

 

時間を当てにした勉強が如何に無意味か、そしてそこから抜け出すにはどうするか知りたいという方はこちらをご覧ください。

www.bakademoko.com

 

結果にストイックになった

結果というのは入試の結果だけを指している訳ではありません。

 

模試や過去問、問題集の解き直しで結果にはこだわりました。

目の前の結果に本気になれない人が入試で結果を残せるとは思えなかったからです。

 

一つ一つに対して本気で結果を追い求めれば嫌でも取り組み方に反映されます。

小さな山に登るのか富士山に登るのか、同じ一歩を踏み出すのでも覚悟も準備も変わってくるのは火を見るよりも明らかです。

 

常に目の前の結果に今できる最上の結果を求め続ける。

それが日頃の勉強にも反映され、費やした期間の分だけ意識低くやってる人との差となって現れます。

 

目的のない日々を過ごさなかった

目的のない日々というのは、何となく勉強する日々の事を指しています。

 

誰かに言われたからとか、とりあえずこの勉強しようという考えは一切持ちませんでした。一つ一つの勉強に意味を見出し本当に自分の成績に直結することだけをやっていました。

 

何となく目的も無くする勉強は自己満足に過ぎません。

勉強しているという実感だけを得て、成績を伸ばすために何かを身に着けられる事とは別問題です。

 

しかし多くの受験生はこれに気付いてはいません。

予備校で言われたことを盲目的にやり、浅はかな根拠に基づいて自分の勉強を信じている。だからいつまで経っても成績が伸びないんです。

 

結果の出ない勉強はしていないことと同じです。

結果を出すには結果の出る勉強が必要で、その目的を果たすような日々を送らなければいけません。

 

効率的な勉強法を志望校の合格者に聞きながら自分なりに模索した

予備校で教わるような勉強法、ネットで載っているような勉強法など世の中には勉強法が沢山あります。

 

どれか一つが絶対的な正解であってくれれば非常に有難いのですが、その絶対的な正解はこの発達した世の中でも見つけることは困難です。

 

一つ言えるのは、ありふれた勉強法は正解の一つではあっても超絶効果を期待できる特効薬にはならないということです。

ありふれているということは多くの人が実践しているはずです。多くの人が実践していて、それが特効薬に成り得るなら多くの人が結果を出せているはずでしょう。

 

そうではないとすれば、実践の仕方に問題があるOR勉強法が超効果のあるスペシャルなものではないの二択です。

 

実戦の仕方に問題があるパターンは自分で実践してみるまではその事実を確認できません。しかし事実を確認するのに時間を要すれば時間を無駄にするだけというリスクも伴います。

 

そこで僕がしたのは、志望校の慶應法合格者たちに話を聞きまくった事です。

その中で特効薬に成り得そうなものを選んで、他の合格者たちに説明して意見を貰っていました。

そこで他の合格者たちも含めて効果的と判断してもらえたら、それは世間には出回っておらず且つ複数の合格者たちのお墨付きな大きな効果を期待できる勉強法なはずです。

 

なので僕自身ではこれと言って自分で勉強法自体を編み出したわけではありません。

世間に出回っていないけど多くの合格者がお墨付きをくれた特効薬的な勉強法を探しただけです。

 

あとはそれ実行するだけでした。

結果的には功を奏し2か月程度で即結果に出たので当たりだったということです。

 

その僕が実践した英語の勉強法はこちらです

www.bakademoko.com

くだらない都市伝説は覆してやれば良い

さいごに

浪人生が伸びないというのは都市伝説です。

これは僕自身の経験から断言できます。

 

伸びないのは浪人だからじゃありません。浪人生は伸びないなんて言ってるのは浪人したことないか、浪人して伸びなかった人の負け惜しみでしょう。

 

くだらない都市伝説は覆せばいいんです。

浪人生だってちゃんとやれば絶対に伸びます。