バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

K.O diary

学校や予備校では教えてくれない私立文系の受験勉強法

【攻略】志望校合格への決定打!ライバルに差を付ける赤本120%フル活用法を解説!

受験生なら誰しもが手にする赤本。

つまり過去問です。

 

どうせ使うなら、

120%フル活用したくない?

 

大学受験では合格点付近の、

僅か1点差の中にかなりの人がいます。

 

実力は変わらないのに数点の差で、

合否が変わってしまうということです。

 

そして実力が拮抗している状況では、

赤本の使い方が合否の決定打となることも、

大いにあり得ます。

 

であれば可能な限り、

赤本は有効活用するべきですよね?

 

しかし殆どの人が赤本を完璧に使いこなせていません。

 

「あー勿体ない」

そういう使い方が大半です。

 

問題集にも正しい使い方があるように、

赤本にも良い使い方と悪い使い方が存在します。

 

しかしポイントさえ知ってさえいれば、

誰でも120%フル活用することが可能です。

 

そこで今回は赤本の使い方を徹底攻略します。

 

赤本を解く際に意識すること、

解いた後に意識すべき事があるので、

それぞれに分けて解説します。

 

この記事に関して

・赤本を使ってライバルに差をつけたいあなたへ

・どう使えばいいか分かります

筆者について詳しくは⇒こちら

 

赤本を解く際に気を付ける事

制限時間を厳密に守る

赤本は限りなく本番に近い、

実戦練習のようなものです。

 

練習試合とでも言いましょうか。

 

なので制限時間は厳密に守りましょう。

きちんと測った方が良いです。

 

受験本番は緊張などにより、

日頃の赤本演習時よりも、

無駄に時間が掛かることも考えられます。

 

しかし「もうちょい延長」など、

許されることもありません。

 

非情なほどにキッチリと、

制限時間できられます。

 

制限時間内でどれだけ得点できるか。

それが受験というゲームです。

 

より本番に近い環境で日頃から赤本を解く。

そうでなければ意味が有りません。

 

日頃から時間を意識して取り組みましょう。

 

本番同様に1点に拘る

大学受験では合格点付近に、

うじゃうじゃ人が詰まっています。

 

そこはたった数点の差。

 

この人よりもあの人の方が断然頭が良い、

と言えるほどの実力差は無いんでしょう。

 

時の運次第では入れ替わるくらいの、

似たり寄ったりのレベルかもしれない。

 

しかし仮にそうだとしても受験本番で、

合格点に達しているかどうかで合否が変わる。

 

たった1点足りない。

これだけでも不合格には変わりありません。

 

1点差だろうと、

合格点に達していれば合格だし、

足りなければ不合格。

 

たった1点で明暗が分かれます。

 

受験は勝負の世界です。

 

勝つか負けるかだけ。

そこに引き分けはないのです。

 

であれば日頃から赤本を解く際に、

1点でも多く取れるように意識するべき

 

試験時間内のたった1つの判断。

これで得点が変わります。

 

これはあくまで赤本だからと、

1つ1つの判断・解答に妥協を許すべきではありません。

 

普段できていない事を緊張する本番で、

いきなり出来るとは考えるべきではないでしょう。

 

本番で求められる1点への拘り。

これは赤本活用の際から意識しましょう。

 

関連記事

・過去問が模試より圧倒的に信憑性高い理由はこちら⇩

【決着】絶対こっち!模試OR過去問どっちを信用するべきか? - K.O diary

直接書き込まない

後ほど詳しく述べますが、

赤本は何度も繰り返すことが望ましいです。

 

1回解いて終わり。

 

これでは得られる効果は少なくなく、

非常に勿体ないからです。

 

何度も繰り返すという前提であれば、

赤本に直接答えを書き込むのは、

あまりおススメ出来ません。

 

赤本をコピーしてそこに書き込む、

もしくはノートに答えを書くようにしましょう。

 

そのコピーやノートを手元に残しておけば、

後々どこを間違えやすいかなど、

振り返り分析することも可能なので一石二鳥。

 

ただノートに答えを書き込む場合は、

問題文中に何かメモをしたいとき、

赤本に直接書き込むことになると思います。

 

すると繰り返し解く際にそのメモが、

意図せずともカンニング的機能を、

果たすことになってしまうかもしれません。

 

なので可能であればコピーが望ましいです。

 

それが叶わないなら赤本へのメモ書きは、

薄く書いて解き終えた後に、

消せるようにしておきましょう。

 

要するに繰り返し解けるように、

過去問を使おうってことですね。

赤本を説いた後に気を付ける事

自分に厳しく復習をする

赤本は解く事よりも復習の方が大切

 

復習は欠かさずに、

必ず行うようにしてください。

 

復習にどれだけ力を入れられるかで、

同じ赤本を使っていても大きな差が付きます。

 

そして復習の際は自分に厳しくするようにしましょう。

 

  • ケアレスミスに甘くならない
  • 勘で正答した問題は誤答として振り返る

 

ケアレスミスとは、

自分の実力であれば、

本来正答出来たはずの問題です。

 

そうなると甘く捉えがちになってしまいます。

 

「本当は出来てたんだけどな」

「これは分かってたから大丈夫でしょ」

みたいな感じですね。

 

ただ先ほどもお伝えしたように、

受験はたった数点でも順位が大きく動きます。

 

ボーダーにいればいるほど、

その数点が生死を分ける。

 

ケアレスミスであろうと誤答は誤答です。

 

もっと言えば、

ケアレスミスをすることも含めて実力です。

 

ケアレスミスで不合格になっても、

不合格には変わりありません。

 

ケアレスミスなければ受かってた」

こんなのは言い訳にならない。

 

受験は点数のみの結果の世界。

自分に厳しくケアレスミスに対処しましょう。

 

また勘で正答してしまった問題は、

誤答扱いにして復習しましょう。

(点数としては勿論正答扱いで大丈夫)

 

勘で正答ということは解答時に、

絶対の自信がなかったということ。

 

であれば次に同じような問題が出た時に、

再度正答出来るかは分からないですよね?

 

折角復習をするわけですから、

前回は勘で正答だとしても、

次同じ類の問題が出た時は確実に、

根拠を持って正答出来るように準備しておくべきです。

 

この作業を徹底するだけでも、

受験本番いざという時に身を守ってくれる率が上がります。

 

一見すると些細な事に感じるかもしれません。

でも備えあれば憂いなしです。

 

そこを怠るかどうかで、

合否が変わりますからね。

 

関連記事

ケアレスミスを撲滅する方法はこちら⇩

は?何回やってんの?ケアレスミスを撲滅せよ

間違えた原因は徹底追及し必ず咀嚼する

問題を間違える時には、

必ず原因があります。

 

これは絶対です。

 

偶然正答することはあれど、

間違いは常に必然なんです。

 

必ず何かしらも原因がある。

 

だから何故間違えたのか原因を探り、

そして心底納得することが大切。

 

間違えた原因や正答への正しい思考プロセス。

これ自分の言葉で具体化できるようにする。

 

それが知識不足によるものであれば、

まずはその知識を頭に入れるしかありません。

 

知識系は出来るだけその場で、

覚えるように心掛けるのが得策です。

 

赤本を解いた直後であれば、

問題を解いていて分からなかった、

という自覚があると思います。

 

それがトリガーとなって、

記憶に残りやすい状態になっています。

 

だからそのタイミングで、

可能な限り入れちゃうほうがいい。

 

鉄は熱いうちに打つってことです。

 

とはいえ必ず覚えられるわけではありません。

 

あくまで記憶に残りやすいだけで、

人は忘れるものですから。

 

なので併せてノートなどに書きまとめて、

毎日のto doとして覚えていくのが良いでしょう。

 

そして知識不足ではなく思考プロセスに、

誤答の原因があった際はじっくり解説を読みましょう。

 

解説読んで終わりにしてはいけません。

 

解説を読んだら改めて間違えた問題を、

自分で思考して見直すと効果的です。

 

解説の解答根拠を問題に当てはめながら、

自分で改めて思考する。

 

そうすることで解説で書かれている、

解き方・思考の仕方を体で覚えて、

身に付けやすくなります。

 

そしてそれを自分の言葉に置き換えて、

具体化出来るようになれば完璧です。

※追加後スグにあなたのラインにPDFが届きます!

どうしたら時間内に得点を最大化できたか振り返る

入試は時間内でどれだけ効率良く、

得点を伸ばせるかを競います。

 

なので決められた時間を、

上手に使う意識が必要です。

 

意識することは大きく2つです。

 

制限時間内に得点を最大化する為に考える事

・大問ごとの解く順番
・時間を掛けるべき問題とそうでない問題の判別

基本的に入試は、

幾つかの大問から構成されます。

 

そしてそれぞれの大問には難易度や、

自分の得意不得意があると思います。

 

大問の難易度と自分の得意不得意を把握して、

どのような順番(+時間配分)で解き進めると、

得点を最大化できるのか。

 

これを考えましょう。

 

また大問という大きな括りだけでなく、

各設問にも時間を掛けるべきものと、

そうでないものがあります。

 

例えば受験生の1%未満しか正答出来ない問題。

 

これは解きに飛ばしてしまった方が、

考え込んで時間を掛けるより得策な時もある。

 

受験は総合点勝負ですよね。

 

難易度の高い問題に正答したから、

合格できるって訳じゃないです。

 

必要な所で点数を稼いで、

合格点に達していればいい。

 

意味不明な難易度の問題に時間を割くなら、

他の問題に時間を掛けて少しでも、

全体の得点率を上げるほうが合格には近道

 

ただここには面倒なことがあります。

 

この様な判断を問題を解く中で、

即座に行わないといけないということです。

 

時間を掛けるべきか否か。

これを即座に判断できるように、

日頃から訓練しておかないと難しいでしょう。

 

どういう問題に対しては、

時間を掛けるべき、

もしくは掛けないべきなのか。

 

問題を解きながら、

そして復習の際にも、

そこをしっかり把握しましょう。

 

この考え方がしっかりと身に付けば、

赤本・問題集を解く際にも、

上手く順応できるようになっていきます。

 

出題の意図を汲み取る

過去問には、

その大学・学部の傾向が詰まっています。

 

傾向というのは言い換えれば、

出題者がどんな意図で、

問題を出題しているのかということ。

 

そして出題者の意図というのはマクロ傾向と、

ミクロ傾向とに分けて考えることができます。

 

マクロ傾向というのは、

大問に応じた全体としての傾向

 

ザックリ言えば思考力を問うのか、

情報処理能力や知識力を問うのか。

 

この辺は分かりやすい例になるでしょう。

(実際にはこんなに綺麗に分かれている訳ではないですが)

 

マクロ傾向を知る事で、

それに応じて日頃の学習で対策できます。

 

知識を問う問題が多いのであれば、

それを補う学習をすることが効果的。

 

日頃から志望校のマクロ傾向を意識して、

対策すると得点を効果的に伸ばせます。

 

ミクロ傾向とは1つ1つの問題の中で、

その大学が良く用いる手法になります。

 

このパターンを使って、

受験生を引っ掛けさせることが多い。

みたいなことです。

 

その手法というのは、

受験生を振るいに掛けに来ている事と同義。

 

受験生を差別化する為に施してくる、

”トラップ”のような認識でいいでしょう。

 

初見でマジックの仕掛けを見破る事は難しくても、

タネを知れば簡単に見破れますよね?

 

感覚としては同じです。

 

相手の手の内を把握していれば

「これで引っ掛けに来ているな」と、

見破る事が出来るようになります。

 

他の人が失点しやすい問題も、

自信を持って高い確率で、

正答に結びつけることが出来るはずです。

 

志望校がどんなことを求めているのか。

どんな手法で受験生を振るいに掛けたいのか。

 

こういうことを分析するようにしましょう。

 

その分析と対策の差が学力以上に、

点数となって現れます。

 

自分と志望校の距離感を把握し、その後の対策を立てる

赤本では自分と志望校の距離を、

ハッキリと掴むことが出来ます。

 

志望校の受験層は基本一定です。

 

合格最低点を超えているかどうか。

そこと比較すれば自分の立ち位置が分かる。

 

これはイコールで自分と志望校の距離。

 

合格最低点と比べて自分が、

どの辺りにいるかという見方です。

 

距離が分かったら、

何をしたら埋まるのかを考えましょう。

 

これをやっていけば距離が埋まる。

足りない点数はこうやったら埋まる。

 

そういう分析をしてその後に活かす。

 

過去問の得失点を細かく分析すると、

やるべきことが明確になると思います。

 

失点分野は自分の苦手なゾーンです。

 

その失点割合が大きいゾーンから、

優先的に対策を講じると良いでしょう。

 

伸ばせる幅が大きい分だけ、

少しやるだけでも点数になりやすいから。

 

ただ注意して欲しいことがあります。

 

志望校合格に必要な根本的な学力が、

大きく欠如している場合は、

その限りではないってこと。

 

全て分からないことだらけ。

解説読んでも何も分からない。

 

それくらい基礎が抜けている。

 

得意不得意なども把握できないくらい、

そもそもベースがない。

 

そういう場合はまずちゃんと、

ベースとなる学力を高めましょう。

 

これだと折角赤本を解いても、

空回りになってしまいます。

 

関連記事

・過去問で歯が立たない・合格点に届かない時の対処法はこちら⇩

【焦らん?】過去問で合格点に届かない!歯が立たない時の原因と対処法

高い水準で安定するまで繰り返す

受験は一発勝負です。

 

なので点数は高い水準で、

安定させる必要があります。

 

仮に出来不出来の上下が大きいと、

出たとこ勝負になってしまいます。

 

年によっては受かるかもしれないし、

落ちるかもしれないということです。

 

出来が不安定だと、

たまたま苦手な問題が重なった年では、

簡単に不合格になる訳です。

 

そうならないよう100回受けて100回受かる、

それくらいの水準で安定させたい。

 

その高い水準での安定を築くには、

繰り返し解くことが重要です。

 

繰り返し解くメリット

・繰り返す解くことで再現性が増す
・それまで気付かなかった効率的な解答手法に気付く

まず、繰り返すことによって再現性が高まります。

 

問題の解答に必要な思考プロセス。

これを確実に身に着ける。

 

同種の問題が試験で出題された際に、

簡単に正答出来るようになります。

 

この再現性は100%を目指すべきです。

 

一度やった問題は次やった時に必ず正答出来る。

そうでなければ再現性があるとは言えません。

 

そして繰り返すことにより初めは気付けなかった、

効率的な解答手法に出会う可能性が高まります。

 

いくら過去問分析をしても、

数年分を1回解いたくらいでは、

十分な分析が出来ていないこともあります。

 

しかし繰り返し解いていると、

「あれ、これはこうした方が効率良くね?」と、

ヒラメキのような気付きがある

 

1回では気付けない事も、

何回かやっていると気付くことがある。

 

これは過去問に限らずとも、

問題集でも同じかもしれませんね。

 

第一志望であれば10年分は解いて、

何回も繰り返すことをおススメします。

 

もちろん残された時間との兼ね合いは、

考慮しないといけませんけどね。

 

さいごに

ライバルに差を付けて蹴落とそう

受験というのは勝負です。

 

勝負ということは、

勝つか負けるかしか存在しません。

 

勝つためには出来る事は全部やる。

 

それも他の人よりも、

徹底的にやる事が重要です。

 

赤本を用いた過去問対策。

これはその顕著な例でしょう。

 

案外上手に過去問対策を行えている人は少ないです。

 

これを機にライバルに差を付けて、

合格できるよう頑張りましょう。

 

1~2か月で誰でも慶應A判定

skin=「ハゲ」から始まった受験勉強。
しかし工夫された勉強法を用いて2か月後に受けた模試で慶應A判定を並べ、慶應法・経済・商に全勝。


僕の勉強法をぜひ「マネ」してみてください!
・1~2ヶ月で一気に偏差値を伸ばしたい
慶應などでA判定を並べてみたい
・今のヤバい状況を抜け出したい
こんな人は下記画像からラインアカウントを追加してください!
ライン追加直後に勉強マニュアルPDFが無料で3つ届きます。

ビリギャル超えちゃった 

skin=「ハゲ」&世界史ゼロで浪人スタート。
「行ける高校が無い」と言われた中学時代、そして早慶なんて無縁な高校出身のため当然偏差値70や慶應合格は夢の世界。

それでも2か月後に受けた模試では慶應A判定がズラリ。慶應法学部の入試では2科目で合格点に到達、経済と商も合格。