バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

K.O diary

学校や予備校では教えてくれない私立文系の受験勉強法

【即効】浪人生なのに・・・勉強したくない!さて、どうする!?

「浪人だし勉強しなきゃ」

「やらないと志望校に行けない」

 

けど・・・したくない。

分かってはいるけど、したくない。

 

分かりますよ、その気持ち。

 

僕も浪人経験があります。

それもskinを「ハゲ」って訳すような、

低次元な所から始まりました。

 

そこから慶應法学部に行きましたが、

比較的優秀であり続けた人達よりは、

勉強したくない気持ちは分かると思います。

 

何故なら・・・

何もかも分からない状態で、

やんなきゃいけなかったから。

 

それにそこそこの浪人生を、

教えてきた経験もあります。

 

やる気にならないタイミングっていうのは、

多くの人が遭遇しているように思います。

 

頭での理解とは裏腹に

ということですね。

 

そういった経験も含めて、

”浪人生なのに勉強したくない現象”について、

お伝えしていきます。

 

過激な策もありますが、

その分この記事を読み終えた後、

どう動けば良いか即ハッキリわかると思います。

 

この記事に関して

・浪人生だけど勉強したくないあなたへ

・今後の動き方が即分かる

筆者について詳しくは⇒こちら

 

 

大前提:したくないならしなくていい

そういう運命だ

まず初めに今回の大前提の共有から。

これだけでも楽になると思います。

 

難しく考えないでください。

自分を責める必要もありません。

 

以下のように考えてみて下さい。

 

そういう運命だった、と割り切る。

全部受け入れてしまう。

 

浪人してるから勉強しなきゃ。

志望校行くために勉強しなきゃ。

 

そんなこと分かってますよね?

 

それでも尚、勉強したくない。

ならあなたの思いはそんなものだってことです。

 

冷静に考えてみて下さい?

 

「本気で志望校に受かりたい」

もし心からそう思っていたら、

やると思いませんか?

 

何か誘惑に負けず、

自分の弱さに負けず、

目もくれず頑張ると思いませんか?

 

もし今日○○しないと、

明日殺される。

 

そういう状況だったら、

きっと必死にやりますよね?

したくないとか思わなくないですか?

 

でも今はどうでしょう?

 

頭で分かっていてもやらない。

やっても続かない。

そういう必死さが込み上げてこない。

 

ならもう志望校への思いは、

その程度だったってことですよ。

 

口では行きたいって言うかもしれません。

けど口だけ。

 

頑張ってまでは、

行きたいと思ってない。

 

漠然とした願望でしかない。

夢を見ているだけ。

 

ニートしてる人が、

何もせず「金持ちになれたらいいなぁ」

と言っているのと本質は変わりません。

 

勉強しなきゃ。

そんなこと分かってる。

 

けど、したくない訳じゃないですか?

 

それならあなたは浪人で頑張れない、

志望校に行けない運命だった。

 

たったこれだけのこと。

受け入れちゃいましょう。

 

仕方ないですもんね。

 

やろうって思えるほど、

熱量ないんですから。

 

浪人当初に抱いた思いも、

その程度だったというだけのこと。

 

勉強したくない。

サボっちゃう。

遊んじゃう。

 

誰に迷惑かけるでもありません。

全部自分に返って来るだけ。

 

どんな結果になろうが、

後に後悔しようが、

全部自己責任ですから。

 

まあせいぜい親に謝るくらいです。

 

志望校目指して浪人した。

けど勉強したくなくてサボって落ちた。

 

その程度の思いだったということだし、

そういう縁・運命だっただけ。

 

別に良いじゃないですか、頑張らなくても。

そもそも受験頑張れない運命だったんだから。

 

死ぬわけじゃないし。

受験にそこまで興味なかっただけ。

 

そんなに難しく考え込むことも、

自分を責める必要もない。

 

行きたいって強く思う訳でもないのに、

勉強したくない自分に鞭打って、

無理矢理頑張らせようとするのは、

辛くないですか?

 

別にいいじゃん。

行きたい訳じゃないんだから。

 

僕だってそんなの嫌ですもん。

 

ラソン嫌いなのに、

フルマラソンでタイム設定して、

練習させられるのとか。

 

まじ向いてない。

余裕で鬱。

 

でも、これと一緒ですからね。

 

したくもない事を、

無理矢理自分にやらせるって。

 

頑張れるものと頑張れないものがある。

これだけですよ。

 

そういう自分を受け入れればいい。

頑張れないものを無理する必要ない。

 

実際に僕は中高と気が向かなきゃ、

学校休んでたし、

昼過ぎから行ったり、

眠いから早退したり、

提出物なんか全然出してないし。

 

だってやりたくなかったから。

 

やるのが当たり前とか言われても、

頑張りたくないし向いてないから、

普通に無理で逃げ回っていた。

 

だから頑張れないものを、

無理に頑張る必要なんて、

全然ないと思う。

 

逃げるって表現は不適切かもですが、

別に良くないですか?逃げても。

 

なるようにしかならないし、

大学受験なんて義務じゃないですから。

好きな人だけすれば良い。

 

心底そう思っています。

 

ということで1つの結論。

無理してまで頑張ることない。

 

一先ずここまで読んで、

本心でどうしたいのか、

ちゃんと自分と相談してください。

 

「あーやっぱ頑張れないわ」

「勉強したくないな」

それならそれでいい。

 

その状態から頑張らせることは出来ないですから。

無理強いするつもりもありません。

 

存在すらしないスイッチは押せないから。

⇒【舐めんなよ】浪人生が失敗する最大の原因はこれ!そりゃ伸びないよなぁ

 

だからと言って自分を責める必要なんてない。

そういう自分を受け入れれば良いんです。

 

一方で、そのスイッチがある人。

 

”一時的に”勉強したくない、

普段は勉強できてるけど、

たまに気が向かないだけの人。

 

こういう人にはスイッチの入れ方がある。

詳しくは以降をご確認ください。

 

これまでの話を使いながら、

対処法をお伝えします。

 

勉強したくない時の対処法

とりあえず小さい事だけやってみる

ここまで読んでくれてるあなたは、

きっと頑張れるスイッチがあるのでしょう。

 

けど「今日はやりたくないな」という日が、

ぽつぽつあったりする。

 

浪人生の場合は4月~2月まで時間を、

フルに勉強に使うこともできますよね。

 

実際にはフルでやる訳ではなくとも、

勉強することが前提の立場で、

それが300日にも及ぶ。

 

そこで一様に高いモチベを持つなんて、

恐ろしくハードルが高いですから。

 

だから今日はなんだか勉強したくないな、

そういう日がある気持ちは分かります。

 

そんな時の対処法1つ目として、

小さい事だけやってみてください。

 

階段を100歩上るよりも、

まず1歩上ってみよう。

 

そういうニュアンスです。

 

例えば単語帳とか。

頭使うことなく出来る作業。

 

それも5分だけ、とかでもいい。

 

これなら「いきなり長文解け」よりも、

断然ハードル低いですよね。

 

そういうことで良いから、

一先ず始めてみる。

 

すると気が付けば勉強モードに入れて、

そのまま他の勉強も出来たりする。

 

やり始める前は腰が重くて、

始めてみると意外と出来ちゃう。

 

こういうことって良くあります。

 

最初のハードルを徹底的に下げて、

とりあえず少しだけやってみる。

 

すると心理的負荷が下がって、

次から次へと進められる。

 

こういう状態を、

ドイツの心理学者・クレベリンさんは、

作業興奮」と名付けたそうです。

 

これで解決できればベスト。

 

実際に僕自身こういう経験が、

何度もあるのでおススメです。

 

それでも無理って日。

これがあるのもまた事実。

 

僕にもあったし、

あなたにもあるかもしれません。

 

それは下段で。

積極的休養日として遊び倒す

最初のハードルを下げても無理。

勉強したくない。

どうしても気が向かない。

 

そういう時は勉強止めましょう。

 

何もしなくていい。

もはや勉強のことは考えない。

 

積極的休養日として、

遊び倒してください。

 

好きなことだけしましょう。

 

勉強のことを考えられないくらい、

とにかく遊びまくる。

 

もし本気で志望校に行きたいと、

心底思っていれば、

勉強のことを考えないようにしても、

考えちゃうと思います。

 

「あれ、自分何やってんだ?」

「こんな遊んでて平気なのか?」

などなど。

 

そうやって後悔してください。

 

それがスイッチです。

その後は取り返すべくやろうとするはず。

 

でもこうなるかどうかは、

あなたの思い次第です。

 

気持ちが軽ければ軽いほど、

ズルズル行くと思います。

 

場合によっては数か月とか、

最悪取り返しがつかなくなるかもしれない。

 

でもそれは、そういう運命ですから。

そんなもんだったという事です。

 

受験よりも遊ぶことの方が、

自分の中で大事だったというだけ。

 

受け入れましょう。

それこれも自己責任ですからね。

 

もしも思いが本気なら、

割とすぐ後悔します。

 

当日中とか、

その夜に寝る前とか。

 

しかも暫くは後悔し続けます。

 

そういう自分に対する苛立ちや、

罪悪感・後ろめたさは、

その後の勉強へのエネルギーに変わります。

 

居ても立っても居られず、

勉強するしかその捌け口がない。

 

次の日からそういう状態で、

全ての負のエネルギーを勉強にぶつける。

 

1日サボった事で、

最悪の事態を招くかもしれない。

 

それを取り返すべく、

暫くはモチベを維持できます。

 

自分の思いが本当なら、ですが。

 

とはいえそこで高まったモチベも、

永久ではありません。

 

時間の経過と共に落ち着いてくる。

 

そしたらまた遊び倒す。

で、後悔してやるしかなくなる。

 

一年近くやっていれば、

何度かこれを繰り返します。

 

でも本当に受かりたいと思っていれば、

その気持ち自体が切れる事はないので、

何度でも復活できる。

 

そうすればトータルで見た時には、

かなり高い水準でモチベを維持できるはずです。

※追加後スグにあなたのラインにPDFが届きます!

自分を追い詰める

「志望校落ちたら大学行かない」

こうやって周囲の人に言ってみて下さい。

 

もしあなたが本当に頑張ろうと思えているなら、

嫌でもケツに火が付くはず。

 

落ちられない・・・!!!

ってなるなず。

 

追い詰められないとやれない。

けど追い詰められたらやる。

 

夏休みの宿題を序盤は何も手をつけず、

最終日に焦ってやるとかは、

追い詰められてるからですよね。

 

例えばやらないと怒られるとか、

嫌な状況が目に浮かぶから、

必死に終わらせるわけですよね。

 

怠惰にサボってきた受験生でも、

終盤に差し掛かりヤバいって焦るのは、

追い詰められてるから。

 

自分の不合格が現実的になって、

その状況を回避したいから、

焦ってやろうと思うんですよね。

 

追い詰められるっていうのは、

自分的に許容し難い状況を回避しようと、

焦って危機感を感じてるってこと。

 

そうなったらやります。

やりたくないとか言ってられないから。

 

だったら初めから、

自分を追い詰めればいいだけです。

 

自分の手で意図して、

そういう状態を作ってしまえばいい。

 

そのために

「志望校落ちたら大学行かない」

って言ってみて下さい。

 

親。

教師。

友達。

予備校のチューター。

 

口に出して言ってしまう。

 

言った手前もうやるしかなくなる。

それがスイッチです。

 

これは上段の話と親和性が高い。

 

自分を追い詰めると、

勉強するのをデフォにしやすい。

 

それでも尚どうしてもしたくない時は、

積極的休養日を使う。

 

でも「志望校落ちたら大学行かない」と、

言ってしまっている手前、

チンタラ遊んだことへの後悔も募る。

 

より大きなエネルギーで、

次の日から勉強できる。

 

こういう循環を作りやすいと思います。

 

自分が頑張れる状態を作ることも、

能力の一つではあります。

 

だからまずは意図して自分を追い詰める。

そうすりゃ火がついて勝手に走り出します。

>>受験勉強に本気になれない人は必見!たった1つの行動で強制的に本気になれる術を教えます

 

さいごに

コンスタントに勉強出来るようになりたければ

浪人生なのに勉強したくない。

こうなる気持ちも分かります。

 

そもそも自分に頑張る気力があるのか。

まずはここを確認してみて下さい。

 

もしないなら仕方ない。

それは素直に受け入れましょう。

 

もしあるならそれを上手く使っていく。

自分を奮い立たせてやっていく。

 

ここでお伝えしたことは是非やってみて欲しいです。

 

ただ、それ以外にも幾つか対処方法があります。

特に成績が低い場合において有効。

 

今回は主に”考え方”の話でしたが、

取り組み方”にフォーカスしたもの。

 

少しだけ被る話もありますが、

別軸の内容だしアプローチも異なるものです。

 

この記事でお伝えした事と併せてやると、

もっと前向きに勉強できるようになるはず。

 

”考え方”も”取り組み方”も意図して、

勉強したくない自分から抜け出しましょう⇩

⇒成績足りないのにやる気が出ないを5分で解決する

 

1~2か月で誰でも慶應A判定

skin=「ハゲ」から始まった受験勉強。
しかし工夫された勉強法を用いて2か月後に受けた模試で慶應A判定を並べ、慶應法・経済・商に全勝。


僕の勉強法をぜひ「マネ」してみてください!
・1~2ヶ月で一気に偏差値を伸ばしたい
慶應などでA判定を並べてみたい
・今のヤバい状況を抜け出したい
こんな人は下記画像からラインアカウントを追加してください!
ライン追加直後に勉強マニュアルPDFが無料で3つ届きます。

ビリギャル超えちゃった 

skin=「ハゲ」&世界史ゼロで浪人スタート。
「行ける高校が無い」と言われた中学時代、そして早慶なんて無縁な高校出身のため当然偏差値70や慶應合格は夢の世界。

それでも2か月後に受けた模試では慶應A判定がズラリ。慶應法学部の入試では2科目で合格点に到達、経済と商も合格。

⇒ また受験失敗するの?浪人生が知っておくべき失敗の法則と回避の法則はこちら

⇒【現実】早慶志望の浪人生の大半は受かりません!その原因と解決策はこちら

⇒【落とし穴】浪人生こそ勉強時間に依存するな!その理由はこちら