バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

K.O diary

学校や予備校では教えてくれない私立文系の受験勉強法

-慶應行きたいならこれ!!-

【必然】え?模試A判定なのに落ちるの?その不合格は偶然ではなく必然です、、、

模試でA判定でも落ちたらそれは必然

f:id:kkeeiioo:20210906132055p:plain

 

「わーい、模試でA判定だ!これで落ちる訳ないぜぇグフフwww」

「なんてったって模試のA判定とは合格率80%以上だもんね!」

 

さて、本当にそうでしょうか?

A判定なら落ちないんでしょうか?

 

A判定だから受かるとは必ずしも言い切ることは出来ません。

A判定でも落ちる事はザラにあります。

 

模試の判定が絶対ということではありません。

A判定だけど落ちるという人もいれば、E判定から受かる人もいます。

 

ここまで話すと模試の判定は信用するなと言っているように聞こえるかもしれませんが、そうではありません。

 

A判定であるに越したことは無いです。ぼくはA判定を積極的に目指すべきだとすら考えています。

E判定でも気にすることは無いさぁ、なんて軽々しく言うつもりもありません。

 

ただ、志望校の合格には模試の判定が全てではないというだけです。

 

今回は、そもそもの模試の捉え方、A判定なのに落ちる原因とその対処法などについてお話しします。

 

模試判定の捉え方

歯磨きしても虫歯になる事はあるから歯磨きしないよ、とはならない

この記事の本旨はA判定でも落ちる事はあるよ!という話です。

でも、冒頭の通りA判定を目指さなくて良いということにはなりません。

 

A判定が出るということは、少なくとも模試を受けた時点では他の志望学生よりも相対的には良い位置にいることを意味し、学力的には順調であることを意味しているからです。

 

模試の判定は言ってみれば指標のようなものです。

より優れた判定であるほどに、志望校に対して近い位置にいると思ってください。

 

であればA判定が取れるように勉強を積み重ねていく事は、志望校に近づいているということができます。

 

A判定でも落ちる事があるからと言ってA判定を目指さない理由にはならないはずです。

それは「歯磨きしても虫歯になることはあるから歯磨きはしないよ」という極端すぎる最早暴論のような考え方です。

 

だからこそ模試の判定には拘りを持って良い判定を目指すべきです。

 

と、ここまでは大前提となるべき考え方ですね。

ここからはA判定でも落ちる件について話を深ぼって行きます。

A判定だからと言って合格が保証されている訳ではない。

そもそも模試は模試、受験は受験です。

 

練習では出来たけど本番は出来なかった。練習試合では負けたことも無い相手に公式戦ではなけてしまった。

 

こんな経験したことないですか?

たとえそれが10回に1回だとしても結果は結果です。

 

そうなってしまう様々ですよね。

緊張して力が発揮できなかった、普段しないミスが本番で出てしまったなどなど。

 

受験という言ってみれば人生に関わるような大きな出来事だから、A判定で落ちる事に不可解な、やるせない気持ちになるかもしれませんが、他の事に置き換えてみれば絶対にないというはなしではありません。

 

とは言っても、受験と模試判定の関係において、A判定で落ちる原因はある程度特定できます。

僕自身の受験の経験や、これまで見てきた多くの人から色々と学ばせてもらいました。

 

なんでA判定なのに落ちてしまうのか探っていきましょう。

 

A判定でも落ちる原因5つと対処法~落ちるのは必然だ

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議な負けなし

A判定から受験に落ちる原因というのは一つではありません。

人によってその原因は異なるのが自然です。

 

主に考えられうる原因を5つ挙げてみました。

どれか一つでも当てはまれば余裕で落ちる事はあります。

 

そして、挙げている5つというのは決して偶然起きたものではありません。

起きるべくして起きた必然ということです。

 

プロ野球の名監督である故・野村克也氏はこう述べています。

 

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし

これは受験にも当てはまる事です。

なんか分からないけど上手くいって実力以上の学校に受かる事もありますが、これはマグレ・奇跡と呼ぶべき現象です。(運も実力ではあるので合格自体は誇るべきです)

 

一方で、どんな理由であれA判定から落ちるというのには必然的な理由があります。

 失敗に偶然は無いということです。

 

では、一つずつ説明していきます。

 

A判定なのに落ちる原因5つ

・偶然模試の出来が良く実力以上が出てた

・模試の判定に過信して油断があった

・学力的には十分だったけど志望校の個別対策が十分でなかった

・10回に1回を引いてしまった

・緊張して普段しないミスをしたり力が発揮しきれなかった

 

 

・偶然模試の出来が良く実力以上が出てた

模試でも受験でも、その瞬間の一発勝負です。

マグレパンチというのは起きるもんです。

 

上記の勝ちに不思議の勝ちありと同様に、マグレで良い結果が出てしまうこともあります。例えば得意な問題ばかりが偶然出てくるとかそうですよね。

 

運も実力なので、その模試ではツキが味方したということでしょう。

でも、これは本来の実力ではありません。

 

いくら模試の判定が良かったからと言って、それが時の運であるなら実力相応の力では受からないということです。

 

常にA判定が出ている事と、その時一回A判定が出るのとでは意味合いが全く違います。

偶然のA判定であれば、その結果は嬉しいと思いますし喜んでも良いと思いますが、自分を客観的に見ながら邁進しましょう。

 

・模試の判定に過信して油断があった

A判定出た!これで受かるわ!なんて思えば、当然気が抜けますよね。

過度にその判定を信用して、その後の勉強の手を抜けばそれは落ちるに決まっています。

 

そもそも、模試判定というのは模試を受けた時の相対的な学力です。

そして模試の返却には時間差がありますよね?

 

模試が返却されるのは一か月~二か月掛かりますから、その判定は一か月~二か月前のあなたの実力です。今やったらどうなるかは分かりません。

 

ましてや受験が数か月後ならば、その間にも学力に差は付きます。

判定に過信して手を抜けば、他の受験生から猛追にあい、追い抜かれる可能性だって大いに考えられます。

 

これは特に浪人生にはあるあるかもしれません。

浪人生は勉強環境が現役生よりも優れているので、秋くらいまでは模試の成績が優れていることが多いです。

 

ここに慢心し、最後には「なぜか受からなかった」と泣く人が沢山います。

 

A判定が出ているということは、それまでの勉強は概ね正しかったということですし学力的に他の受験生よりも優れている事にはなります。

慢心せず勉強を続ければ合格の見込みは大いにある訳なので、過信しないようにしましょう。

 

・学力的には十分だったけど志望校の個別対策が十分でなかった

簡単に言えば舐めていたということになるんでしょうか。

 

模試で高偏差値を取る、良い判定を取るというのは基本的な学力が高いということを意味します。

しかし、入試にはその入試に特有な傾向や出題形式、その他諸々と模試だけでは測り切れない要素が絡んできます。そのために受験生は過去問対策というものをするわけです。

 

極端な話、試験内容異なるでしょってことです。

なので模試の判定だけでは、入試合格の十分条件にはなりえないんです。

 

例えば、国立トップレベルに受かる人でも慶應法学部落ちるということはあります。

それは学力的に慶應法学部に劣るからではなく、慶應法学部が国立とはかけ離れたバチバチの私立っぽい試験だからです。

 

一方で国立志望者は慶應経済の方が受かりやすいとされているのは慶應経済の試験内容が比較的国立に近く対応が容易だからです。

 

学力では間違いなく慶應より上なはずの国立トップレベルの受験生が慶應法に落ちるのは慶應法の対策をあまりしてこなかったからです。

 

これは、模試の判定が良くても志望校の個別対策不足で落ちることと理屈的には同じことです。学力は十分でも、対策不足なら落ちる事は不思議ではありません。

 

学力的に充分であるだけではなく、しっかり過去問解いて対策はしましょう。

詳細な過去問対策はこちら↓

www.bakademoko.com

 

・10回に1回の不合格を引いてしまった

実力が発揮できなかったわけではなく、当日は持てる力を出したけど及ばなかった。

まあ、ありますよね。難化したわけではなかったのに、普段よりもどこか解きにくい感じがしたり上手くいかない現象。

 

それが10回の内の1回になってしまったということですね。

 

厳しい事を言うと、それは偶然ではなく必然です。

一言で表すなら、単に実力不足だっただけです。

 

難化した訳でもなく、自分の力が出せなかった訳でもないのに十分に解けなかったということは、その問題を解く力がなかったと考える他ありません。

 

確かに10回の内の1回がそこで出てしまうことは残念というしかないのですが、その1回を生み出してしまったのは自分自身。

その1回すら生み出さないように勉強しなかったのも自分自身

 

結局、詰めが甘かったのか、漏れがあったのかは分かりませんが、一分の隙も無いという状態まで持っていく事の出来なかった自分自身の問題です。

 

常に最悪の事態を想定しながら、何が起きても、例え難化しても、体調が悪くても余裕で合格できるレベルにまで持って行くという意識を持って最後まで取り組みましょう。

 

・緊張して普段しないミスをしたり力が発揮しきれなかった

たしかに本番に弱い人っていますよね。

緊張しちゃって思うように解けなかったり、ミスが出ちゃったりと。

 

緊張にも二種類あります。

良い緊張と悪い緊張です。

 

良い緊張とは、緊張感を感じながらも程よく高揚して寧ろ高い集中力を生みます。

一方で、悪い緊張とは過度な緊張感で焦りや思考停止を生み、いつも通りの事すらできなくなります。

 

もちろん受験で失敗する緊張は悪い緊張です。

これは、悪い緊張で落ちるくらいの瀬戸際で戦っていた自分自身に問題があると考えるべきです。

 

なぜなら、そのような緊張への対処は受験前に行うことができるからです。

 

そもそも悪い緊張を生まないよう、自信満々で何があっても絶対落ちないとすら思えるくらい高い状態に持って行くことで回避することが可能です。(慢心とは違う)

むしろ試験が楽しみくらいの学力的余裕があれば、悪い緊張とは縁が無くなります

 

また、緊張による失点を事前に想定して、その失点があっても合格できるよう過去問では合格点+2割を取れるようになっておけば、当日少しくらい失点しても問題なく合格することができます。

 

ここまで出来なかったのであれば、落ちたのは緊張のせいではなく自分の問題としか言えないでしょう。

 

A判定取ったうえで確実に受かるには

常に俯瞰し慢心しない

ここまでA判定でも落ちるという話、その原因について話をしてきましたが、結局どうしたら良いのでしょうか。

 

それは、慢心せず、自分を俯瞰し、とにかく現状に満足しないことだと思います。

 

A判定取るのは立派な事ですが、所詮模試です。

受験生は模試でA判定取るために勉強しているのではなく、志望校合格への道のりの中に模試のA判定があるに過ぎません。

 

少し模試の成績が良いからと天狗にならず、自分に足りない物をどん欲に見つけ、ほんの少しの落ちる可能性をすら排除するという心構えで勉強に取り組むのが良いと思います。

 

厳密には絶対落ちないということはあり得ないんでしょうが、落ちる可能性を1%、0.1%、0.01%と限りなく減らしていきましょう。

 

簡単な話、過去問で満点取れれば事故や病気で重篤にならない限りは受かります。

ここまで持って行けなければ、それは自分に問題があります。常にそのレベルを目指して勉強に取り組みましょう。

 

模試の判定には貪欲に、でも慢心せずに

さいごに

 今回の話をざっくりまとめると、志望校に受かりたいなら模試ではA判定を目指すべきだし学力を図る重要な指標にはなるけど、その結果に驕らず常に上を、完璧を目指して勉強しようってことですね。

 

一ミリも隙を与えない状態って結構作るの大変でし、もしかしたら不可能な事なのかもしれませんが、それくらいの気持ちで勉強するのは凄く大切だと思いますよ。

 

私立文系で、どんな模試受けるのが良いのー?何回くらい受ければいいの-?という方はこちらからどうぞ↓

www.bakademoko.com