バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

慶應大学への受験とか、単位情報とか、慶應生の就職とか、色々思ったこと

バカを慶應法学部合格へと導いた夏以降の勉強スケジュール(9月、10月編)

夏明け以降の勉強スケジュール

こんばんは。

 

夏も終わり、そろそろリアルに受験が近づいてきて焦りを感じたりし始める頃でしょうか。

 

これから受験が終わるまではあっという間です。

受験勉強をしている間は先が見えずに長く感じることもあるかもしれませんが、振り返ると一瞬です。受験直前期には、このように感じていると思います。

受験直前になって、もっと勉強しておけば良かったと後悔しないように今を全力で過ごしてください。

 

さて、夏明け~受験まで僕がどのようなスケジュールで勉強をしていたかを二回に分けてお話ししたいと思います。

 

大体いつ頃までに何をして、何を終わらせていたのか、いつ頃過去問を開始したのか等を知ってもらい、今後の皆さんのスケジュール決めの参考としてもらえたらと思います。

9月の勉強

基礎固めを意識

第二回駿台全国模試が九月末にあったので、ここに焦点を合わせていました。

10月以降は過去問を用いてアウトプットをすること、足りない知識のインプットをしようと決めていたので、この駿台全国模試までに、英語、世界史共に基礎を固める事を意識しました。

 

英語

 基礎を固める=文法と和訳は駿台全国模試で満点を取れるレベルに上げる事と認識していました。

そのために英語では、単語王、パス単準一級、全解説頻出英文法・語法問題1000、英文解釈教室を完璧にすることを目標にしていました。

 

世界史

基礎を固める=世界史では、各単元で7割得点する事と認識していました。

 

 その為に、0から世界史偏差値70に導いてくれた問題集たちの紹介!!世界史問題集に悩んでる人は是非参考に。 - バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

ここで紹介した三冊の問題集を漏れなく完璧にすることを目指しました。

 

9月のまとめ

英語、世界史共に、上述の課題を駿台全国模試を起点に、一日単位でやることを組みスケジュールを決めました

 

この段階では、過去問にはほとんど取り組んでいません

慶應SFCの英語を、多読の一環として読んでいたのみです。世界史は過去問に手を付けたことはありませんでした。

 

10月の勉強

 世界史は過去問を多用し始める

駿台全国模試を終え、自己採点をしていると英語に関しては概ね目標を達成しているけど、世界史は思うように出来ていないと感じていました。

 

世界史が何故上手くいかなかったのかを考えました

 

取り組んでいた問題集の知識は知っているし、模試で間違った問題の知識も知っているものが多いのに、深い部分まで理解していない or 出題の形式に振り回されてしまい正答出来ていないことが多いと気付きます。

→もっと多くの出題形式に触れることで解決できると考え、過去問を多用しようと思いました。(9月から、10月に過去問を開始しようと考えていましたが、第二回駿台全国模試を経て、一層の危機感を感じて取り組み始めました)

 

早慶は学部問わず解きまくりました。

 

勿論過去問だけでなく、これまで通りの問題集にも取り組んでいました。

 

英語は概ね順調

英語は概ね順調に進んでいました。

このあたりでパス単一級を開始します。それ以外は、以前とやっていることは変わりません。ただ、単語王、パス単準一級、文法は9月までにある程度固まったので、継続はして取り組んではいたものの、パス単一級に時間を回しました。

 

駿台全国模試後、精読に圧倒的な自信を持ち始めたので英文解釈教室の時間を削り、多読を増やしました。

その一環として、慶應SFC以外の過去問も活用し始めました。

 

英語でも早慶は学部問わず解き始めました。また、慶應法学部のは2002年くらいまで遡って過去問を入手して解いていました。

 

終わりに

あくまで僕のスケジュールなので、参考程度にしかならないと思います。

でも、ある程度成績は良かったので、スケジュールについての考え方、スケジュールの組み方は間違ってはいないはずです。

 

今後の皆さんのスケジュール決めに役に立てば幸いです。

 

11月以降に関しても後日投稿いたします。

 

Twitterをしています。宜しければフォローのほうをよろしくお願いします!

 →慶應なんて誰でも受かる~ビリギャル超え~ (@anyonecanpassKO) | Twitter