バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

慶應大学への受験とか、単位情報とか、慶應生の就職とか、色々思ったこと

早慶で差をつける世界史勉強法!ここまでしたら得点源間違いなし。

早慶世界史を得点源に!

こんばんは。

 

先日は、確実に得点しなければならない問題に対応する勉強法を紹介しました。

しかし、これだけでは差をつけることは出来ないのです。(早慶で世界史を得点源にするためには、ということです。マーチまでなら前回の勉強で楽勝でクリアです。)

 

特に慶應法学部では、用語集にも載っていないような重箱の隅をつつく問題は当然のように出題され、中々骨の折れる問題です。差をつけて得点するためには貪欲に知識のインプットを行うべきでしょう。

 

今日は、得点出来たら差をつけられる問題に対する勉強法を紹介していきます。(今回は前回よりも世界史色の強い話になるかもしれません)

 早慶で差を付ける世界史勉強法

国史の問題集を解く

前回紹介した勉強法で使うのは通史の問題集。そこで、大枠と頻出用語を習得したら、もっと細部に目を向ける。通史問題集よりも突っ込んだ知識に積極的に触れて覚えていきましょう。

 

過去問を解きまくれ

早慶志望の人は特に沢山解きましょう。過去問は実践問題集です。基礎が固まり次第、自分が知らない知識、理解できていない箇所を見つける上でこれ以上ない問題集です。

 

早稲田志望でも慶應の歴史科目を、慶應志望でも早稲田の歴史科目を全部解きましょう。僕の実際の体験談としても、ある程度世界史に自信を持ち始めた頃、早稲田の社学の過去問で世界史死亡してクソ焦った記憶があります。でも、そこから新たな知識をつけることができたし、中だるみを防ぐ強い刺激にもなりました。

 

普段使っている問題集では網羅する事の出来ない知識をインプットする機会となりますし、自分の理解を確かめるアウトプットの機会にもなります。

 

用語集の活用

用語集を活用することで、過去問を解くことと同様に、知らなかった知識に触れる事が出来る。特に用語集(山川出版)の頻度1,2の用語は問題集を解いていても巡り合わない知識も多々あるかと思います。ある程度の基礎が固まったら、低頻度の用語を中心に頭にいれていきましょう。

 

世界史B用語集 改訂版

世界史B用語集 改訂版

 

 

最後に

これらをこなした上で、何度もきっちり復習して、出来なかったものは完璧にしていきます。この作業が記憶を定着させます。この作業がないなら、これまでの勉強が報われないと思ってください。

 

次回以降、僕が使っていた世界史の問題集を全て紹介します!

世界史どのように勉強進めたらいいか分からない人や、何の問題集を使えばいいのか分からないという人は是非次回もご覧ください。

 

 

Twitterをしています。宜しければフォローのほうをよろしくお願いします!

 →慶應なんて誰でも受かる~ビリギャル超え~ (@anyonecanpassKO) | Twitter