バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

慶應大学への受験とか、単位情報とか、慶應生の就職とか、色々思ったこと

英語長文苦手な人は音読すべき!音読の効果を思い知れ!!

音読のすゝめ

こんばんは。

 

皆さん英語長文を音読していますか??

僕が受験生時代に最も力を入れていたのが音読でした。そして、その効果は絶大だと当時感じていましたし、「あ、これは多分おれ帰国子女のレベルに到達してしまったなw」と思えるほどでした。

 

今日は音読前と、音読による成果が出た後の違いについてお話ししたいと思います。

 

音読前~開始時

時間かけて読んで、意味も取れない。ザ・英弱

まず、前から順に素直に読めませんでした。返り読みというんでしょうか、節とか目的語とかに振り回されながら、常に一つの文を前後しながら読むため、やたらと時間が掛かります。また、文を前後してしまうせいで文が何を言ってるのか分からなくなり意味を取れない、意味を取るために再度時間をかけてその文を読み直すという自滅パターンに入ります。一文をちゃんと読むのに時間かかりすぎて、全体を通しての話とか全然分かりませんでした。

 

この段階だと、復習で文構造を把握するのにも時間掛かるし、分かんねーしで英語がクッソつまらない、しんどいだけの時期でした。

 

音読の成果が少しずつ出始めた頃

少しずつ前から順に読めるようになってきた

多くの文章は前から順に読み進めていっても、機械的に文構造を取れていて、機械的な文構造の直訳に基づいて意味が分かる状態です。

とはいえ、まだ単語を(前から順にではありますが)一語一語追って読んでる感じです。なので、複雑な文章を読む際には返り読みが必要なレベルですが、返り読みをして時間を掛ければ正確に意味が取れる状態です。

 

音読の成果を実感し、割とスラスラ読めるので英語が楽しくなってきます。駿台全国で偏差値70超えたときがこれくらいの状態だったと思います。一つの目安にしてみて下さい。

 

多くの人は、この段階にまで到達しないで受験を終えていると思います。なのでこのレベルに到達するだけでも自信を持つべきことだと思います。

 

音読の成果が出た後

どんな文章でも掛かってこいって感じになります

ほぼ返り読みはしないです。一語ずつ追って読むというよりも、前からサーっと読んでいくと、機械的に一文を塊ごとに意味取っている状態です。訳している感覚は一切なくてただ意味を取ってるだけです。前から順に読むだけで、本当に機械的に文構造を分解して、勝手に頭に意味が入ってきている感じです。

訳すことなく意味を取るだけという点では日本語を読む感覚に近いかもしれません。この時に、「帰国子女レベルに到達してしまったかも」と勝手に思い始めました。(純ジャパなので当然ですが、帰国子女の感覚とか厳密に知りませんw)

 

読むスピードが段違いに早くなったことを実感できます。

受験終盤~本番に向けて、力をピークに持って行ったときがこの状態でした。どんな試験問題も怖くなくて、自信満々で構えていました。

 

終わりに

たった一年弱で、自分でも目に見えるほど英語長文読解能力が変わりました。

勿論、単語や熟語の勉強のおかげもあると思いますが、それだけではこれほどまでにスラスラと正確に読めるようにはなっていなかったでしょう。

 

自分の受験勉強で最も効果的な勉強法であったことは間違いないと思います。

 

是非皆さんも音読を実践してみて下さい。

 

Twitterをしています。宜しければフォローのほうをよろしくお願いします!

 →慶應なんて誰でも受かる~ビリギャル超え~ (@anyonecanpassKO) | Twitter