バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

K.O diary

慶應大学受験、大学生活、単位など色々

受験当日に雪が降ったらどーする!?大雪を経験した僕の経験談

受験当日の大雪について

こんばんは、ご無沙汰してます。

 

もうすぐ一月も終わり、早いところだと二月の上旬位からは私立の受験が始まりますね。二月と言えば東京でも雪が降ったりしますが、もし受験当日に雪が降ったら皆さんはどうしますか?国立の二次試験なら受験に行く一択でしょうが、連日の私立受験の最中ならどうしますか?

 

僕が受験生の頃、慶應受験が四日連続でした。つまり、慶文、慶法、慶経、慶商(多分順番合ってるはず)だったのですが、一日目、慶文の日に大雪が降ったのです。記録的な豪雪だったはずです。

そんな雪が降るなんて予想だにしていなかったので、大変焦ったと記憶していますが、受験を終えてから当時の判断について思うことがありましたので、自身の経験に基づいて受験当日の大雪の対処法について書いてみようと思います。

 

当日の受験を放棄する勇気を持つ

慶應文学部の受験を放棄

大雪が降った日、僕は慶文の受験に行かなかった。

単に大雪だから行かなかったというわけではなく、大雪に伴い受験開始時間が大幅に遅れ(確か13時開始とかになっていた。)、交通機関も乱れ通常運転と比較すると二倍の時間を掛けて行き来することになるためだ。受験を終えて帰宅する頃には大分遅い時間になってしまうし、普段は感じないストレスを不要に感じ無駄に疲れてしまうだろう。次の日以降に影響が出て、第一志望の慶法で完璧なパフォーマンスを発揮できないことになれば一生後悔すると思って慶文は放棄した。

 

受験校の近くに前泊していれば、雪やそれに伴う遅延などがあっても受験に行っていたかもしれない。しかし、普通であれば余裕で通える範囲に住む僕にとっては、前泊というのが頭になかった。

今思えば、こういった事態に備えて、それほど遠くなくても前泊をする選択肢を持つことは必要なのかもしれない。

 

連日の受験は想像よりもハードで疲れる。

僕は文学部の受験に行かなかったことを後悔していないし、むしろ正しい選択だったと思う。そのようなことを慶應商学部の受験を終えた日に猛烈に感じていた。その理由は二つ。

一つ目は、万全なコンディションで第一志望の慶法の受験に臨むことが出来、しっかり力を出し切れたこと。

二つ目は、三日連続での受験は想像よりもハードだったからだ。思っていたのよりも遥かに疲れていた。次の日も受験があると言われたら、相当厳しかっただろう。

 

大雪の日の受験は大穴になる可能性がある!?

マーチ全滅で慶應文学部にのみ合格

先ほど、僕自身は慶文の受験に行かなかったことが正解だったと述べた。

しかし、それは人それぞれだ。僕の場合は慶應四学部の中で最も志望度の低いのが文学部だったから放棄してもさほど後悔はない。ただ、もし志望度の高い受験日の大雪なら間違いなく行くべきだ。さもなくば後悔することになりかねない。しかも、大雪での受験は通常よりも合格が容易になる可能性がある。

何故なら、入学後に知ったのだが、やはり大雪の文学部受験を放棄した僕のような人は一定数いたようだ。また、慶應文学部が第一志望で、マーチも全滅したが慶應文学部のみ合格して入学した者が僕の知人にいる。勿論、雪関係なくそのような結果になった可能性はある。しかし、慶應法学部に受かる層が受験を放棄すれば、実質倍率への大きな影響は間違いなくあるだろう。そうなれば、志望度の高い人には喜ばしい状況である。

 

自分の志望度などと照らし合わせて悔いのない選択をしよう

この記事で言いたいことを要約すると

 

・翌日に志望度の高い受験がある場合は、大雪やそれに伴う諸々による不要なストレス、気疲れを避けて翌日ベストパフォーマンスを発揮すべく、その日の受験を放棄することも正しい選択である。

 

・連日の受験はとても疲れるので、あまり詰め込まないようにしたほうがいい。(体力とか自信ある人は例外かもしれないが)

 

・志望度が高いなら大雪でも行け。後悔する。

 

・大雪の日は、アッパー層が受験に来ないことが起きて、実質倍率が下がり大穴になる可能性がある。

 

こんなところです。雪降るか分かりませんが、もし降ったら参考にしてみて下さい。もし、ツイッターでDM頂けたら個別で応じます。

 

 

Twitterをしています。宜しければフォローのほうをよろしくお願いします!

 →慶應なんて誰でも受かる~ビリギャル超え~ (@anyonecanpassKO) | Twitter