バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

K.O diary

学校や予備校では教えてくれない私立文系の受験勉強法

-慶應行きたいならこれ!!-

小論文対策は時間の無駄!?対策なしで慶應に合格した男が教える小論文を捨てるべき理由

慶應に小論文対策なしで挑んで合格した男

f:id:kkeeiioo:20210824023420p:plain

小論文ダメ!ゼッタイ!

 

慶應志望は小論文対策やった方が良いの?
色々意見があって何を信用したら良いのやら・・・

小論対策はすべきじゃないし、そこには超強力な根拠があるんだよね。
それを知った上で自分で最終判断するのが良いと思うよ!

 

慶應大学の受験科目には国語がありません。

 

なので「国語ないから早稲田じゃなくて慶應にするぜw」みたいな考えの人もいると思うんです。

僕もそのタイプです。

 

しかし、国語が無い代わりに小論文がありますよね。

この小論文はどうしたら良いのでしょうか?

 

ここに関しては意見が割れるところです。

”小論文で勝負が決する”と考える対策必要派 VS ”差が付かない”と考える対策不要派

 

ただ受験は結果論でしか語られません。

小論文やらずに落ちたら「やっておけば良かった」って言うんでしょ?

ギリギリで受かった人は「小論文やってて良かった」って言うんでしょ?

このように自分の受験の結果から対策必要派は意見を展開するんでしょうね。

 

でも、これって根拠がめっちゃ希薄だと思いませんか?

だって落ちた、ギリギリ合格になった理由を後付けするなんて超簡単ですから。

落ちた・ギリギリの合格になった理由が英語や社会の可能性だって十分あるにも関わらず、何故その可能性を考えられないのでしょうか?

 

僕的には、真実から目を背けて自分の落ちた原因を小論文に求めているようにしか見えません。

一生懸命勉強した英語と社会が弱かったことが原因だと認めたくないようにしか思えないんです。

 

僕は慶應法、経済、商を受験して全て受かりましたが、時間の無駄だと考え小論文対策は一切していません。

とりあえず埋めるということ以外に考えられませんでしたが合格には全く支障ありませんでした。

 

そして小論文対策をしなかったのには勿論強い根拠がありました。

小論やるなら英社やる方が賢いと自分なりの考えを持っての選択です。

 

つまり僕の場合は結果論ではなく全て予定通りだったってことです。

 

今回は何故小論文対策が不要、寧ろ時間の無駄と考えるべきなのか、及びその根拠についてお話しします。

受験が結果で語られる世界である以上は対策必要派の意見が出るのは必然ですが、根拠を吟味して自分で納得した方を選択してください。

 

この記事について

・ポイント:小論文は対策不要、時間の無駄だという根拠。

・信憑性:小論対策なしで慶應法、経済、商に合格。

・重要キーワード:「1/40」 この意味は後ほど

 

 

小論文対策が不要だと考える根拠

根拠1:小論文対策しない人でもバンバン受かっている

少し考えてみて下さいね?

 

慶應は旧帝や一橋などの国立上位層が多く受験します。

入学したら実感も強くなると思いますが、彼らは普通に慶應に合格するわけです。

 

そんな国立志望勢は小論文なんて対策しません。それでも余裕で慶應受かってきますよね?

実際大学同期の国立落ち組に話聞いても、英社は解いたけど小論はやっていないOR1年分解いてみたってくらいの反応です。

大半はがっつり対策なんてしていないんでしょう。

 

また私文志望でも小論やってこなかった人は多くいます。

慶應志望の人もいるし、早稲田政経落ちて慶應法や経済みたいな人もいます。

 

このように小論文を対策せずとも受かっている人が多く出ているということは、少なくとも小論で大きな差が付くことは無いと考えるのが妥当でしょう。

 

それはつまり、小論文は差が付かないから軽視しても差し支えなくて、結局のところ英社/英数が出来れば受かるということに他ならないはずです。

 

根拠2:採点側の事情

これは受験生時代に慶應行ってる人から聞いた話なのですが、ある教授が言うには受験の小論文は教授目線からすると論文にすらなっていないとのことでした。

初めて聞いた時はめっちゃ納得しちゃいましたねw

 

考えてみれば当然で、常日頃から論文を書きまくって読みまくっているプロが少々書き方を教わった程度に過ぎない18,19の子供の論文に高評価を与えるはずがありません。

 

プロ野球選手が少年野球をプロ目線で評価したら厳しいものになるに決まっています。

 

そう考えると、全てが似たり寄ったりに見えて必然でしょう。

相対的には優れていても、少し毛が生えた程度でしょうし、どんぐりの背比べといったところです。

 

そうなると確かに小論文は差が付かないという話にも辻褄が合ってきます

ある程度が平均点前後に密集している。他の受験生よりも出来が良くても圧倒的な差を付けられるような高得点は貰えない、と言ったところでしょうか。

 

とりあえず埋まっているかどうかは目に見えるので基準の一つになるかもしれませんが、埋まっていれば殆どみんな同じ扱いってことですね。

 

※余談ですが、小論文になっていないとか言っても平均点が10点や 20点とかにならないのは大人の事情でしょうねw

平均点20点の試験なんて作れば「不適切だ!」「そんな試験意味あるのか!」とかと悪目立ち必至で叩かれるので、甘めに調節してくれているのだと思います笑

 

2つの根拠を基にしたまとめ

ここまで小論対策不要な根拠を並べてきました。

 

ここまでの話

・小論対策してない人たちでも余裕で受かることから大差は付きにくいはず

・所詮はドングリの背比べに過ぎない。子供の答案をプロが採点するのだから高得点付けられるような答案は殆ど生まれない。

 

上記2つのポイントを活かしながら話をまとめていきます。

 

結論としては、合否に大きく響くような差は付かないということです。

 

まず、小論文では全部埋めておけば平均の半分しか取れないとかってことは無いでしょう。

対策をしておらずとも埋めれば平均点前後、少なくとも平均弱は取れると思ってください。

つまり、小論文で足を大きく引っ張られることは無いということです。所詮はドングリの背比べにしかならないからです。

 

じゃあ逆に対策すればその分だけ点数上げられるの?という点に関しても、そうは考えるべきではないでしょう。

 対策を十分にしたとしても100点満点で平均点に+20点や30点を取るなんてことは出来ません。

 

子供が少し対策したくらいでプロ相手にそこまでの高得点解答を作るのは滅多なことではないですし、それが容易に生まれるモノならば小論無対策勢はバンバン落ちているはずでしょう。

可能だとしても超超超一部の人間で自分がそうなれるとは考えるべきではないです。

 

となると、がっつり対策しても良いとこ平均点+10点ちょっとだと考えるべきです。

書き方の型を知る程度の中途半端な対策なら、やったとしてもプロの目線から見ると結局論文と呼べるものではないので対策していないも同然でしょう。

これでは沢山あるドングリ同様に差を付けることも無く埋もれて終わりです。

 

で、ポイントはこの10点をどう捉えるかで変わってきます。

「10点も」なのか「10点しか」と捉えるのかという違いです。

 

「10点も」と捉えれば小論対策すべきとなるし、「10点しか」と捉えれば小論対策は必要ないという結論になるでしょう。

 

この10点のために真剣な対策をすることが費用対効果的に良いのか悪いのかという話を以下で引き続きしていきましょう。

 

小論文対策の費用対効果について

小論文対策の費用対効果は?

中途半端な対策では所詮one of themなので、対策はやるならかなり真面目にやる必要がある。

仮に真面目に対策ををやっても平均に対して100点の内10点ちょっとの差が付くかどうかって話までしましたね

 

これは圧倒的に費用対効果が悪いです。

 

試験全体の満点が400点だとして、10/100しか差が付かないってことは全体の1/40しか占めていないことになります。

対策してもしなくても1/40しか差が付かないところに大きな労力を割くのが得策と思いますか?

 

英社はやるかやらないかでかなり大きな差が生まれます。

小論と違ってやらなければ差を付けられちゃうし、やれば他者に差を付けることができます。

 

この小論文の小さなリターンのため労力を割くってことは、配点的に伸ばせる余地が大きい英社の勉強をする機会費用を損なうってことです。

 

これは愚の骨頂です。

時間の無駄もほどほどにしてくれって感じですねマジで。

 

慶應受験の弱者と強者

小論文が合否のカギとか思ってるからボーダーラインで争うことになんだよ

小論文対策が必要側の意見は、常に合否のボーダーラインになることを前提にされています。

 

「最後の瀬戸際で合否のカギになるのが小論文だ!だから対策は必要だ!」という論調ですね。

 

この際だからハッキリ言いますけどね、そんな小論文依存な考え方だからボーダーライン上での戦いになるんですよw

 

小論やってないから落ちたとか、小論でギリ救われたって人で英社が得意とか英社をキッチリ対策したという人なんていないでしょう。

特に不合格になった人は得点開示できるんだから、英社の点数晒してくださいよ。

 

結局は英社が出来ないからボーダーかそれ以下になってるんですよ。

考え方がまるで逆です。

「小論できなかったから落ちた」では無くて、「英語と社会が苦手だから落ちた」んです。

 

小論文に費やした時間全部英語と社会に割いてみて下さいよ。

不合格になった人でも受かったかもっと良い勝負にはなったでしょう。

ギリギリ合格だった層はもっと余裕で受かる事ができたでしょうよ。

 

中途半端に小論文なんかに時間使うから全部が中途半端になってしまうんです。

 

小論文に期待せず受かるように2科目を仕上げる勉強するのが慶應受験における強者、それを怠って小論文に頼みの綱を握らせた挙句に全部中途半端になるのが慶應受験の弱者です。

 

それを証拠に僕も国立落ちも、私立文系志望の小論対策してなかった人たちもキッチリ受かってるじゃないですか。

それは英社が得意だった、厳密に言うと英社を得意にしたから小論対策しないでも受かったんです。

 

小論がカギと言うのは弱者の戯言に過ぎないということです。

 

そもそも合否のカギを小論文に任せるという保険を掛ける発想をしてしまった時点でボーダーラインでの戦いを余儀なくされていることに気付くべきでしょう

 

慶應受験強者の法学部英語対策はこちら

www.bakademoko.com

 

小論対策がマストという考えを外せばもっと楽に合格へ近づく

さいごに

大きな労力をかけても小論文はリターンがあっても小さいです。

そして、やらなくても点が一定程度取れる科目です。

 

もしも余裕を持ってボーダーを超えたいならば、小論対策は外すのが良いでしょう。

慶應受験の王道は英社で点を取る事ですから。

 

小論対策には様々な意見があります。どれが100%正しいという答えは無いと思いますが、あなたが納得のいく根拠を持ち併せた選択をするのが最善でしょう。

 

ま、僕はあくまで小論不要派ですけどねw

 

※各学部の難易度や傾向を知りたい方はこちらから

www.bakademoko.com

 

慶應受験のバイブルはこちら

www.bakademoko.com