バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

K.O diary

学校や予備校では教えてくれない私立文系の受験勉強法

-慶應行きたいならこれ!!-

【運命の分かれ道】受験生の正念場は夏よりも秋!やる気を爆上げしてもらうために真面目に語ってみる

勝負を分ける秋

f:id:kkeeiioo:20210907003921p:plain

 

 

いよいよ本当に受験が差し迫ってきてる感が出る秋。だと僕は感じていました。

 

今書いてる時期的には厳密に言うと夏なんで少しフライングですかね。

 

僕的にはこの秋こそが正真正銘の正念場に思っています

夏よりも秋です。

 

それは夏まで頑張ってきた人にも、夏まで頑張れなかった人にも言える事です。

秋の頑張り次第で勝負が決すると思ってください。

 

今回は秋で勝負が決する理由を話そうと思います。

秋に入ってやる気を上げてもらうことが目的なんですけど、だからって忖度する気はありません。

 

まじで秋は大事なんで本音で書きます。

 

 

秋が大切な理由

運命の分かれ道

夏は「夏を制する者は受験を制す」とか言われてますけど何故だか秋はクローズアップされません。

 

しかしですね、秋はまさに運命の分かれ道です。

 

秋以降の勉強でこれまでの努力が水の泡になる事もあれば、逆に秋頑張れば首の皮一枚繋がって最後に逆転できることもあるからです。

 

結局受験は最後に受かっているかどうかでしか評価できません。

いくら夏まで順調でも落ちれば意味が無いし、夏までサボっていても最後にまくれば結果オーライです。

 

このターニングポイントになるのが秋ということです。

もう冬に入れば大きく何かを変えることは出来ません。

 

冬というのは結局秋の延長に過ぎないんです。

秋にモチベーション落としてダレてしまうと冬から建て直すのは大変です。ズルズルいって、それに比例して学力も落ちるでしょう。

 

学力的にも秋までに踏ん張れなかった人は、冬に入ってからの数か月だけでどうにか間に合わすなんてことできる訳がありません。

 

モチベ的にも学力的にも秋は分岐点になります。

 

こっからはタイプ別に分けて詳しく説明します。

自分に当てはまるものだけ見てもらえれば大丈夫です。

 

夏まで頑張ってきた人

成績が順調な人

夏までに成績が順調だった人は、もうひと踏ん張りです。

 

ここで調子に乗ってサボり始めれば最後にはひっくり返されてしまうでしょう。

今はあなたよりも成績悪い人でも、余裕がない分だけ必死になって勉強するからです。

 

まさに、ウサギと亀現象が起きる訳です。

意外とこのパターンは多くて、僕も何人か見てきました。

 

逆に、この秋さえ無事に乗り越えることができれば学力的には合格は余裕でしょう。

ここを乗り切って冬に高いモチベーションで入ることができたならば、そっからモチベーションが下がる事はまずありません。これは僕の実体験です。

 

受験直前だしもうゴールが見えてくるからです。

冬まで頑張ってきた努力を最後の一か月、二か月で無駄にするようなことをする気にはなれないでしょう。多少しんどくても理性がサボる事を拒絶します。

 

そうすれば最後まで今の優位を保ったまま受験期に突入することができます。

 

合格は今あなたが思っているよりも近い所にあると思ってくれて良いです。

もう手を伸ばしたところまで来ています。

 

あとは油断せず、気持ちを切らさず今のペースでやってください。

このまま頑張ってください。きっと合格できます。

 

成績が順調ではない人

夏まで頑張ったけど成績が順調でない人もいるでしょう。

 

これは二つに分けられます。

 

・春から頑張って成績が上がらない人

・頑張り始めて三か月に満たない人

 

前者であれば危機感を持ちましょう。

これまで結構な時間を勉強に割いてきたはずですし、成績を上げるには十分すぎる期間です。

春から頑張ってきたにも関わらず成績が上がらないとなると現状のままズルズルいく可能性の方が圧倒的に高いです。

 

これはもう勉強法を見直して抜本的な改革を行うしかありません。

だからと言って、別に今までの勉強が無駄になる訳ではないです。

 

今までに学んできたことは勿論今後に生きます。

ただ、これまで時間を費やしてきたにもかかわらず現状が理想に追いついていない状態は何かを変えないと打破できないということは心に刻んでください。

 

何かを変える時間があるのはこの秋までです。

冬に入ってからでは遅いです。

 

勉強本気で初めて三か月に満たない人は成績が著しく上がっていなくても当然です。

勉強は成績に反映されるのに多少の時間が掛かります。

 

なので、ここで大事なのは今成績に反映されていないからと言って不貞腐れないことです。今は成績に現れていなくても着実に力はついています。

 

ここで不貞腐れて放棄すれば、夏に頑張った事も無駄になってしまいます。

せっかく夏に蓄える事の出来た力が発揮されることなく終わってしまいます。

 

少しもどかしさもあると思いますが少し踏ん張って、このまま勉強を続けてみて下さい。

そして勉強して三か月経った時に何かを変えるべきか、このままやれば行けそうか判断しましょう。今は辛抱して勉強です。

 

夏までに頑張れなかった人

ここが本当にラストチャンス

中には不本意ながら夏までに頑張る事の出来なかった人もいると思います。

事情はどうであれ過ぎてしまったものは仕方がない事です。

 

仕方ないんですが、もしまだ少しでも志望校に合格したい気持ちがあるなら秋からは真剣にやってください。

 

これが本当に最後のチャンスです。

残酷ですが言ってしまうと、これから現状の偏差値+30の学校にはほぼ間違いなく受かりません。

 

頑張って+20くらいまででしょう。

今偏差値40なら60、50なら70です。

 

秋から真面目にやっても現実的にはこれが限界です。

 

もしもあなたの志望校がこの現状+20に収まるならここから本気出してください。

秋に頑張って首の皮一枚繋げられないと終わりです。

 

冬入ってからは+20どころか+5くらいにまで落ちてしまいます。

時間の経過とともにチャンスは減っていきます。

 

これは今まで頑張ってこなかったので仕方のない事です。

この秋に踏ん張って首の皮繋げるか、踏ん張れずに冬に入って後悔するかの二択しかないです。

 

もしヤバいと思ったなら今すぐに動き出しましょう。

 

※秋からでも3か月で慶應合格する戦略はこちら

www.bakademoko.com

 

※※秋からでも3か月でMARCH合格する戦略はこちら

www.bakademoko.com

 

さあやる気出していこう

さいごに

秋はあらゆる受験生にとって分岐点となる時期です。

 

ここの頑張り次第で今後は大きく左右されます。

モチベ的に、成績的にしんどいこともあると思いますが、もう先は長くありません。

 

後悔の無いよう取り組んでください。

応援しています。