バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

慶應大学への受験とか、単位情報とか、慶應生の就職とか、色々思ったこと

英語長文苦手な人が使うべきテクニックを紹介します!

英語長文を読むコツ

文は読めるけど、選択肢を選ぶときに正しく回答できないとの連絡を頂いたので、僕なりにまとめてみました。

 

文章問題を解く上で、文を精読できていることは前提です。何となく読めているのではく、根拠を持って文を理解できていないなら、まずはそこを改善すべきです。あいまいに読んでいる事を良しとしないことが重要です。個人的には、ちゃんと読めていたら(模試の和訳とか点数落とす気がしない位のレベル)文章題で点数稼げないことはないと思ってます。

 

とはいえ、文章問題を効率的に解くために意識していたことは勿論あります。

以下の意識で長文問題を解くことで、時短、正答率の向上に繋がっていたことは間違いないと思います。

 

四択問題は、まずは二択に絞る

正答と、正答と微妙に異なる選択肢の二択までは簡単に絞り込めることが多い

まず省かれそうな選択肢としては、全くの見当違い、本文と逆のニュアンス、選択肢が示す時系列が本文とズレている等が挙げられるかと思います。正答と大きくかけ離れています。

一方で絞られる二択の違いは小さいです。例えば、一見あってるけど必要ない単語が付いていたり、何か一つ単語が足りなかったり、そこまでは言ってない、等でしょうか。これらを英語の表現で差が見えにくいように出題してきますので、文章の該当箇所と見比べて吟味するしかありません。その吟味の際に精読ができていないと間違えてしまうかもしれませんが、この意識を持つだけで無駄な選択肢を考えなくていいので、時短にも正答率にも有効だと思います。

 

極端な表現を含む選択肢には警戒する。

断定的、極端な表現は正答にされにくい傾向はあると思います。例えば、allって選択肢にあっても、「文章では、全て、とはいってないなくない?」て感じです。考えてみたら割と当たり前で、物事が0か100ってあまり無くて、例外が基本的には存在することが多いです。そこを疑って本文と照らし合わせると、短い時間で確信をもってその選択肢を切ることができます。

 

問題文を先にみる・文の読み方に強弱をつける。

全部を均等に読むのではなくて、問題文に該当しそうな箇所を集中的に読む。すべての分が重要なわけではないので、重要な箇所を見極めて読み方に強弱をつけましょう。

そのために、僕は先に問題文を軽く読んでから本文を読み始めていました。自分の中で、強弱の意識と目途をもって本文を読めるからです。

 

差し当たり思い出せたことはこんな感じです。今後も思い出し次第お伝えしていきます。

 

Twitterをしています。宜しければフォローのほうをよろしくお願いします!

 →慶應なんて誰でも受かる~ビリギャル超え~ (@anyonecanpassKO) | Twitter