バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

K.O diary

学校や予備校では教えてくれない私立文系の受験勉強法

-慶應行きたいならこれ!!-

Q.非進学校からでも早慶行ける?A.行けます。早慶行くのに高校は関係ない!

進学校早慶の関係

f:id:kkeeiioo:20210906122243p:plain


早慶には進学校からでないと行けないのでしょうか?

 

そこんとこハッキリさせておきましょう。

そんなことはありません。非進学校からでも行けます。

 

確かに進学校出身者が多いですが、結局受験は本人の努力次第です。

進学校出身者でも、その人が頑張らなければ合格はあり得ません。

 

同様に、非進学校出身者でも本人が頑張りさえすれば合格できます。

僕もその一人です。僕の学校は早慶すら出ない学校でしたが僕は慶應法学部へ合格しました。決して多くは無いですが、意外と非進学校出身者は早慶にもいるものです。

 

今回の記事では、非進学校に通う高校生が早慶に行くために気を付ける事、やるべきことを説明します。

 

そもそも非進学校へ通う生徒と進学校に通う生徒とでは条件が違います。

時間は有効に使う必要があるでしょう。また、自分を強く持つ必要もあると思います。

 

今後の取り組み方の参考にしてください。

 

※早稲田か慶應か迷っている人はこちらも参考までにどうぞ

www.bakademoko.com

 

 

高校への依存は今すぐやめよう

まず初めにすべきことですが、高校を当てにすることは止めましょう。

言いにくい事ですが、進学校の授業や教師たちは早慶の合格へは対応していません。。。

 

あなたが早慶に合格するためには、学校の授業よりも自分の勉強の方が遥かに大切だということは肝に銘じておいてください。

 

高校に依存する事を止めるというのは、具体的にどのような事か説明していきますね。

 

学校の授業に依存しない

進学校の教師というのは残念ながら優秀ではありません。

僕の高校でも日大~明治学院くらいのランクの教師が大半でした。

 

教師という立場にはありますが、彼らは別に生徒を良い大学へ行かせるために授業をしている訳ではありません。

そもそも高いランクの大学を目指す生徒がいない環境で、そんなことをする必要が無いからです。

 

なので、普段聞いてる授業は早慶合格に対応しているものではないと考えて貰って大丈夫です。

 

僕の英語の先生はpurposeを「パポーズ」と呼んでました。

その人は明治学院でしたが、教師という立場にも関わらず学歴に関係なく普段から勉強していないことが伺えます。他にもセンター試験解ききれないと明言する人だったり、非進学校の教師のレベルなんてそんなものだと思ってください。

 

まずは授業への依存をやめましょう。

 

宿題・試験勉強はスルーしてもOK

大学受験では大学の評定は加味されません。

なので進級さえできれば万事OKです。

 

あなたは馬鹿素直に学校の課題や定期試験の勉強をしている場合ではありません。

あなたにはやる事が他にあるはずです。

 

後ほど詳しく説明しますが、あなたは計画を立ててやるべきことを日々やらなくてはいけません。それが今後の最優先事項になります。

 

早慶合格という目標を持ちながら、そこに直結しない課題や定期試験に神経も時間も使うのは極力避けましょう。

 

とはいえ留年だけはしないように気を付けて下さいね。

 

進路相談で言われることは気にしない

進学校の場合、教師が想定する進学先のレベルもかなり下がっています。

なので、まさか自分の高校からそんなレベルの大学に行ける訳ない!みたいな思考になっているってことです。まあこれは仕方ないですよね。

 

なので、もしもあなたの学校から早慶が殆ど出ていなかったなら教師から受験を反対されるかもしれません。でも、そんなのは無視しちゃって大丈夫です。

 

別に教師の物差しで測られる必要はありません。

受けると言い切って押していれば願書は出してくれますし、いちいち振り回されないようにしましょう。

 

あなたが早慶合格のためにすべきこと一覧

さて、高校依存をやめられたら後はあなた次第です。

 

あなたがやることやれば受かる訳ですが、何をしたら良いか分からないかもしれないので指針を作ってみました。

 

客観的な自分の学力の把握しよう

まずは自分の学力を知りましょう。

学校の試験で何番とかっていうのは死ぬほど参考になりません。

 

学校の試験ではなく、もう少し広い規模のモノで客観的に自分の学力を知るのが良いです。

全国模試受けてるならそれでもいいし、模試の成績分かんないなら英検何級くらいとかでも英語力なら分かりますよね。

 

客観的な自分の学力を把握しましょう。これが一番最初です。

その際は別に学力が低くても問題はありません。これから上げていくのでそこは気にしないで下さい。

 

普通にやったら勝てないことを自覚しよう

自分の学力を知ったら、次は早慶との距離を知りましょう。

漠然と偏差値が幾つ違うと言われてもイメージ湧かないと思うので、自分と早慶の間に何人くらいいるか人数ベースで知る方が危機感感じられると思います。

 

危機感持てた方が勉強頑張れると思いますんで。でも、その距離の開きにショックを受ける必要は無いですよ。こっから挽回するために正確に自分の立ち位置を知ることが目的なので。

 

模試受けたことあるなら、早慶相当の偏差値と自分の間に何人くらいいるかもわかると思います。

 

模試を受けていないならば自分の高校の偏差値から考えてみて下さい。

早慶は全国の上位4%と言われています。偏差値50なら上位50%、偏差値55なら30%、偏差値60なら15%と言われています。

全国の高校生全員が受験をするわけではないので模試ほどは正確ではないにしても、相当な人数が早慶とあなたとの間には存在します。

 

つまりあなたはこれから、ごぼう抜きに次ぐごぼう抜きを達成した上で最終的に進学校の連中にも勝たないといけない訳です。

しかも、受験なんてみんな勉強するんで、単にあなたが勉強したから成績上がるって話じゃないんですよね。

 

何が言いたいか分かりますか?

普通に勉強しても勝てないってことです。ベースが全然違うわけですから、

 

低い位置からスタートして早慶受験層に追いついた上で勝たなければいけないあなた。

既に早慶受験層のレベル付近にいて、あとはそこを勝ち抜くだけの進学校の人。

 

他人よりも早く成長しないといけない。

だったら頭使ってやるしかないよねってことです。頭使ってやるっていうのは、むやみに勉強するんじゃなくて戦略的に勉強するってことです。

 

その辺を下で見ていきましょう。

 

ごぼう抜きする為にすべきこと~僕がしていた勉強も紹介

他の受験生をごぼう抜きにするための勉強をする上で大事なのは2点あります。

 

戦略的な勉強法を考えるポイント

・何を、どのように勉強するか

・それらを、どういうスケジュールで進めるかです。

 

前者に関しては、正直あなたが具体的に何をすべきかは現状の学力が分からないと正確には伝えられません。

偏差値40なのか、偏差値50あるのか、もしかしたら60あるのかでもやる事は変わってくるからです。

 

無責任なことは言いたくないので、ここでは具体例として僕が何をしていたかを載せるに留めておきますね。

僕は慶應志望だったので英語と社会です。社会は世界史受験ですが、勉強法自体は日本史にも使えると思います。この2科目に関しては超戦略的な勉強法だと思います。

www.bakademoko.com

 

www.bakademoko.com

 

その上で、あなたの現在の学力に関わらず共通して言えるのは、勉強のスケジュールは必ず決めましょうということです。

 

つまり長期、中期、短期で目標を立てて計画的に勉強しましょうってことです。

 

いつまでにどの程度になっていたいかを明確にしつつ、そのために日々何をすべきなのかを考える。

それを着実に行うことこそが近道です。大半の受験生はこれが出来てないので、このやり方をするだけで確実にごぼう抜きできます。

 

スケジュールの具体的な考え方を貼っておくので良ければ参考にしてください。

www.bakademoko.com

 

もしも、どうしていいか分からない、何をしたらいいか分からない時はDMから連絡ください。一緒に考えましょう。

 

https://twitter.com/anyonecanpassKO

 

自分を疑わずに勉強する

上の通りに勉強すれば成果は絶対に出ると思うんですが、途方のなさに心が折れそうになることもあるかもしれません。

 

勉強というのは今日やって明日成果が出るモノではありません。

結果として反映されるのに時間を要します。現実的に3か月くらいは見た方が良いと思います。

 

その間は辛抱しかありません。

もしもあなたが辛抱できずに諦めれば、学校の連中から「ほら、やっぱり」と笑われるだけです。

 

成績が伸びない間も腐らないでください。

 

過去問は怠らない

順調に成績が伸びていたら10月には過去問を始められると最高です。

遅くとも11月には始めたいですね。

 

過去問では当然問題形式を知る事が出来ますよね。

そこから、自分が試験で解くべき順番を組むことが出来ます。

 

しかし、それだけではありません。

過去問を解いていると、出題者の意図が分かるようになります。こーゆう問題が好きなんだなとか、こうやって引っ掛けに来るのが常套手段なんだなとかですね。

 

そこが分かればこちらも対策が立てやすくなりますよね。

だからこそ、過去問は早めにやり始めておけばこのような有効な対策に費やせる時間が多くとる事が出来ます。

 

ただ、だからと言って早すぎても意味はありません。

あくまで基礎学力を身に着けてからでないと、さっき書いたようなことを汲み取る力もないからです。

 

過去問をしっかり対策するためにも早めに基礎学力が欲しいので、それを踏まえた上で先ほどの勉強スケジュールを考えるようにしてください。

 

※最強の過去問の使い方はこちらから↓

www.bakademoko.com

 

アドバイスしてくれる人を探す(可能なら)

あなたが非進学校にいる以上は学校の教師に頼る事は難しいでしょう。

それは、あなたの勉強が進むほどに強まっていきます。

 

しかし、もしも可能であればっ困ったときにアドバイスをくれる人がいると強力な助っ人になってくれることでしょう。

例えば、思う様に力が付いていかない時に勉強法の微調整をしてくれる人がいれば、無駄な時間を過ごさずに済みます。

 

僕は独学だったので一人で勉強していましたが、知人を通して慶應法学部通ってる方と繋げてもらいアドバイスを貰ったことがありました。

幸いなことに勉強が順調に進んでいたので、その数は多くは無かったけど凄く助かる部分がありました。

 

塾に通っているなら塾の講師でもいいでしょう。

もしも、独学で勉強してて周りにそういう人がいないならば僕で良ければ力になりますので連絡ください。

https://twitter.com/anyonecanpassKO

 

さいごに

合格はあなたの今後に掛かっている

長々と話してきましたが、全てはあなたの今後次第です。

 

やれば受かるし、やらなければ受からない。

進学校だからと諦めるのは簡単だけど、別に非進学校からじゃ受からないってわけじゃないですから、行きたいと思うなら是非頑張ってみて下さい。