バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

慶應大学への受験とか、単位情報とか、慶應生の就職とか、色々思ったこと

あなたのレベルに合った英語の勉強法、意識を紹介します!

こんばんは。

 

大学受験において英語は配点が高く重要な科目の一つです。僕も受験生時代に割とまじめに取り組んでいました。そしてその一年間で自分の英語力の大きな成長を実感しました。はじめから得意だった訳ではありません。一つ一つ壁を乗り越えてきました。

 

そこで今日は、河合の全統記述模試を基に英語の学力別に分け、各段階においてどのような意識を持って勉強すべきか、お話ししようと思います。

駿台全国を基にしていない理由は、駿台全国が難しくて、一般的な話がしにくいからです。

 

皆さんの学力と照らし合わせて参考にしてみて下さい。

 

英語学力別学習法

偏差値~60まで

圧倒的に不足している知識量

この段階では四の五の言わずに単語、文法、構文などを詰め込みましょう。文章を読める、読めないの段階ではなく、それ以前の問題です。長文なんて読めるはずないです長文を読めてると思ってるなら、模試の長文を、勘なしで根拠を付けて全部読んで訳して、解いてみて下さい。時間制限を設けなくても、恐らく十分な根拠を持って読めていない、解けていないことに気づくと思います。

 

河合の全統記述で偏差値60なら、使う単語帳、問題集で差が出ることはないです。有名なものであれば何でもいいです。まずは全てを覚えようとしなくていいので、ニッチな知識は置いておいて、メインな部分を完璧にしてください。オーソドックスなものをしっかりやれば届く数字です。

 

勉強比率は、知識:文章(精読、多読等の読む系)=8:2、くらい知識の詰め込みに時間を割くべきと思います。

この2では、多読よりも精読をメインにした方がいいと思います。精読に必要なスキルを習得しないと、早く読むことなんてできないし、多読をしても無駄な時間になるので。ゆっくりなら読める、をまずは目指すべきです。

この段階では競争相手のレベルも低いし、知識が増えるだけ出来るようになるので、ちゃんとやれば成長を早く実感できると思います。

 

偏差値60~70

一番山場の時期

ある程度知識も揃ってきたと自分では思っているのに、自分の思ったような点数が取れない時期だと思います。偏差値の伸び方としては、このレベルが山場になり、乗り越えられない人が多い印象です。とはいえ、ちゃんとやれば超えていけます。

 

その為には、今よりも取り組み方や意識を洗練していく必要があります。以下で、項目別に、どのような意識を持つべきか説明します。

 

単語

見出し語の意味だけでなく、2つ目、3つ目の意味も覚え始めましょう。また、その際には各品詞をしっかりと区別できるように意識しましょう。自動詞、他動詞の区別も意識しましょう。

文法

問題集を完璧にしましょう。太字などになっていない個所も含めて解説までしっかり読み込むことです。また、普段から熟語に敏感になりましょう。文法問題では、特に前置詞は頻出事項です。

英文解釈(和訳問題系)

普段から、英文解釈の問題では、「この問題は何を聞きたいのか」ということを意識しましょう。当然ですが、下線部が引かれる文章が他の文章と同じレベルの構造なわけがないです。他の分よりも複雑で、ポイントに気付きにくいように作られています。ただ知識を知っているだけではなくて、見えにくくなったその知識に試験で気づけるかも重要なのです。

勿論、英文解釈系の問題集を引き続き使って、知識や考え方の習得と活用をストックしていく必要はあります。しっかりとしたストックが多いほど、ポイントには気付きやすいというか、閃きやすいです。

 

これらの、ストックとポイントに気づく力の2つを意識しましょう。

 

ちなみに、模試では構造が分かっているアピールをした訳を書くと点が貰いやすいです。変に意訳しようとするよりも、直訳の方が個人的には貰いやすそうです。直訳の方が、訳から文構造の理解が伝わりやすいからです。

また、知らない単語が下線部に合っても、品詞さえ文構造から掴めれば品詞に合った訳は出来ますよね。それが出来れば、その単語の日本語訳が合ってなくても十分点数を貰えます。

長文

このレベルの人は、「長文が解き終わらない」又は「終わるけど正答率が低い」と言っていることが多い印象です。

要は、”早く正確に”が出来ていないということです。十分ではないまでも、多少は必要な知識が付いているはずなので多読を増やして、復習では音読をしっかりしましょう。

知識:文章=5:5、4:6くらいの感覚です。

 

偏差値70~の人

弱点潰すだけ。

こっから80、80以上にまで上げるのは難しいし、それをするコスパはあまりよくないです。

ここまで学力を上げてきた人なら、もし相対的に苦手な箇所があっても自分で考えて弱点見つけて潰すことができると思います。それくらいです。

他に苦手科目あるなら、そっちを多めにやるべきです。また、偏差値にはもう拘らず志望校に合った対策を始めてもいいと思います。

僕の場合世界史が相対的に苦手でしたので世界史の量を増やして、英語は慶應法学部への対策をメインに進めました。

 

終わりに

英語は基礎が大事で、基礎が定着していないと安定して高得点を出すのは難しいです。ただ、しっかり自分のレベルに合わせて高い意識で地道な作業を繰り返していれば必ず乗り越えられる壁になっています。

 

今日のブログを皆さんの英語学習の一つの目安にしてみて下さい。また、今日のブログはあくまで僕が思う一般論になります。もっと具体的に自分のやるべき事を見極めたい人は、ツイッターのDMで連絡いただけたら個別対応でいたします。

 

Twitterをしています。宜しければフォローのほうをよろしくお願いします!

 →慶應なんて誰でも受かる~ビリギャル超え~ (@anyonecanpassKO) | Twitter