バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

バカな高校生が慶應法学部に合格した方法~ビリギャル超えとか余裕~

慶應大学への受験とか、単位情報とか、慶應生の就職とか、色々思ったこと

朝型、夜型どっちでもいい!集中できる時間に勉強すれば、それでいい

勉強するのは朝と夜どっちが良いの?

こんばんは。

 

TwitterのDMにて、僕が受験生だった頃は朝型と夜型のどちらでしたか?という質問を度々頂きます。

確かに僕が受験生だった頃も、どちらがいいのか気になっていましたので、意外と多くの人に需要があるのかなと思い記事にすることにしました。

 

※あくまで僕の体験に基づいた個人の見解です。一例くらいに思ってください。

 

朝型も夜型も関係ない

時間に関係なく眠い時は寝る

まず、受験生時代の僕はというと朝型も夜型も意識しませんでした。好きな時に寝て、好きな時に起きていました。浪人生だったため、登校時間等は無いし、何時に寝ても何時に起きても誰にも何も文句言われません。

23時就寝~6時起床の日もありましたし、朝7時就寝~14時起床みたいな日もありました。その日の気分次第で就寝、起床時間は変わっていて、就寝時間が一周することは頻繁にありました。(一周というのは、例えば23時→2時→5時→7時・・・で23時に戻ることです)

起床したは良いものの、すぐに眠くなり寝ることも度々ありました。そんな僕ですが、意識していたことがあります。

 

起床後最も目と頭が冴えている時間に勉強し、眠くなったら寝ることです。

 

要は、集中できる時間に集中して、集中力切れたら休めば良いってことです。

僕の場合は起床一時間後が最も目と頭が冴えている時間だったので、それからの2時間~3時間は勉強するようにしていました。

 

この意識以外はめちゃくちゃな生活リズムで生活していましたが不便を感じる事はありませんでした。

 

無理に朝型にする必要はない

朝の方が勉強はかどるとか一般論に過ぎない

昔から勉強は朝するのが良い等と言われていますが、あくまで一般的に朝が良いとされているだけです。何時に勉強するのがあなたに最も効果的なのかなんて、あなた以外には分かりません。

朝勉強するから偉いとか一切ありません。結果が最も出る勉強をするのが最も大切なことです。

 

夜寝るのが遅くなってしまった次の日の朝、無理に早く起きても眠くて集中できないでしょう。(少なくとも僕は集中できないです。)そんな日はゆっくり起きて、集中できる時に勉強すればいいと思います。無理に朝勉強しようとしなくていいんです。

 

それでも模試や入試本番前は要注意

その時だけは朝型にする

ただ注意してほしいのは模試前や入試本番前です。

模試や入試は試験開始時刻が決まっていて、午前中から始まることがほとんどだと思います。模試や入試が近くなってきたら、朝集中できる状態に仕上げましょう。夜型のまま突っ込むと、朝起きるのが辛く。午前中は眠気が酷いことでしょう。

僕は夜型の状態で模試等が近づいてきたときは、本番10日前位から寝る時間などを意識して朝型に近づけようとしていました。

 

終わりに

生活リズムとか、朝型とか夜型とかぐっちゃぐちゃでも問題ないと、個人的には思っています。今でも勉強しなければいけない時は、集中できるときに勉強して、眠い時は寝ます。

結局、その人に合う時間帯であったりというのは各々で違います。基本的に集中できる時間に勉強して、模試や入試前だけ朝型に変えればいいと思います。

 

僕はこんな風に勉強してきました。毎朝決まった時間に起きて勉強するのが苦手なタイプでしたが、不便はありませんでした。このブログを読んでくれてる人の中にも、僕と同様朝起きて勉強するの苦手という人もいると思います。別に深く悩むことなく、好きな時間に勉強すればいいと思います。

 

集中できる時間に勉強して、結果させ出ればそれでいいんです。気楽にいきましょう。

 

Twitterをしています。宜しければフォローのほうをよろしくお願いします!

 →慶應なんて誰でも受かる~ビリギャル超え~ (@anyonecanpassKO) | Twitter